上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


久しぶりのオフ。

朝早く国立で授業を受け、新宿に行って働き、家に帰ったら週末のバンド練のためにギターを練習したり、卒論書いたり。

そんな最近の毎日。

これに内定者研修がガツンと入ってくるなんて、想像したくないのだけども。

弱音を吐いてはいけないし

まだまだ無駄な時間はたくさんある。

企業の経営も国の財政も一緒じゃないか。

いかに無駄を省くか。

けれど、人間である以上、組織である以上、

無駄は必然(ここでいう「無駄」とは、目的達成のための合理的でないこと全て)

なんていう話がしたいわけではないんですけどね。


ベンチャー企業で働いて、まだまだ日が浅いので達観したようなことは言いたくないし、言えないのだけど

環境的にはものすごく恵まれていると思う。

大きく分けると理由は2つある。


ひとつは、仕事内容。

社長にも言われたし、自分自身そう思ってぜひともこの仕事をしたいと思ったのだけど

ベンチャー企業での新規顧客獲得の営業はビジネスの基本なんじゃないかと思う。

社長は日系の大手通信会社から外資系コンサルを経て起業した方なのだけど

ベンチャーでの営業は今まで経験した営業と全然違うと仰っていた。

大企業で働くと、どうしても会社名がモノを言ってしまう可能性がある。

ぼくが就職する先の会社も、会社の名前で取引するようなケースもきっとあるはず。

そんな中で、もしかしたら違和感を感じるかもしれない。

”このアウトプットや付加価値は自分によるものなのか、会社によるものなのか”

ベンチャー企業での営業は、まず会社名なんて関係ない。

商品やサービスの内容と、それをいかに良く魅せるかがほぼ全て。

そんな経験をさせてもらえて本当にありがたいと思う。

卒業まで短い期間だけど、出来ることはすべてやりたい。


ふたつめは、周囲の人たち。

エンジニアは、東大出身か元官僚。

デザインは、いかにも美大出身という感じのアーティスティックな方。

みな優秀だし、いい人たちばかり。

ぼくの同僚は、慶應の4年生とアメリカの大学卒業した方の2人なのだけど

どちらも営業力はぼくより遥かに高い。

飲みも遊びも、新参者のぼくを温かく受け入れてくれた

とにかくいい環境だと思う。


とは言え、まだぼくはほとんど会社に貢献していないに等しいので

つべこべ言わずに頑張らないとな。

卒業までに、「あいつが抜けると困る!」と言われるくらいになりたい!!
スポンサーサイト
2010.10.09 Sat l ベンチャー日報 l コメント (0) トラックバック (0) l top


サークルの先輩に紹介して頂いた社長の経営するベンチャー企業で明日から働くことになりました。

主に営業を担当します。

基本的に、月曜以外の平日は毎日出勤することになりそうです。

卒業までの半年間ですが、報酬に見合った(いや、それ以上の)成果を出したいです!

ITには本当に疎いのですが、それを言い訳にすることもこれで出来なくなるのでしょうか。

とにかく色々勉強になるんじゃないかと思ってます。

まだ何をしたわけでもないので、ここで書くことも特にないのですが、頑張っていきたいです。

2010.09.30 Thu l ベンチャー日報 l コメント (0) トラックバック (0) l top


かみひがしさんの紹介で、あるベンチャー企業の社長の方と飲みの席に同伴させて頂きました。
こういう席ではやはり緊張してしまい、礼を失することのないよういつも以上に口数が少なくなってしまうのも問題だ・・・。

とは言え、すごく貴重な経験だったので本当に楽しかったです!
元BCGという経歴を持つ方だったので、怖い人かと思ってたけど(苦笑)、思っていた以上にフランクというか、むしろプライベートは普通の人より楽しむんだろうなぁとなんとなく思いました。

BCGは開成⇒東大が多いらしい。
やはり、この人たちが日本を牛耳ってるかもしれないと仰ってました。
すげー(´-`)

2010.05.12 Wed l ベンチャー日報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。