上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top




終盤、ハチクロⅠ全24話を4日間で見たりしててペースダウンしたものの、まぁまぁ見た方でしょう、19作品。


・フェイス/オフ
・コレリ大尉のマンドリン
・バッドボーイズ2
・チャーリーとチョコレート工場
・武士の一分
・ロードオブウォー
・ハンニバル ライジング
・ナイト ミュージアム
・ザ グリード
・救命士
・ファイナルデスティネーション
・デッドコースター
・ファンタスティック4
・ブラックダイヤモンド
・エイリアンVSプレデター
・アルマゲドン
・ファイナルデッドコースター
・パニックルーム
・プラダを着た悪魔




『フェイス/オフ』


フェイス・オフ



2008年記念すべき第一作品目はニコラス・ケイジ、ジョン・トラボルタ主演のこの作品。
まぁ単刀直入に言うと、これは面白い。
ストーリーは、ジョン・トラボルタ演じる刑事が、ニコラス・ケイジ演じる麻薬売買人を逮捕し、潜入操作としてお互いの顔だけを移植手術したところ、色々めんどくさくなるという話(笑)。この辺はかなり非現実的な気はするけど、設定もアクションも中々に練り込まれている。
観て損はしないでしょう、オススメ。



『コレリ大尉のマンドリン』


コレリ大尉のマンドリン



またまたニコラス・ケイジ主演作品。
時は第二次世界大戦。
舞台は(確か)ギリシャで、占領したイタリア軍がギリシャを監視するためにやってくる。
そのイタリア駐屯軍の大尉がニコラス・ケイジで、駐屯地に住むある女性と恋に落ちるという話。
戦争ものにしては、そこまで残虐なシーンも無ければ(最後のほうに少しあるけど)、悲劇的なストーリーでもなく、ニコラス演じる陽気な大尉のキャラクターに好感が持てる。
やはり良い作品だと思います。




『バッドボーイズ2』


バッドボーイズ 2



これね、『1』見てないんですよ(笑)。
テレビでやってたから観たんだけど。
う~ん、ウィルスミスらしい映画としか言いようがないですね。
暇つぶしに観る映画。




『チャーリーとチョコレート工場』


チャーリーとチョコレート工場



久し振りのジョニー・デップ主演作品。
相変わらずこの人の演技はスゴイとは思う。
でもジョニー・デップの作品は、作品としてそこまで好きじゃないんだよな・・。
まぁ、『チャーリー』も面白いっちゃ面白いんですけどね。
ファンタジー系好きだから(笑)。




『武士の一分』


武士の一分




1月観た唯一の邦画。
木村拓哉主演で話題になった映画ですけど、やっぱりキムタクだな!!
キムタクって書くとなんか韓国人みたいだな!
いやぁ、やっぱり演技上手いなぁ。
それに設定がいい。
極度に貧しい、とか、身分が低いとか(逆もまた然り)、そういうありきたりな設定ではなくて、毒見役という何とも中途半端な役が良いですね(笑)。
ぼくの周りにも「武士武士」言ってるコウモリ男がいるんですが、あんなバッドマンより木村拓哉の方が遥かに武士道を心得ていますね。




『ロード・オブ・ウォー』


ロード・オブ・ウォー



またまたニコラス・ケイジ主演作品。
史上最高の兵器売買人のをモデルとしたノンフィクション映画。
だったと思います。
観てると、戦争はコイツがいるから起きるんじゃねえかという気がしてくる。
だって、武器無きゃ戦争出来ないからね。

「no weapon no war」

いやなんか違っ(ry




『ハンニバル・ライジング』


ハンニバル・ライジング



『羊たちの沈黙』シリーズのレクター博士の過去を描いた作品。
いかにして凶悪な殺人鬼が誕生したかが明かされる。
どうでもいいけどレクター博士めっちゃ美男子です。
まぁ、面白いかな。
そこまでグロくもないし。
ぼくの中では『羊たちの沈黙』と同じくらいだと思いますね。




『ナイトミュージアム』


ナイト ミュージアム



日本でも結構ヒットしたんじゃないですかね。
最初は観てて「ツマンネェなぁ」と思ってたけど、気付いたら見入ってて終わってた。
歴史上の人物がチョロチョロ出てくるのも、いかに世界史忘れてるか思い知らされて・・・悔しいです!(ザブ・・ry)
あー、でも意外に二極化しそうな気もするな・・・。
まぁ、みてみてみて。




『ザ グリード』


ザ・グリード



謎の海中生物に船が襲われるっていうアレね。
よくあるやつですわ。
で、意外にグロいんだよこれ!
なんか別に面白くないと思うんだけど
多分そうとう金かかってんじゃねえかな・・。




『救命士』


救命士



ニコラス・ケイジ今月何作品目かね。
もう何人もの命を救えないで悩む救命士の話。
これは明らかに社会風刺ですね。
やっぱりアメリカの医療システムを批判してるんじゃないでしょうか。
だからこれは主人公の苦悩がそのままアメリカ国民(特に貧困層)の悩みを写しているんでしょう。
ぼくはこういう映画割と好きです。




えっと、映画特集前編はここまで。
後編を乞うご期待。



スポンサーサイト
2008.01.31 Thu l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top


ZERO3のコレクション買おう。
の前にカプエスまたやりだした昨日から。
今はCグルのケン、ベガ、ガイル
でもベガの強さはAグルでこそ発揮されるからCグルで使うのは微妙な気もする。
だってオリコン使えねえんだからしょうがねえじゃねえか!
Cグルガイルは無難に強い。
ケンは・・・どうなんだろう。
個人的にここは春麗で個性出したいとこだけど(笑)。





はまるとオリコンはヤバイだぜ↓








オリコンじゃなくても強いコンボはあるのだぜ↓



2008.01.31 Thu l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top



洋楽も聴こうおもて。
借りてきて。


『Dont Believe the Truth』 oasis


Dont Believe the Truth




oasisの曲はよくCMで流れてるから知ってる人も多いのだ。
2008.01.30 Wed l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top



TSUTAYAで借りてきた。


『大人』 東京事変

大人(アダルト) (通常盤)




最近東京事変に嵌ってる。
嵌ってる?
あ、うん。


『娯楽』

娯楽



良いね~。
2008.01.30 Wed l About Music l コメント (2) トラックバック (0) l top


ハチミツとクローバー (1)




買っちゃった☆




うひょ。

2008.01.30 Wed l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top



久し振りに古着屋巡り。

金曜は原宿にて


〝ロストヒルズ→ベルベルジンアール→リンコ→WE GO〟


サンタモニカとシカゴはもう終わってた。

とりあえず、今度行った時はアールで何か買おうと思う。



土曜は大宮にて


〝WE GO〟


やっぱり品揃えがね・・・。


日曜は埼大通りにて


〝ジャンブルストア〟


HAREとコムサギャルソンのボトム買った。
太ってた。
2008.01.27 Sun l 古着屋巡り l コメント (0) トラックバック (0) l top



らーめん藤龍



藤龍2




藤龍




ラーメン藤龍
Tel.048-856-7159
営業時間:11:00~23:00




横浜とんこつらーめん
とんこつらーめん旨さの秘訣は
1.特殊製法じっくり抽出のトンコツスープ
2.秘伝の特製タレ
3.究極の極太ちぢれ麺の三位一体。



イオン与野ショッピングセンターの3Fにある横浜家系ラーメン。
一杯430円というとてもリーズナブルな値段。
個人的に家系はわかめよりホウレンソウの方がベター。
ウィークポイントはチャーシューが少し残念。
もうすこしこだわって欲しい。


評価★★★★★☆☆☆☆☆
(※あくまでTOKIOの主観ですのでご了承)
2008.01.27 Sun l ラーメン巡り l コメント (0) トラックバック (0) l top



TSUTAYAの半額キャンペーンおわてもたな。
最後の悪あがきで借りてきた。


『RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~』


RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~



『RADWIMPS4~おかずのごはん~』


RADWIMPS4~おかずのごはん~




メジャーデビューしてからのアルバム2作。
借りたけどまだ聴いてない。
そのうち感想書くカポネ。

アジカンと東京事変も借りておけばよかった。
2008.01.27 Sun l About Music l コメント (2) トラックバック (0) l top


〝唐そば〟


唐そば




住   所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-6幸和ビル1F
最 寄 り 駅 JR渋谷駅 徒歩2分
ア ク セ ス JR渋谷駅東口より徒歩2分。
T E L 03-3486-0147 F A X 03-3486-0147
営 業 時 間 11:00~23:00
定 休 日 無休
カウンター 12席 テ ー ブ ル 12席




つけ麺特盛4玉食ったけど、もう全然。
ちゃらへっちゃら。
味は正直個人的に微妙。
というか麺が不味い。
最初の一口だけだったな、美味しかったのは。



評価:★★★★☆☆☆☆☆☆
(※あくまでTOKIOの主観ですのでご了承)


2008.01.27 Sun l ラーメン巡り l コメント (0) トラックバック (0) l top

もう疲れた誰か助けてよ。そんな合図出したって誰も見てない。ましてタイムを告げる笛はならねえ。なら息絶えるまで駆けてみよう。恥を撒き散らして。



もう少し。
頑張れ。
2008.01.24 Thu l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top




今日も今日とてTSUTAYAでCDとDVD2本ずつ借りてドライビング。
もう一層のことTSUTAYAで働こうかなと思い始めてる昨今。


『沿志奏逢』

沿志奏逢



置いてあった。
BankBandでは櫻井さん。
唄はやっぱり桜井さん。
カヴァーもやっぱり櫻井さん。




『NIKKI』

NIKKI.jpg



くるりの『ワルツを踊れ』の前作。
最近『ワルツ』よく聴いてるんだけど
『ブレーメン』とか好きだなぁ。
よく分かんないけどこういう唄はいい。
万人受けしないんだろうな。
でもピンポイントなんだよ。
オレがもし歌作るなら絶対1曲はこういうの作りたいと思うと思う。


1月は暇だ。
暇すぎて映画も既に20本近く観てしまったし
当てもなく夜中に運転したり
エレキでミスチルの弾き語り練習したり
サードでケンを鍛えたり
ハチクロも怒涛の勢いで消化しておるよ。
まぁもうすぐテストだがね(今日テストで単位落としたっぽいが…)。
テストが終わったら色々活動しようとおもふ…。ふふふ。

2008.01.23 Wed l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top


今更だけど。
鳳翼全ブロと茶リュウの削りは伝説。




2008.01.21 Mon l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top

最近感動した言葉。



『九頭神竜男が最強の男なら 坊屋春道は最高の男よ!
たかが最強程度で最高に勝てるわけが ねーだろうがあ!』






マジでクローズ大人買いしようかな。
ハチクロ読みたい。
2008.01.20 Sun l ちょっといい話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
センター試験お疲れ様。




出来た人も出来なかった人もとりあえず一休みしよう。
ぼくは去年現代社会57点だったけど、今生きています。
2008.01.20 Sun l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
頑張れ受験生ぃ~!!!!!



武運を祈る。
2008.01.18 Fri l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top



映画観るのもいいけど、バンドやるにあたって音楽もバシバシ聴いておこうと。
桜井チルドレンとして何故今まで触れなかったのか謎なんですけど、『Bank Band』の『沿志奏逢』って限定30万枚で今入手困難らしいね。『沿志奏逢2』は一昨日くらいに出たからまだ売ってるだろう。買お。

とりあえず、今候補で出てる『ELLEGARDEN』の『ジターバグ』聴こうと思ったんだけど、アルバムが置いてなかったので代わりに『DON'T TRUST ANYONE BUT US』借りてきた。

DON’T TRUST ANYONE BUT US


実はエルレって聞いて最初曲の名前かと思ったわけだが(笑)。
スコアは一昨日見たんだけど、ギターのコードはそこまでムズくなさそう。
あとはテンポ次第。


次も候補に出た『19』の『ベスト青』

19.jpg


これね~家帰ってwiki見て失敗したことに気付いたわ。
「青&春」っていうもっと新しいベストアルバムあったのね~。
う~ん・・・。


あと個人的に借りてきた『くるり』の『ワルツを踊れ』

ワルツを踊れ


くるりは前から気になってたからコレを機に聴いてみよう。
そういえば冬定でもくるりあったな。


今回はこの3作とDVD3本借りたんだけど、これで1065円って安いよ、うん。
というか、携帯のクーポンなかったらこの2倍かかったわけだし・・・。
その後そのままくるり聴きながら一人でドライブしたんだけどやべぇテンション上がってしまった(笑)、もうこのまま海まで走ろうかなみたいな。
そろそろ事故りそうで怖いぞ、怖いぞぉ~~!コラ。

そうそう、バンドなんだが、オレも1曲だけボーカルやるかもってことで昨日、一昨日と一人でカラオケ行ってきた。
オレ歌下手くそだな~。
まぁいいや。
つーか今回のバンド自分結構頑張ってるなぁ(笑)。
こういうときは大抵うまくいかないんだ・・・。
2008.01.18 Fri l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top


のうちTOP20



The 100 Greatest Guitarists of All Time
The 100 Greatest Guitarists of All Time


1Jimi Hendrix
2 Duane Allman of the Allman Brothers Band
3 B.B. King
4 Eric Clapton
5 Robert Johnson
6 Chuck Berry
7 Stevie Ray Vaughan
8 Ry Cooder
9 Jimmy Page of Led Zeppelin
10 Keith Richards of the Rolling Stones
11Kirk Hammett of Metallica
12 Kurt Cobain of Nirvana
13 Jerry Garcia of the Grateful Dead
14 Jeff Beck
15 Carlos Santana
16 Johnny Ramone of the Ramones
17 Jack White of the White Stripes
18 John Frusciante of the Red Hot Chili Peppers
19 Richard Thompson
20 James Burton



どうやって順番つけるんだろうか。
この辺の人についてはさらっと語れるようになりたいものだ。
2008.01.17 Thu l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top



〝南池袋大勝軒〟


大勝軒




営業:11:30~22:00 (定休):月曜日
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-16近藤ビル1F
電話:03-5951-2221
座席:カウンター25席/テーブル2席
交通手段:池袋駅東口から徒歩3分




ボリュームはそこそこあるけど、満腹にはならない。
お腹が空いてたら隣の二郎に行ってしまうな。


評価:★★★★★★★★☆☆
(※あくまでTOKIOの主観ですのでご了承)


※TOKIOは〝あつのり〟を食べました。
2008.01.17 Thu l ラーメン巡り l コメント (0) トラックバック (0) l top



ボーカル決まらんわ。
やりたい曲聞いてもマッスルくんしか返信してくれんし、もう「マッスル」って曲探してやろうかなぁ。
まぁかくいう自分が決めてないから偉そうなこと言えないけどね。
もう片方のバンドでもミスチルやりたいって言っただけだし。
でもミスチルの曲って実はアコギとかキーボ入ってるの多いからバンドでやりづらい気がするけど。
スコア見たら『終わりなき旅』とか良いんじゃないかと思って。
でも、ギター1はガンガン弾くのにギター2は少ししか弾かない感じなんだけど
オレがギター2でキノにギター1って頼んだら
きのこ爆発するかな(笑)。
オマエやりたい言ったんだろ!!ボォーン!!的な。

あとはバンプだけど被りそうだな~笑。

『orbital period』

orbital period


借りてきたけど『メーデー』とかならやりやすそうかな。
うーん。
早く決めないと。
ちゃっかり2月もサークルのバンド組むことになりそうなんだ。

春休みはこっちのバンドやりこも。
春合宿どしよかな。
いやぁ~春休みとか映画作りたいなぁと思ってんだけど暇あるかなぁ。
暇は作るものだ!
でも映画サークルからメールの返事が来ないぜ!!
えぇ~映画作ってみたいわぁ。
出演側でもカメラでも雑用・・はアレだけど、全然監督以外でもいいのよね。
まぁまた映画作ることになったら言いますわ。
ほな。
2008.01.13 Sun l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top


家に帰ったら久し振りにが玄関で待っていた。



ナカムラさん2
@『ナカムラ』



ぼくが「あけましておめでとう」と言っても

「うん」とも「すん」とも「うんすん」とも言わないので

ドたまをつついてやった。

奴は煮干を一匹食べた後

ぼくの携帯を食べようとしたが

食べ物じゃないと分かると

そそくさと帰っていった。

知らないうちにもはや煮干では満足できないらしい

グルメナカムラになっていた。
2008.01.11 Fri l ナカムラさん日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top


■レポート3枚のうち1枚提出。
まだ明日と明後日に提出せねばならないから今日と明日は鉄也。
ただでさえ昨日も一昨日もろくに寝てないのにな!
逆に嬉しいよ、ここまでくると。


家の車を早くも自宅の駐車場でこすった。


■つい2ヶ月前にバンドサークルに入ったばかりだけど、また新たにサークル入ろうかなと思ってるわけで。
今度は映画の自主制作サークルなんだけどね、最近映画観るのに嵌ってるのと、ミツドメ(中高の友達)のミクシィの日記読んだらなんか映画つくってみたくなった(笑)。
調べてみたらWikipediaにも載ってるサークルなんだけど、ちょっと興味あるから今度見学しに行こうかと。
入るなら2年になる前じゃないと新1年生との関係がおかしくなるじゃない。
とりあえず成人式の日にミツドメと飲む約束してるから、色々聞いてみよう。
むしろミツドメってKJだよな。


■昨年の9月に行われたパッショーネライブだけど、今度は4月下旬に行われる予定らしい。
小生は、キノコやDLといった腕のある人たちのバンドにひょっこり入りつつ、まっしやマッスル(笑)に声をかけてもうひとつバンドを組もうと考えてるわけで。
前者は正直怒られそうで怖い。むしろ怖い。オーラが。
後者は気楽にやろうぜって感じでいきたいんだけど、音楽に精通してる人も欲しいと思って、じゅにちにベースをやってもらうことにした。
ギターはマッスルと小生のツインギターなので、難しそうなパートはマッスルに頼むつもりである。それはそうさ。
あ、ボーカルが決まらないので募集中。
2つバンドやる以上、早く曲決めて練習したい。
3月には合宿、4月には新歓ライブと大学のサークルでもバンドやるつもりだし。
え?やばいじゃんこれ。
映画創りたいとか言ってていいのだろうか。
いや、やりたいことはやろう。
そうでなくてもあっという間だし。


■受験生に向けて
もうすぐセンター試験ですね。
小生は先日センターの英語が全然読めなくて泣きそうになったので偉そうなことは言えませんが、落ち着いてやれば楽勝です。むしろ楽勝なんです。そうでなくても皆勝手に自滅しますから。小生のようにね。
体調管理だけはしっかりね。
これ大事。
手洗いうがいしてますか?
してる人もしてない人もちゃんとしてね。
ぼくはこのブログ見てる受験生は全員応援してますから。
頑張って!
そして頑張って!
2008.01.09 Wed l そして普通日記 l コメント (6) トラックバック (0) l top



最近練習してるやつ。
めっちゃ上手いなこの人(注:ルルルではないです)。









こっちがバンプの「sailing day」
ベースの人が気になる・・・。
ギターはかっこいい。









ライブバージョン。
削除されたもう片方のライブの方がベースの人が気になるんだけども。
この頃のモトオはスゲーかっこよかった。









この曲を聴くと思い出す。
クソ暑い夏にスタジオに通った日々。。。




2008.01.06 Sun l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top




アカデミー作品は観てみるか。
唯一最後まで見切れずにTSUTAYAに返した『ディパーテッド』が06年に受賞してることに超絶驚きを隠せないわけだが。
世界三大映画祭は全然知らん映画ばかりじゃな。
中国映画とか地味に面白いらしいが。
ふと思い出したけど、『時計じかけのオレンジ』は面白かったなぁ。。。
2007年に観た映画の中で一番良かったのはやっぱり『ライフ イズ ビューティフル』か
『ショーシャンクの空に』も良かった。
あとトムハンクスの映画は外れが少ない。
『ターミナル』とか『フォレストガンプ』みたいに間の抜けた役から『グリーンマイル』の監視役まで、役の幅が広い。
去年って言うと、『パイレーツ オブ カリビアン』?
別に面白くなかったぞ?
ジョニーデップでもってる感じじゃん。
そういえばクレヨンしんちゃんの映画もだいぶ観たけど、面白いので是非観てみてみてみて下され(笑)。



2008.01.05 Sat l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top




1990年 ミュージック・ボックス コスタ・ガヴラス アメリカ
つながれたヒバリ イジー・メンツェル チェコスロヴァキア

1991年 HOUSE OF SMILES マルコ・フェレーリ イタリア

1992年 わが街 ローレンス・カスダン アメリカ

1993年 ウェディング・バンケット アン・リー 台湾
香魂女-湖に生きる シェ・フェイ 中国

1994年 父の祈りを ジム・シェリダン イギリス・アイルランド

1995年 ひとりぼっちの狩人たち ベルトラン・タヴェルニエ フランス

1996年 いつか晴れた日に アン・リー アメリカ合衆国

1997年 ラリー・フリント ミロシュ・フォアマン アメリカ合衆国

1998年 セントラル・ステーション ヴァルテル・サレス ブラジル

1999年 シン・レッド・ライン テレンス・マリック アメリカ

2000年 マグノリア ポール・トーマス・アンダーソン アメリカ合衆国

2001年 インティマシー/親密 パトリス・シェロー フランス・イギリス・ドイツ・スペイン

2002年 千と千尋の神隠し 宮崎 駿 日本
ブラディ・サンデー ポール・グリーングラス イギリス・アイルランド

2003年 イン・ディス・ワールド マイケル・ウィンターボトム イギリス

2004年 愛より強く
ファティ・アーキン ドイツ

2005年 U-Carmen e-Khayelitsha
日本未公開 マーク・ドーンフォードメイ 南アフリカ共和国

2006年 サラエボの花 ヤスミラ・ズバニチ ボスニア・ヘルツェゴビナ

2007年 Tuya's Marriage (トゥヤの結婚)
日本未公開 王全安 中華人民共和国
2008.01.05 Sat l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top



第47回(1990年) ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ (トム・ストッパード)イギリス

第48回(1991年) ウルガ(ニキータ・ミハルコフ)フランス

第49回(1992年) 秋菊の物語( チャン・イーモウ) 中国

第50回(1993年) トリコロール/青の愛(クシシュトフ・キェシロフスキ)フランス・ポーランド・スイス / ショート・カッツ(ロバート・アルトマン)アメリカ

第51回(1994年) ビフォア・ザ・レイン( ミルチョ・マンチェフスキー)イギリス・フランス・マケドニア / 愛情萬歳(ツァイ・ミンリャン)台湾

第52回(1995年) シクロ(トラン・アン・ユン)ベトナム

第53回(1996年) マイケル・コリンズ( ニール・ジョーダン)アメリカ

第54回(1997年) HANA-BI(北野武)日本

第55回(1998年) いつか来た道(ジャンニ・アメリオ)イタリア

第56回(1999年) あの子を探して(チャン・イーモウ) 中国

第57回(2000年) チャドルと生きる(ジャファル・パナヒ)イラン

第58回(2001年) モンスーン・ウェディング(ミーラー・ナーイル)インド・アメリカ・フランス・イタリア

第59回(2002年) マグダレンの祈り(ピーター・マラン)アイルランド・イギリス

第60回(2003年) 父、帰る(アンドレイ・ズビャギンツェフ)ロシア ※座頭市で北野武が監督
賞(銀獅子賞)を受賞

第61回(2004年) ヴェラ・ドレイク (マイク・リー)イギリス

第62回(2005年) ブロークバック・マウンテン (アン・リー) アメリカ

第63回(2006年) 長江哀歌 (ジャ・ジャンクー) 中国

第64回(2007年) ラスト、コーション (アン・リー) 台湾


2008.01.05 Sat l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top



1990年代

開催年 受賞作 受賞者(監督) 国

1990年 ワイルド・アット・ハート デヴィッド・リンチ 米国
1991年 バートン・フィンク コーエン兄弟 米国
1992年 ベスト・インテンション ビレ・アウグスト デンマーク
1993年 さらば、わが愛/覇王別姫 チェン・カイコー 中国
1993年 ピアノ・レッスン ジェーン・カンピオン ニュージーランド
1994年 パルプ・フィクション クエンティン・タランティーノ 米国
1995年 アンダーグラウンド エミール・クストリッツァ ユーゴスラビア
1996年 秘密と嘘 マイク・リー イギリス
1997年 桜桃の味 アッバス・キアロスタミ イラン
1997年 うなぎ 今村昌平 日本
1998年 永遠と一日 テオ・アンゲロプロス ギリシャ
1999年 ロゼッタ リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ ベルギー


2000年代

開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
2000年 ダンサー・イン・ザ・ダーク ラース・フォン・トリアー デンマーク
2001年 息子の部屋 ナンニ・モレッティ イタリア
2002年 戦場のピアニスト ロマン・ポランスキー フランス
2003年 エレファント ガス・ヴァン・サント 米国
2004年 華氏911 マイケル・ムーア 米国
2005年 ある子供 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ ベルギー
フランス
2006年 麦の穂をゆらす風 ケン・ローチ イギリス
2007年 4ヶ月、3週と2日 クリスチャン・ムンギウ ルーマニア

2008.01.05 Sat l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top


【1990年代】

1990年(第63回) - ダンス・ウィズ・ウルブズ
レナードの朝
ゴースト/ニューヨークの幻
ゴッドファーザーPARTIII
グッドフェローズ

1991年(第64回) - 羊たちの沈黙
美女と野獣
バグジー
JFK
サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方

1992年(第65回) - 許されざる者
クライング・ゲーム
ア・フュー・グッドメン
ハワーズ・エンド
セント・オブ・ウーマン/夢の香り

1993年(第66回) - シンドラーのリスト
日の名残り
ピアノ・レッスン
父の祈りを
逃亡者

1994年(第67回) - フォレスト・ガンプ/一期一会
ショーシャンクの空に
クイズ・ショウ
パルプ・フィクション
フォー・ウェディング

1995年(第68回) - ブレイブハート
アポロ13
ベイブ
イル・ポスティーノ
いつか晴れた日に

1996年(第69回) - イングリッシュ・ペイシェント
ファーゴ
ザ・エージェント
秘密と嘘
シャイン

1997年(第70回) - タイタニック
L.A.コンフィデンシャル
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
恋愛小説家
フル・モンティ

1998年(第71回) - 恋におちたシェイクスピア
エリザベス
ライフ・イズ・ビューティフル
プライベート・ライアン
シン・レッド・ライン

1999年(第72回) - アメリカン・ビューティー
サイダーハウス・ルール
グリーンマイル
インサイダー
シックス・センス


【2000年代】

2000年(第73回) - グラディエーター
ショコラ
エリン・ブロコビッチ
グリーン・ディスティニー
トラフィック

2001年(第74回) - ビューティフル・マインド
ゴスフォード・パーク
イン・ザ・ベッドルーム
ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間
ムーラン・ルージュ

2002年(第75回) - シカゴ
ギャング・オブ・ニューヨーク
めぐりあう時間たち
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
戦場のピアニスト

2003年(第76回) - ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
ロスト・イン・トランスレーション
マスター・アンド・コマンダー
ミスティック・リバー
シービスケット

2004年(第77回) - ミリオンダラー・ベイビー
アビエイター
ネバーランド
Ray/レイ
サイドウェイ

2005年(第78回) - クラッシュ
ブロークバック・マウンテン
カポーティ
グッドナイト&グッドラック
ミュンヘン

2006年(第79回) - ディパーテッド
バベル
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
クィーン

2008.01.05 Sat l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ぼくは明けたと思ってないんですけどね。
世の中の、こう空気的なものですか。
更新しないわけにもいかず、あぁ、これが2008年なんですね。
去年は色々ありましたな。
アベベは突然の辞任。
ミートホープはパクられカタルシス。
ワーキングプアって何かのアトラクションかと思っていた。
分けもなく映画とか見出す始末。
未だに途中で飽きたら携帯開きますけど何か?
とりあえず2008年はガチでオオクワガタ捕まえようと思います(あくまでTOKIOの主観です。)。
あとはね、成長できたらいいなと。
203くらいにならないかな~。
2008.01.02 Wed l そして普通日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。