上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



今月は13作品。良作ばかりで満足しております。

『ターミネーター』
『ターミネーター2』
『オーロラの彼方へ』
『シンドラーのリスト』
『男たちの大和』
『レナードの朝』
『インディ・ジョーンズ~魔宮の伝説』
『インディ・ジョーンズ~最後の聖戦』
『ロミオ×ジュリエット』
『ザ・ビーチ』
『コンフィデンス』
『レス』
『ビッグ・フィッシュ』




『ターミネーター』


ターミネーター




最初のアフターで神秘さんが熱弁してたのですが、見たことはあったけどそんなに映画に興味が無かった時期だったので、すっかり内容が飛んでたこともあり改めて観てみました。
公開前はB級映画と思われていたらしく、確かにターミネーターが機械の姿になった時の動きとかはちょwwwって感じでした(笑)。まぁ予算や当時の撮影技術を考慮するとCGも使えないし、そうとう苦労したんだろうなぁという気はしますが。それはともかく話の内容は面白かった。一見アクション映画と思われがちですが、タイムトラベルや恋愛の要素、コンピューター至上主義の危険性というメッセージを80年初期の時点で含んでいる点など、評価すべきところがたくさんあるまさに不朽の名作という感じでした。



『ターミネーター2』


ターミネーター2




これも上記と同じ理由でTSUTAYAで借りました。しかも当日返却で借りといて返すの忘れて結局780円払ったのについこの間の土曜プレミアムかなんかで放送してたっていう。どれだけーwww
これは、う~ん、1より面白いかどうかっていうと難しいですね…まぁ同じくらいか2の方が良いかもってところかな。まぁ1のヒットありきの2なので、どっちが評価されるかというのは別問題です。で、その2なのですが、個人的に謎なのがサラ・コナー強くなりすぎwwwというのと何故味方のターミネーターの外見を昔の敵の容姿にしたのかということ。前者はおいといて、後者について何人かに聞いてみたら、未来ではみんなあの姿なんだよと言われたのですが、元々ターミネーターを人間の姿にしたのは、抵抗勢力の人間との抗争においてターミネーターが人間の姿をすることで区別しづらくし、戦いをターミネーターの有利にするという設定のはず。なのにみんなあの姿じゃ一目瞭然じゃんwwwその辺がいまだに納得できません…。



『オーロラの彼方へ』


オーロラの彼方へ



こちらはitamさんが面白いと言っていたので借りました。DVDがなくてVHSでwww異常気象による乱気流のせいかなにかでハム無線で30年の時空を超えて父と息子が会話するという話。itamさんの話聞いてファンタジー系を想像してたのですが、どちらかというとタイムトリップ系でした。すごい良かったです。こういう系が好きならきっと『バタフライエフェクト』とか面白いと思いますよ!ぼくは『オーロラの彼方へ』を先に観たかったですが…。



『シンドラーのリスト』


シンドラーのリスト



スピルバーグの名作。ユダヤ人迫害系が好きなワッキーは観るべき。ただあまり多くは語れないんですけどね…これ前編・後編に分かれてて、前編しか観てないんですよぷにぃ(´ω`)一番いいとこ観れなかったって言う…。また借りるかな…。



『男たちの大和』


男たちの大和



これも神秘効果www邦画はあまり借りたくない(中二病らしい)ぼくなのですが、じゃ、じゃあ・・・という感じで借りてみました。まぁ、これは感動しますよ。逆にこれ観て感動しない日本人は困ったものだなぁと思います(笑)。終戦50周年記念作品だからかもしれませんが、現在と過去が交錯する構成が気になりました。どうなんだろう~逆にそれが良いという気もしますし…、戦争だけを描いてみても良かったのではないかな…。あとは松山ケンイチとシドウの演技が素晴らしかった。



『レナードの朝』


レナードの朝




パーキンソン病患者にある薬剤を投与したところ、奇跡的な回復を見せたという実話を描いた作品。パーキンソン病と言えば、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の主人公役を演じたマイケル・J・フォックスをはじめ、多くの著名人が患っていることで有名な難病ですが、この患者役をロバート・デ・ニーロが見事に演じています。奇跡の回復も一時的なものであり、回復している間に起こった奇跡のような毎日と徐々に沸き起こる苦悩とが垣間見れます。いまひとつ自信の持てない主治医とロバート・デ・ニーロの2人のひと時の友情に感動しました。素晴らしい。



『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』


インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説



「インディ・ジョーンズ」シリーズ第2作目。個人的に考古学をテーマにした映画は好きで、『ナショナルトレジャー』や『ハムナプトラ』のような古代エジプトや『ダヴィンチ・コード』のような中世キリスト世界を描いた作品はわくわくどきどきものです。考古学映画の代表作と言えば間違いなく『インディ・ジョーンズ』ですが、個人的に2作目の本作は正直ガッカリでした。まず、考古学的要素が少ない。次にもはやアクション映画と化している点。謎の中国人少年の意味も全くもって分かりません。いらないでしょう。監督のスピルバーグも自ら駄作と言ってるようです。ファンの間では人気が高いようですが、意味が分かりません。



『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』


インディ・ジョーンズ 最後の聖戦



第2作と打って変わって3作目はまぁまぁ良かった。「最後の聖戦」と言ってますが、4作目公開中ですwwwぶひwww考古学の要素も多いし、アクションもいい具合に取り入れてあって見応えありました。ジョーンズ博士と彼の親父とのやり取りがコメディーチックで、改めていろんな要素が含まれてるなと感じました。1作目と3作目だけで十分でしょう。




『ロミオ×ジュリエット』


ロミオジュリエット



『ロミオとジュリエット』はSnow+さんが絶賛してたのでアニメをYouTubeで観たことがあったくらいで原作読んだことないんですけど、この『ロミオ×ジュリエット』は原作のストーリーを現代版にアレンジしたもの。対立するモンターギュ家とキャピュレット家の二人の子息、ロミオとジュリエットが一目惚れして恋に落ちる話。女の子は絶対好きだろうなぁって映画。かくいう私もはまりましたwwwまずディカプリオかっこよすぎだろwwwレオ様wwwジュリエット役の子も可愛かったな(´ー`)こういう映画もアリですね。



『ザ・ビーチ』


ザ・ビーチ



レオ様つながりで観ました。作品が作られたのはちょうど『タイタニック』のすぐ後くらいですね。内容はぷりおが謎の楽園目指し、たどり着いた孤島で素晴らしい日々を送るんだけど、その暮らしの歯車が徐々におかしくなって結局元の生活に戻るという、一見してよく分からない内容でした。でも印象に残るという不思議な作品。



『コンフィデンス』


コンフィデンス



ダスティン・ホフマンが悪役を演じてます。どんな役でも様になりますな。内容は、詐欺師の話で、裏の裏のそのまた裏をかくような感じです。まぁ、軽く観て楽しむ分には十分だと思います。



『-less レス』


-less[レス]



久しぶりに結構見応えのあるサスペンス・ホラーでした。なんかよくある内容ですけどね。オチを言うとつまらないので簡単に説明すると、あるクリスマスの夜、家族でおばあさんの家に車で向かう途中、森の道中を一人で彷徨う謎の女性を発見し、車に乗せてしまうところから悲劇は始まる。一人また一人と家族に訪れる奇怪な現象に恐怖する…という感じです。『世にも奇妙な物語』でこんなオチの話ありました。



『ビッグ・フィッシュ』


ビッグ・フィッシュ



ティム・バートン監督のファンタジー。ぼく個人としては今まで見た中で最高のファンタジー映画の一つです。現実と幻想の狭間を見事に描いてます。内容も素晴らしい。父と息子の親子愛にも感動します。ティム・バートンと言えば、『シザーハンズ』も素晴らしいファンタジー映画ですね…個人的にこの2作は甲乙つけがたい。心温まる作品です。ぜひご覧あれ。



6月は良い映画ばかり観れました。7月も量より質で攻めたいですね(´ー`)




スポンサーサイト
2008.06.30 Mon l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top


Wheels of Fire



WEELS OF FIRE / Cream


単純にCROSS ROADSが聴きたかったんです。クラプトンは何枚か借りたけどクリームは初めてなんですよね。KODA祭のクリーム楽しみだな~。
KODA祭・・・もう一週間後ですね…この期に及んで「もう」とか言っているのはぼくだけでしょうか。
最後まで神秘菓子さんが主導権を握っていたアフターでしたが笑、とても楽しかったです。
エヴァネッセンスの練習とアフターはもはや生活の一部だったので、なくなってしまうとまた憂鬱な日曜日に逆戻りだぜ☆その時は部屋の隅で体育座りでもしてやろうと思ってます。
アフターの帰りは最寄り駅までフェアリーさんとずっと一緒だったのですが、唯一、埼玉に住んでて良かったと思えた瞬間でした。ホント、それ以外に埼玉に住む利点ないです。
国立に一人暮らししたい。もうすぐ誕生日です。ワッキーの家が欲しいです。
そういえば、今日のアフターの最後の最後ですごいいい子ちゃん発言をしてしまって、我ながらあれは言うべきではなかったなと反省しましたwww
もちろん嘘ではないと思ってますけど、それは自分の内に秘めておくべきことですね。
ぼくは結構オプティミズムであり、パシフィズムであり、クリティシズムを好まない性格なんだと思います。英語で言ってみました。一見確かに良さそうな気もしますが、我ながらそれはそれでつまらない人間のような気もするし、見方を変えれば何も考えてないという捉え方もあるわけです。批判と愛情は全てとは言いませんが、部分的には表裏一体であって、嫌よ嫌よも好きのうちと言いますか、相手のことを悪く言うのはそれだけ相手のことを思ってるからとも言えるのではないでしょうか。そう考えると、ぼくは相手のことをあまり考えないダメ人間なのかな・・・という葛藤に苛まれるのです。
こういう話をするのはあまり得意ではないのですが、たまにはいいかな(笑)。
なんか気まずいので、北がテコ支援国家指定解除を受けた件について考察したいと思います。
北のテコ指定解除は、拉致問題を前提とする日本とアメタリカの関係を乱すものであり、北には核保有による政治的圧力を与えたようなもの。制裁緩和に対して北の取った行動は期限を半年も過ぎ、米の期待する内容を含まない報告書の提出だけ。このままでは北の独り勝ちじゃないか。こうした背景にはアメタリカの政治システムの問題点が指摘できると思う。ブッ大統領の任期は残り7カ月。アメタリカは政権ごとに前任の政策と別路線をとる慣習があるようで、任期が残り僅かになると政策に焦りが出るのは必然。一方北は半永久的な独裁体制だから、その辺の差が今回の明暗を分けるような気がするという話です。おやすみ!


2008.06.30 Mon l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top


勝手に来やがれ



勝手に来やがれ / Sex Pistols


今年のサマソニに出演するんですよね、ヤバい観たい。「うひょー見てぇー☆」って感じでぞくぞくするのは今はピストルズだけかもしれないです。因みにぼくは『Anarchy In The UK』よりも『God Save The Queen』の方が好きです。そういえば今日Aらいさんに「なかだしピストルズやろうよ」と言われたので、マジでやりたい。出来ればギター1で弾けるようになりたいです。まぁパンクだしそこまで難しくないんでしょうけど、何せぼくですからね…。



ホテル・カリフォルニア



ホテル・カリフォルニア / Eagles


イーグルスはファーストしかipodに入ってなくて、『ホテル・カリフォルニア』聴きたかったので借りてみました。ファーストは結構ハマって聴いたりしてたんですが、イーグルスかっちょえ~。



Is This It



IS THIS IT? / THE STROKES


「HIVES」聴いてからガレージロックにも興味が湧いたので、ガレージロックリバイバルの両輪をなすストロークスも聴かねば!ということで借りました。因みに『Someday』という曲がすごい好きです。なんだろう、あれはロックではない気もするけど。あと奴らのイケメンっぷりはどうコピーすればよいのだろうwww


ルーム・オン・ファイア



ルーム・オン・ファイア / THE STROKES


基本的に初めて借りるアーティストは最初は1枚しか借りないというこだわりが出来つつあったのですが、レジに出したとき何故かストロークス2枚借りてることに気付きました。なんかいきなり複数枚借りて一気に聴くと、大体混乱してアルバムの特色をつかめなくなっちゃう気がするんですよね。いまだにボブディランとかごちゃごちゃでよく分からないですもんwwwまぁでも借りたので聴きますwww



London Calling



LONDON CALLING / The Clash


「やっぱパンクっしょ!」とか思ってたんですが、よく考えたらピストルズしか聴いてねえwwwということに気付いたのでクラッシュは聴かなきゃ!と思って借りました。楽しみ。



Rocks.jpg



ROCKS / AEROSMITH


いまエアロスミスが熱くて、mixiミュージックアーティストTOP10にも名を連ねてきたのですが、初期黄金期のエアロスミスも聴いてみようと思い借りてみました。最近ふと気付いたのですが、ストーンズやクイーン、それからエアロスミスが好きな自分はどうやらボーカルの存在に比重を置いてる気がします。ミック・ジャガーしかり、フレディ・マーキュリーしかり、そしてスティーヴン・タイラー しかりと、みな偉大なヴォーカリストたちですからね。ちょっとヴォーカルやってみたいけどマジ悲惨なことになりそうなので自重しますwwwネタバンで尾崎豊やりたかったwww



メトロポリス・パート2



メトロポリス・パート2 / Dream Theater


メタルキター(・∀・)ー!!!!
ドリームシアターと言えばたにくんやI田先生(因みにこのアルバムを選んだのはI田先生のmixiの日記を参考にしました)と、フォーソンでは当たり前的存在感を放ってる気がします。しかしこれはもはや自分が弾いてるのとは違う楽器が使われてるとしか思えない。もはや鑑賞用です、ぼくにとってはwww



まだまだ借りますよ(´ー`)


2008.06.28 Sat l About Music l コメント (4) トラックバック (0) l top


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる



ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書) (新書)
梅田 望夫 (著)


ブログというものを書き始めて実は早いもので3年が経ったのですが、ウェブに関する知識はもとよりエクセルとかも怪しい非常に残念な自分を戒めるために読んでみました。
グーグルという企業がいかなる点で異彩を放っているのか、それはネットの「あちら側」での変革であり、特殊な企業形態である。「ムーアの法則」や「ロングテール論」などは面白い考えだと思いました。
確かに、日本人…少なくともぼくはネットに「清濁」で言えば「濁」、「善悪」で言えば「悪」のイメージを持ってしまう。だってエロサイトの広告とか至る所に蔓延っててウザいのだものwwwウィルスとかも怖いし。ただそんな負の面にばかり目を向けるのではなく、ウェブ上で日々刻々と起こる変化にアンテナを張ってついていきたいと思う。


2008.06.27 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top







ぼくはこっちのが好きです。



2008.06.27 Fri l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top


マックカフェ



今日も恒例のビリヤード。一向に上手くならないが何故なのだ。まぁビリヤードの腕よりギターの腕を上げたいところではあるが。その後はモスに行って、また立川ハートビートでTiger Tissueeのライブを見に行った。個人的に1バンド目のギターの感じがぼくは結構好きです。ていうか、あれくらい上手くなれたら楽しいと思う。バンドとしては3バンド目がすごい好き。パンクっぽいというか。Tigger Tissueeはやっぱり何処か芸術的と言うか、やっぱりりゅうちゃんのギターとかはすごいし観てて素晴らしいなぁと思うけど、バンドの音楽としてはもっとキャッチャーな方がぼくは好きみたいです。あくまで個人の好みなので全く「もっとキャッチャーな感じにしたら」とか言いたいわけじゃないですよ、はい。
その後は初めてマックカフェに行ったんですけど、あれですね、コーヒー飲むならスタバの方が美味しい(だろう)し雰囲気もいいし、飯食うなら普通のマック行った方が良いと思うのだけど、どうなのだろう。悪くはないと思うし、また行っても全然いいんですけど。


今日の教訓:山口は四国ではありません>ワッキー

2008.06.26 Thu l バンド l コメント (2) トラックバック (0) l top


リーダーシップの旅 見えないものを見る



リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書) (新書)
野田 智義 (著), 金井 壽宏 (著)


ワッキーの家の本棚を物色してたら出てきた本。
神秘菓子さんのレビューで高評価だったので拝借して読んでみました。

読みやすいか読みにくいかで言うと、ぼくには何故か読みにくかったです。
というのも、どこか科学的根拠の薄い精神論が多く見られたような気がしたので。
自己啓発は決して嫌いじゃないし、むしろ割とそういうのにハマってしまうタイプではないかと自負してるのですが、悪く言えばどうも胡散臭く感じてしまいました。
あとは同じようなことしつこく書きすぎじゃないかと…。
ただ、得るところもありました。
パラダイムシフトする今後の世の中におけるリーダーの必要性と重要性、それに誰しもがリーダーになる可能性を秘めているという見解は全くその通りだと思うし、励まされる部分でもありました。
組織(会社)のための自分ではなく、自分の成功のために組織(会社)が存在するという考えは、人生を考える上で根本的たりうると思います。
そう考えると、今の飲食のバイトとかホント、自分のためになってないよwwwって感じで辞めたくなりました。何かしらきっかけがあったら辞めてもっと自己向上に役立つようなことしたいですね。どうせバイトするなら。
何はともあれ、まぁまぁ色々考えさせられた本でしたね。
神秘菓子さん、他にも何かレビュー書くかお勧めの本教えて下さいm(_ _)m
ワッキー、サンキュー、ワッキー。



2008.06.24 Tue l 書評 l コメント (2) トラックバック (0) l top


ナカムラ1
@『ナカムラ』




今日は華麗に1・2限ブッチしてしまった。もう嫌である。



ナカムラ3
@『ナカムラ』



4限から出ようと思い大学に向かうと、西門に着くまでにF城くん、I田先生、wtnbくんとすれ違い、英会話の勧誘のお姉さんに見事に捕まってしまったぼくをるためんちょが助けてくれた、これなんてフォーソンですかwww



ナカムラ2
@『ナカムラ』



4限終了後、1.2限ブッチが良心を咎めたのか図書館でベンキョーしようと思い大閲覧室で1時間ほど寝ていたら、おやおやるためんちょから電話があるではないか。



ナカムラ4
@『ナカムラ』



どうやらチャットモンチーのビフォアーに参加して1年生と絡むつもりらしい。ぼくはちょっとクリームのアフターの方にも出てみたかったのだが、るためんちょについていくと、しょうにぃ・I倉さん、とくちゃん(麗しい方ではない方)の3人だけで1年生がいなかった。



ナカムラ5
@『ナカムラ』



ビフォアー終了後、チャットもンチーの練習を図々しくも1時間近く見学した。I倉さんに夏合宿でaikoやらないかと誘っていただけた。I倉さんにメアド聞かれたので赤外線で送ったのだが、ぼくの方には送っていただけなかったのでまだまだ修行が足りないのだなと思った。3女のアドレスを得るのは並大抵のことではないのだ。その後ゆーさくの家でダラダラして終電ギリギリで帰ってきた。ナカムラはもう眠いのである。オヤスミニャー(-ω-)


2008.06.24 Tue l ナカムラさん日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top


ディカプリオ



最近立て続けにディカプリオの映画を観たんですが、あまりにカッコ良すぎてふと鏡に映った自分の顔見て愕然としてしまいました。こんなに自分の顔見てガッカリしたのはいつぶりだろう…っていう。
レジェンドとかY太くんと会うと結構自分残念だなって自覚させられるんですがwwそれを上回る失望感に苛まれました。当分鏡は見たくないヽ(`o´)ノムオォー!!!!!
ディカプリオかっこいいってお前は中学生か、大体いつの時代の話だ、と突っ込まれそうですが、まぁ10年前の映画を最近観た中二病患者ですサーセンwwwていう。いや、まぁ「タイタニック」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ディパーテッド」辺りは前に観たことあったんですけどね、当時は男に興味無かったから…って別に今もないよwwwノリ突っ込みです(´ー`)

でもさ、「でぃかぷりお」ってひらがなで書くとすこぶる残念ですなwww

「ぷ、ぷりお!?」

以下出演作品。


1991

クリッター3 映画初出演作品、日本未公開

1992

ボディヒート

1993

ボーイズ・ライフ
ギルバート・グレイプ アカデミー助演男優賞ノミネートゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート

1995

百一夜
クイック&デッド
バスケットボール・ダイアリーズ
太陽と月に背いて

1996

ロミオ+ジュリエット ベルリン国際映画祭男優賞受賞
マイ・ルーム

1997

タイタニック ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート

1998

仮面の男 ゴールデンラズベリー賞ワースト・スクリーン・カップル賞受賞
セレブリティ

2000

ザ・ビーチ
あのころ僕らは

2002

ギャング・オブ・ニューヨーク
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

2004

アビエイター 製作総指揮 ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)受賞 アカデミー主演男優賞ノミネート 英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート

2006

ディパーテッド ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート 英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート

ブラッド・ダイヤモンド  アカデミー主演男優賞ノミネート ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート



ま、観るか分からないけどね(´ー`)!


2008.06.23 Mon l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top


博多ラーメン〝凪〟


凪





立川みなみのラーメンスクエアーにある博多ラーメン屋。
個人的に博多ラーメンはそこまで好きでもないので普段たべることはないのだけど、たまに猛烈に食べたくなったりする。
博多ラーメンがどうも画一的に感じられる要因としては麺に個人差がないからだろう。
そうするとスープが決め手になってくるわけだが、「凪」のスープは濃厚で美味。
替え玉なしではいられない。



評価:★★★★★★☆☆☆☆
(※あくまでTOKIOの主観ですのでご了承)
2008.06.22 Sun l ラーメン巡り l コメント (0) トラックバック (0) l top


NBAファイナル2008・第6戦



画像の通りですね、セルティックス優勝おめでとう!!
第5戦のやる気なさとの打って変わりっぷりは、ホームで優勝したかったからわざと負けたのではと思わせるほど、やはりセルティックスは強かった。結局最終スコアは40点差近くついてました。
ファイナルMVPはポール・ピアス。これは妥当でしょう。ガーネットがもっと活躍してれば…まぁディフェンスは良かったと思うけど。NBA2008もこれにて閉幕ですね。来年のファイナルもレイカーズ対セルティックスのカードで是非レイカーズに優勝してもらいたい。


LAKERS 2-4 CELTICS win



もはや水曜が遊び定例会みたいになりそうで遊びたい盛りのおじさんとしては非常にご満悦である。
早逝き対決を間近で見たのは初めてな健全な僕としてはワッキー家での出来事は衝撃的だったwww
とりあえず大人の玩具と戯れるワッキーの姿を激写した写メをmixiにでもうpしようかwww
木曜はTOKIOと会って夏休みにアイツが色々企画してくれることになったので、キャンプとか落語とかオラも行くお(^0^)wwwっていう蕎麦サーの方たちをはじめとする皆さんはご一報下さい。なければ2人でシコシコとキャンプをする羽目になりますwww
金曜はバイト先の人のおごりで焼肉と酒をたらふく頂きました。21時集合で帰宅したのは5時ですた。本当にどうもありがとうございました。
2008.06.21 Sat l NBA l コメント (2) トラックバック (0) l top


NBAファイナル2008・第5戦



第4戦と同じく序盤からレイカーズが一方的に大量リードし、セルティックスが徐々に追い上げるという展開。第4戦の悪夢再びかと思いきや(実際は某ブログによりネタばれして結果分かってたんですが)、レイカーズが踏ん張り意地を見せました。個人的にレイカーズが勝ったと言う点が大きいのですが面白かったです。終盤になると何故か機能しなくなるレイカーズのディフェンスw同じく終盤になると何故か全くシュートが入らないレイカーズのオフェンスwといういつも見ていて感じる歯痒さがなくてすっきりした気分で観れました。まぁセルティックスが優勝するんでしょうが、第6戦も期待しましょう。


LAKERS 2-3 CELTICS


2008.06.18 Wed l NBA l コメント (0) トラックバック (0) l top



頭のいい大学四年間の生き方



頭のいい大学四年間の生き方 / 和田秀樹 (中経の文庫)


月曜日は3限がないので、昼休みから部室に行ったら珍しく2男で固まっておりました。防音処置の段ボールで遮光されてて電気消したら何も見えないちょwwwまwww状態でしばらく遊んでたわけです日本オワタ\(^0^)/3限みんなあるっぽくて僕だけ部室に取り残されたので仕方なく生協行って本買ってマックで時間潰してたわけですが、なんかいかにも!って感じの本選んじゃいましたね。結局読破した後も、受験終わっても和田秀樹の本を選んでしまった残念な自分しか残りませんでしたwwwまぁ、時間潰すのには読み易くて面白かったですけどね、こういうのにすぐ啓発されてしまうタイプですしwwwよーし、ぼくも理さry




2008.06.16 Mon l 書評 l コメント (2) トラックバック (0) l top


ギャグマンガ日和 巻の9



そういえば最近マンガを読んでないなぁと思いまして。
最近買って読んだのは、ハチクロ最終刊とギャグ漫画日和の最新刊くらいでして。
読み返したのは家にある浦沢直樹のMONSTERと満喫かビリヤードに行った時のクローズくらいですね。
立ち読みも今やバキとアフロ田中くらいだもんなー。相当読んでないや。
何か面白い漫画、オヌヌメのマンガ知ってる人教えて下さいな(´∀`)ノ
2008.06.15 Sun l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top


NBAファイナル2008・第4戦




一時は23点リードしていたレイカーズが逆転負け!!!!
もうダメですね、こりゃ。あと一勝でセルティックスの勝ちですか。
うーむ。まぁ強いもんな、セルティックス。
ただセルティックスが優勝してもKGにはMVPあげたくない。
ファイナルのKGは酷い。
やっぱポール・ピアスですかね。
レイ・アレンもいいけど。
もしレイカーズだったらフィッシャーにあげたいところでしたが。
なんかもう試合見る楽しみが無くなっちゃいました…。


LAKERS 1-3 CELTICS



因みに今日も飲食のバイトだったんですが、途中で他の店との交流を深めるとかいう集まりに店の代表として何故か一人で行かされたんですが、超良かった!!!
各店舗自分の店の出し物出すんですが、もう飲み食いし放題。
とりあえず、スタバのコーヒー4杯・ドーナツ2個、さぼてんのカツサンド4つ、飲み屋の焼き鳥3本、風月のお好み焼き1枚、どっかの店の持つ煮込み2杯、ピザ屋のピザ3切れ頂きました。
(*´д`*)うひょ☆


2008.06.14 Sat l NBA l コメント (0) トラックバック (0) l top

Just Push Play


Just Push Play / AEROSMITH



Pump.jpg


Pump / AEROSMITH



A Night At The Opera


A Night At The Opera / Queen



Deep Purple In Rock


Deep Purple In Rock / Deep Purple



Machine Head


Machine Head / Deep Purple




国立のTSUTAYAで5枚1000円だったから下っちと帰りに寄って借りてきた。
まぁ、いずれもヒットアルバムばかりですね。
というか、まだまだ洋楽の知識が浅いぼくはひたすら名盤と評されるのを片っ端から借りていかないと駄目なんですよね(´ー`)
いやぁ。で、結局、神秘さんととがわさんとワッキー以外にフォーソンで見てる人はいるのでしょうか(笑)。是非コメントをwww

2008.06.13 Fri l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top









最近フォーソンの人に「ブログ見てるよ」と言われると恥ずかしくて仕方ない(笑)。気になって過去の記事とかちょっと読んでみたけどヤバいイタイ記事とかあったが気にしない方向でwww


今はビートルズよりローリングストーンズにはまってます。
FSCでローリングストーンズやってるのぼくはまだ観たことないんですが、あまり好きな人いないんでしょうか。ぼくはやりたいです。やれるかどうかは別として…。
全然関係ないけど、合宿帰ってからスト2やってないなぁ。てか合宿行く前もやってなかったけど。
多分夏合宿にはsgmtさんにフルボッコされるでしょうなぁwww
久しぶりにスト2やりてー。
これまた全然関係ないけど服欲しいなぁ。全然買ってないや。誰か今度一緒に原宿でも立川でも大宮でも行きませんか??
高円寺とか吉祥寺は全然詳しくないので誰か良い店教えて下さいm(_ _)m

2008.06.13 Fri l About Music l コメント (2) トラックバック (0) l top


NBAファイナル2008・第3戦



テレビでは第4Q残り3分しか観れなかったのですが、ニコニコで一部始終見ました。レイカーズのホーム、ロサンゼルスで行われた第3戦。ここで負けたらもういよいよヤバいレイカーズ。そんな第3戦は、セルティックスビッグ3の不調、レイカーズのディフェンスがようやく機能、コービーの調子回復、によりすごいロースコアながらも、レイカーズ、ファイナル初勝利。でもやっぱりセルティックスの不調とホームの利で勝った印象受けましたがどうなんでしょう。何はともあれLAではレイカーズに全勝して欲しい。


LAKERS 1-2 CELTICS

2008.06.12 Thu l NBA l コメント (0) トラックバック (0) l top


Tiger Tissuee



水曜は明らかにぼくのキャパオーバーでした。
和田○樹の医療経済を完全に寝通した3限後、アダム、ワッティー、姉さん、るためんちょと立川で3時間ビリヤード。ぼくと対戦してるとき姉さんがミラクルショット打ってくれた。立川ビリヤード初参戦のワッティーに皆がフルボッコにあった後、飯食って、Tiger Tissueeのライブを見に行った。個人的に1曲目が好きだった。最近毎週観に行ってるせいかすごいライブ観るのにはまってるんですが、あまりギター触ってないっていうorz

audioleafで試聴出来るので良かったらどうぞ

Tigeer Tissuee→http://www.audioleaf.com/tigertissuee/


その後は地元に戻って23時から飲食のバイト先の飲み会。
今までの飲み会の中で一番酔いました。と言っても暴走はしないですけどねwwというか、酔うとすぐに気持ち悪くなるんで変なことする余裕ないんですが。とにかく吐きまくった。成人式のレジェンドを彷彿させる見事な吐きっぷり。それでとにかく早く帰りたかったので笑、一人女の子が帰ると言うのでぼくも途中であがったんですが、それでも家に着いたのが3時前。いや、NBA観たかったんだぜ!!!!!!!結局第4Q残り3分しか観れなかったorzorz
雨に濡れたGパンを脱ぎ、下半身露出したまま気を失って今気づきました。廃人ですね完全に。ていうか基礎ミクロは授業も出て中間もそこそこ勉強したのに、木曜2限のミクロ経済学まだ1回しか出てないっていう。助けて。今日バイトがなくて助かった。



2008.06.12 Thu l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top



アメリカ外交50年



「アメリカ外交50年」 (岩波現代文庫) (文庫)
ジョージ・F. ケナン (著), George F. Kennan (原著), 近藤 晋一 (翻訳), 有賀 貞 (翻訳), 飯田 藤次 (翻訳)


アメリカ政治外交史の中間レポート書くのに読んだのだけど、非常に面白かった。米西戦争時の国民の意識レベルの低さ、指導的地位の人々がさも偉業を成し遂げたかのように世論にアピールしたにすぎない門戸開放、過度な恐怖心と敵対心を共産主義に見出してしまったが為に行われた核兵器保有とその拡大。真の外交政策は、やはり平和に尽きるのですかね。外交官もいいなとか中二病みたいなことちょっと思ってしまいましたサーセンwww


2008.06.11 Wed l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top


堂々たる政治


「堂々たる政治 」(新潮新書 257) (新書)
与謝野 馨 (著)


親父が読めって言うから読んだら読みやすくて2時間で読んでしまった。小泉政権をやたら賞賛してる印象を受けましたが、構造改革が直接的に景気を回復させたのではなく、小さな政府という文句が意識的に与えた、政府に頼るのではなく自分でなんとかしなければならないという危機感こそが景気回復の要因たりえたという考えはなるほどなと思った。政治家も面白そうだな、なんて中二病みたいなことちょっと思いましたサーセンwww
2008.06.11 Wed l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top


NBAファイナル2008・第2戦




第2戦は第4Qマジやばかった。第3~4Qにかけて一時レイカーズが20点差以上離されて解説の北原さん(塚本清彦さんだっけ?笑)も「どのように負けるかも肝心ですから」みたいなこと言ってたのに最後の最後で2点差にまで追いついて・・・まぁ結局レイカーズ負けちゃったけど、見てて超面白かった。やっぱりなんだかんだコービーが不調なのでは。2戦目のジャッジの傾向からコービーもっと中に攻めてけばいいのにと思ったけど、言うは易し行うは難しと言いますからね。う~む。しかし、これでレイカーズ2連敗。過去60戦以上の歴史を持つNBAファイナルで、最初に2連敗して優勝したチームは3チームしかいないとか言ってたような気がするが…優勝確率5%じゃないっすかwww

頑張れレイカーズ!ホームで挽回。


LAKERS 0-2 CELTICS

2008.06.11 Wed l NBA l コメント (0) トラックバック (0) l top





SHE SAID / Jhon Spencer Blues Explosion


気づけばBlues Explosionが我がmixiミュージックでアーティストTOP10に入っていて我ながらビックリ。
アルバムこの1枚しかipodに入ってないんだけど、Jhon Spencerにすっかりはまってしまってます。
Uくんの影響ですね、完全にwwwいや、勝手に影響受けてるのは僕の方なのですがwwwサーセンwww
ベースないのに音に迫力があるところがカッコいいですな。
またUくんライブでやってくれないかな(´ー`)
2008.06.09 Mon l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top


KOKUBUNJI ONE



今日は昼過ぎに起きてアメリカ政治外交史のレポートをだらだら書いてから国分寺のライブハウスにじゅにちの彼女が出るというライブを見に行った。20時20分から地元でバイトだった為、7バンド中3バンドまでしか見れなかったんだけど、じゅにち彼女が3バンド目で助かった。しっかり見れましたよと。個人的に2バンド目のドラムを叩いてる女の子が凄いツボだったwwwいや笑い的な意味ではなく。ただ、終わってたばこ吸ってる姿見て若干萎えてしまいました。勝手に萌えて勝手に萎えてどうもすみません。あー、明日のバンド練の寝ブッチが怖いがまだレポートと格闘せねば…あぁ…練習もせねば…あぁ…月曜基礎マクロの中間だ…あぁ…オワタ。とがわさんまたアフター来て下さいよ(・∀・)!


2008.06.08 Sun l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top
NBAファイナル2008・第1戦



第1戦目はホームのセルティックスが勝利。
コービーが徹底マークにあって抑え込まれちゃいましたね。
途中ガーネットのシュートが全然入らなかったときはちょっと笑ってしまいましたけど(笑)。
ピアースが負傷してすぐに戻ってから連続で3P決めたのはカッコイイと思ったし、やっぱりあれが勝負を決めたんじゃないですかね。
あとはやっぱりセルティックスの方が完全にインサイド上ですね。
ちょっとレイカーズ不利な感漂ってますが、ここはコービーとフィルジャクソンを信じて第2戦に期待しよう。


LAKERS 0-1 CELTICS

2008.06.07 Sat l NBA l コメント (2) トラックバック (0) l top
KOBE.jpg


やばいっすね、レイカーズ対セルティックスですよ(≧∀≦)ウヒョー☆
第一戦は2限を犠牲にして第1クォーターの半分くらいまで見たんだけど超感動した!
なんたって、レイカーズ対セルヒックスですよ!(大事なことなので2回言いました)
ブルースウィリスとかマジックジョンソンも観戦に来てたけど、マジ観てぇ!生で観てぇ!
コービーかガーネットがファイナルMVP取れるならどっちが勝ってもいいけど、やっぱりレイカーズ頑張れ!


…ときに恥を忍んでmixiなんぞでこのブログの存在を暴露したはいいものの、結局コメントしてくれたの1人だけってどんだけwww
ワッティーとかるためんちょとか見てないのか!?そしてコメントくれないのか!?ぼくは悲しいです。
またYOU SUCKと飲もうって話したから、みんな一緒に飲もうぜよwww
2008.06.06 Fri l NBA l コメント (4) トラックバック (0) l top



TITLE.jpg


TITLE / ストレイテナー



夜の11時半にTSUTAYAでCDとDVD借りて1週間利用しないとか、そりゃ店員も戸惑いますわな。
あー、何でAerosmithが1枚も置いてないんだ!?がばいこっちゃ。今度TSUTAYAの半額セールがあったらCD50枚くらい借りようと思ってます。てか借りたいCD多すぎて記録付けておかないと忘れそうだ。そのうちブログにUPするかも。早くやらないかな~。

2008.06.04 Wed l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top


ナカムラ
@ナカムラ


ナカムラのように自由に生きたい。
ただぼくは、ナカムラのように自由に生きたいと思うのです。
ナカムラは、最近、ぼくの前に姿を現さない。
なぜだろう。
あぁ、ただナカムラ…。

2008.06.03 Tue l ナカムラさん日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top



5月は去年の8月から現在に至るまでのワースト記録、月間7作品でしたが内容は充実してました。


『沈黙の追撃』
『ニューシネマパラダイス』
『ホットショット』
『コーラス』
『クレイマークレイマー』
『ハンニバル』
『レッドドラゴン』



『沈黙の追撃』


沈黙の追撃



沈黙シリーズに手を出してしまいました。案の定面白くなかったです。スティーブン・セガールはB級的なイメージがあるので仕方ないです。機会があるまで沈黙シリーズは見ないでしょう…少なくとも自発的に見ることはないかと(笑)。



『ニューシネマパラダイス』


ニュー・シネマ・パラダイス



最高です。今まで見てきた映画の中で5本の指には入ります。『ライフ・イズ・ビューティフル』といい、このニューシネマパラダイスといい、どうもイタリア映画は序盤につまらなそうな雰囲気を出していつの間にか物語にのめり込ませて最終的に泣かせるのがセオリーのようですね。しかし、本当に良かった。映画を通じたアルフレットとトトの年の離れた2人の友情は、親子の愛に匹敵するようで、それを表現する辺りがこの映画のすごさだと思います。本当に感動しました。180分なのに2回見たのですが、何回でも観たい映画。この映画に出会えて良かったと思えた作品です。べた褒めです。



『ホットショット』


ホット・ショット



パロディ映画ですね。すみません、全部観てないんです。途中でよく分からなくなって投げ出しました。じっくり観たら面白いのかもしれないけど、、、別にって感じ(笑)。



『コーラス』


コーラス



フランス映画は新鮮でした、あまり観てない気がするので。良いと思います。ストーリーは普通なんですけどね。描写が良かった。あの雰囲気はフランス人特有なのかな・・・やっぱりアメリカの映画とは微妙な違いがありますね。



『クレイマークレイマー』


クレイマー、クレイマー



これも良かった!何が良いってダスティン・ホフマンかっこ良すぎ!ストーリーは、家族を顧みないで働きまくる夫に嫌気がさした奥さんが子供を置いて家を飛び出し、残されたダスティン・ホフマンが不器用に息子を育てようとする中で息子への愛情を徐々に芽生えさせる。ところがある日、奥さんが息子を返してほしいと言い出し、子供の養育権をめぐって裁判を起こすっていう。観てて思ったんだけど、なんか「僕と彼女と彼女の生きる道」みたいなそんなドラマに酷似してません?っていう。あれ、まんまぱくりじゃねーか!まぁそういう話はクレイマークレイマーが先駆けっていう証拠もないけどね。ただ、ダスティン・ホフマンがカッコイイんだ。渋いとかそういうんじゃなくてね。父親ダスティン・ホフマンとしてかっこ良かった。あと終わり方が変わってますね。賛否両論ありそうな終わり方ですが、ぼくは結構好きです、むしろ結局寄りが戻るみたいな結末より遥かにいいです。



『ハンニバル』


ハンニバル



打って変ってレクター博士シリーズ。『羊たちの沈黙』『ハンニバル・ライジング』は観たことあったんで、この機に一気に観ようと思って借りてみた。う~ん、どうだろう、まぁまぁ面白いかな・・・。とにかくグロいシーンがあるので苦手な人はやめた方がいいです。自分の脳みそ食わされたりとか・・・おっと。まぁでもレクター博士シリーズの中では多分一番面白くないですね。終わり方もイマイチ。




『レッドドラゴン』


レッド・ドラゴン



時系列的にレクター博士シリーズの一番最初。公開されたのは多分一番後だと思うけど。これは普通に面白かったです。主人公とレクターと連続殺人犯の3人を軸にした構成がよく出来てると思う。というわけで僕の中で順位をつけるなら、『羊たちの沈黙』≧『レッド・ドラゴン』>『ハンニバル・ライジング』>『ハンニバル』ですね。



以上、5月号でした。6月も数見れなそうだけど、良作を観たいですね。


2008.06.01 Sun l 映画特集 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。