上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


【ロンドン=是枝智】スウェーデン王立科学アカデミーは11日、2010年のノーベル経済学賞を、米マサチューセッツ工科大のピーター・ダイヤモンド教授(70)、米ノースウエスタン大のデール・モルテンセン教授(71)、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのクリストファー・ピサリデス教授(62)の3氏に授与すると発表した。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101011-OYT1T00553.htm


ダイヤモンド教授は、売り手と買い手が直接取引しない市場では「摩擦」が生じ、取引がなかなか成立しないなどの現象が起きるという「サーチ理論」の基礎を確立した。

 モルテンセン教授ら2人はそれを労働市場に応用し、求職活動と採用活動の間にミスマッチが起こることを前提に、失業率の動きなどを解明した。手厚い失業手当などが、かえって高い失業率を招き、職を見つけるまでの期間も長くするとの結論を導き出した。

 同アカデミーは声明で、失業者が多いのに求人も多いといったことが起こる労働市場ならではの問題の解明や、経済政策が失業問題に与える影響の分析などに貢献した点を高く評価した。

 授賞式は12月10日にスウェーデンのストックホルムで行われる。賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億2300万円)は3人で等分される。

(2010年10月11日20時34分 読売新聞)



卒論のテーマ、これにしたかった・・・。

経済学的な理論をかなりタイムリーな現実問題に応用させてるところがいいですよね。

個人的には、国の政策に関わるようなテーマを問題意識にすべきだったなと今になって思っているので、まさにピッタリかと。

金融政策しかり、政策絡みのテーマは基本的にはマクロが中心になるけど、「サーチ理論」ってミクロっぽい気が・・・いや、全然読んでないんで分からないですけど(売り手、買い手、市場、というキーワードからしていかにもミクロっぽい)。

日本の雇用政策も、この理論を受けて、何かしら変わるんでしょうか。

最近、深刻な雇用問題の記事を新聞で読む度に、いかに自分が恵まれた環境にいるかが実感されます。

だからこそ、一層、頑張らなければならないのだけど。

スポンサーサイト
2010.10.14 Thu l 新聞・NEWS l コメント (0) トラックバック (0) l top

MICHAEL SCHENKER
マイケル・シェンカーがもつとフライングVもかっこいい。


ぼくは絶対に一目惚れをしないタイプだと思っていましたが、不覚にもmixiphotoにうpされてるプリクラに写る知らない子にときめいてしまいました(笑)。誰なんだろう、あの子は…。

はい、とりあえずの第2回ですね。因みに明日というか今日は基礎軽量経済学の中間試験ですが、3限なので1,2限ブッチして勉強する振りして結局マックで本読んで試験を迎えるんでしょうな。

「第2回 『福井俊彦前日銀総裁講演』」

世界的金融危機に対する諸外国の規制強化よりも金融機関や市場参加者の自主規制に任せた方がいいんじゃなあ~い?とうことらしいです。どうなんでしょうね、この辺、経済学部生のはしくれとして興味のあるところではありますが。
世界経済の先行きに関しては「先進国はマイナス成長になり、2009年は我慢の時期になる」
完全に就活氷河期ですね、ありがとうございます。
就活浪人も辞さない勢いではありますが…。
ママとパパになんて言えばいいんだろうorz

全然関係ないけど、経団連の会長のみたらいさんって「御手洗」って書くんだね。知りませんでした。
因みに初代経団連会長は我が母校の先輩なんですねー。

2008.12.01 Mon l 新聞・NEWS l コメント (0) トラックバック (0) l top


Metallica.jpg
METALLICAかっけー。


新企画考えました。
もはや第一回目からやる気ないので、続く気配が全くしません。
まぁギターの話ばっかだとあれなので、その日に読んだ新聞なりニュースなりをインプット兼ねて記事を書いてみようかなというだけの話です。
知の再構築です。ちがいますね、分かります。

「第1回 『麻生内閣、初の党首討論』 (08、11/29)」

争点は、第2次補正予算案と解散総選挙が主であるみたいですね。公言しておいていつまで経っても予算案を提出しない首相を非難する小沢さんと、全体像の把握を主張する首相。それは国民への背徳行為とまで非難される始末。これは小沢さんの言い分が正しいと個人的には思う。まぁ、揚げ足を取り過ぎなきもし無くはないが。解散総選挙に関しては、大規模な金融危機に直面した現時点での政治的空白を恐れる首相の言い分も一理あるとぼくは思う。まぁ、空白の被害がどれほど大きいものなのか、はたまた大したことないのかは計りかねますが。首相の失言に関しては、もっと気をつけていただきたいとぼくも思いますよ。はい。
総じて小沢優勢の声を聞きますが、首相のアティテュードも紳士的で好感は持てると思う。

はい、まぁこんな感じでちょろっと書こうかなと。
うん、もうやる気ないけどね(笑)。

2008.11.30 Sun l 新聞・NEWS l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。