上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


内定先の会社でTOEICを受けてきました。

1年ぶりくらいで

大した勉強もせず臨んだので

結果は壊滅的かもしれませんが

リスニングは前より聴き取れたと

信じている(笑)



大統領演説です。

Speechの仕方も勉強になります。






オバマ大統領就任演説(英語音声・日本語字幕)1/3





オバマ大統領就任演説(英語音声・日本語字幕)2/3





オバマ大統領就任演説(英語音声・日本語字幕)3/3





オバマ勝利演説 1/4(日本語字幕付)





オバマ勝利演説 2/4(日本語字幕付)





オバマ勝利演説 3/4(日本語字幕付)





オバマ勝利演説 4/4(日本語字幕付)





ケネディ大統領 就任演説(字幕訳版)1/2





ケネディ大統領 就任演説(字幕訳版)2/2


スポンサーサイト
2010.07.30 Fri l Learning l コメント (0) トラックバック (0) l top


Like a rolling stoneというブログが面白い!

著者は三菱商事を半年で辞めてベンチャー企業で働いている方なんですが

ぼくと同じ歳の頃の記事を読んでも

考え方や知識が圧倒的。

インプットもすごいしてるし

アウトプットも理路整然としてる。

何より行動力もある。

この方みたいな人が同期にいると思うと

不安で仕方ありません(汗)。


学生時代のブログを読んで

「この人はすごいなぁ、かなわないなぁ」

と思ったと言えば

Creative Life

著者はいまマッキンゼーにいる方だけど

とにかく凄いとしか言いようがない。

実は、ぼくが就活を始めた大学3年の6月頃に

慶應生を対象にした就活イベントの席で

一度だけお話させてもらったことがある(当然、向こうは覚えてないだろうけど)。

オーラが違うというか

雰囲気が普通の学生とは違うなと思ったのを覚えてる。



とにかく凄いと思えるような学生は

インプットも行動力も半端じゃない。

そして、常に世の中にでっかい問題意識を持ってる。



商社やコンサルを目指してる就活生は

上の二つのブログを読んで刺激を受けて欲しい!



就活への意識が高い(笑)フォーソンの3年生は

自堕落ログ

の著者であるビジネスマンに

一度お話を聞かせてもらうのもお勧めです。
2010.07.28 Wed l Learning l コメント (0) トラックバック (0) l top


暑いですね・・・

テスト期間も関係なく、毎日ダラダラ過ごしてる自分に嫌悪感しか抱かないわけですが

夏のうちにやりたいことを考えてみます。

その前に、既にやることが決まってることが2つほど。


まず、語学研修に1ヶ月ほど行く予定です!

いま調整中ですが、予定通り進めば

8月22日~9月19日の1ヶ月間

イギリスでみっちり英語に揉まれてきます。


次に、ゼミ合宿。

9月26~28日の2泊3日です。

21日までに卒論を再提出しなければならないので

語学研修に行く前は卒論に追われそうです。

いまは〝Journal of International Economics〟という論文に掲載されているFDI関連の論文を読んでいるのですが
(因みに、大学の図書館のPCで本検索すると、この論文集が電子ソースでダウンロードできて、タダで読み放題です)

英語ばかりで読む気が起きない・・・。

しかも、Experimental Analysis ばかりでつまらない・・・。

Model Analysis の論文誰か教えて下さい!


上の二つの制約条件があるとはいえ、他にも色々やりたいジャマイカ!


1.屋久島に杉の木を見に行く

2.岩手で椀子そばを食べる

3.死ぬほど綺麗な星空を見る

4.京都、寺巡り

5.四国で讃岐うどんを食べる


国内でやりたいのはこんなところかな~。

誰か一緒にやらない!?

とりあえず、らさんが運転して連れて行ってくれることを期待してます(笑)


あ、そうそう、SNICKERSの「ニケツロデオ」という企画に高校の友達と応募していて

インターネット投票でなんと9位になって

本選出場が決まったのですが(笑)

ぼくは語学研修の関係で辞退することにしました・・・。

メンバーには申し訳ないのですが

ぼくの分まで頑張って欲しい(20チーム中、1位は賞金50万円)!

スニッカーズ主催「ニケツロデオグランプリ」エントリーチーム

ぜひ、みなさんも『パイゲーツ・オブ・カリビアン』を応援してあげて下さい!!笑


とりあえず、夏休み一緒に遊んでくれる心優しい人は声かけて下さいね!!
2010.07.27 Tue l そして普通日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top


英語出来ないので半分くらいしか理解できませんが

スピーチだとゆっくりはっきり喋ってくれるので

ちょうどいいリスニングの練習になります。

まだ視聴していないのもありますが

いくつか載せてみます(ビジネス系がメイン)




Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ(1)




Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ(2)




スティーブジョブズによるiPodプレゼン(2001)




Apple Music Special Event 2005-The iPod Nano Introduction




iPhone を発表するスティーブ・ジョブス




大前研一カナダ講演

いいとこで消えてる・・・。





Bill Gates Speech at Harvard (part 1)




Bill Gates Speech at Harvard (part 2)




Bill Gates Speech at Harvard (part 3)




Steve Jobs and Bill Gates Together: Part 1

Part10まであるので続きはリンクで。



オバマとかも観てみよう~。



2010.07.26 Mon l Learning l コメント (0) トラックバック (0) l top


フェルマーの最終定理とは

「3 以上の自然数 n について、x^n + y^n = z^n となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせは存在しない」

という定理です。

御存知の方も多いと思いますが。

この定理、17世紀にフェルマーというフランス人が

「この定理に関して、私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる」

と書いて以来、色んな数学者がチャレンジしたにも関わらず、誰一人として証明することはできませんでした。

結局、最終的な証明がなされたのは、フェルマーの書き残しから360年後の1994年。

アンドリュー・ワイルズという、イギリス人数学者によって証明されました。


この定理の証明は、時系列的に

1.個別研究
2.近代的アプローチ
3.最終解決

という段階を経ます。


1.個別研究

n=4はフェルマーが、n=3はオイラーが、n=5はソフィ・ジェルマンが、n=7はラメが

それぞれ証明します。

その後、クンマーが理想数の理論を用いて100までのすべての素数について証明します。

因みに、ある素数を証明した場合、その素数を約数にもつ数はすべて証明したことになります。


2.近代的アプローチ

ポアンカレ(1854~1912)によって、複素数平面上の関数の研究からモジューラ形式が提案されます。

もうこの辺からよく分かりませんね(笑)。

モーデルによってフェルマー方程式 x^n + y^n = z^n が整数解をもつならば(つまりフェルマー予想が誤りならば)その解の個数は本質的に有限個しかないことが証明されます。

この「有限個」が「実は 0 個」であることが示されればフェルマー予想は証明できたことになるが、この方向からの絞込みには行き詰まりが指摘されていますが、ともあれ、この時点でフェルマー予想が「ほとんど全ての場合について正しい」ことが判明したと言うことはできたことになります。

そしてフライ・セール予想。

1.まず、フェルマー予想が偽である(フェルマー方程式が自然数解をもつ)と仮定する。
2.この自然数解からは、モジュラーでない楕円曲線を作ることができる。
3.谷山・志村予想が正しいならば、モジュラーでない楕円曲線は存在しない。
4.矛盾が導かれたので、当初の仮定が誤っていることとなる。
5.したがって、フェルマー予想は真である。(背理法)

因みに、谷山・志村予想とは「すべての楕円曲線はモジュラーである」というものです。


3.最終解決

谷山・志村予想を証明すれば、フェルマーの最終定理を証明することになります。

そこで、アンドリュー・ワイルズがこの証明に取り組み、1993年6月21日~23日、ケンブリッジ大学で特別講義を行い、そこで証明を披露します。



いや~、めちゃくちゃドラマチックですよね!!

フェルマーの最終定理のすごいところは、中学生でも理解できるレベルの定理で、証明に360年もかかったことです。

そして、その証明に日本人数学者もかなり貢献しています。

しかし、フェルマーが思いついた証明はどんなものだったかが気になります・・・。
2010.07.25 Sun l Learning l コメント (0) トラックバック (0) l top

月曜日に夏学期のゼミが終了しました。

3年生も含めたゼミテンの前でプレゼンしたのですが

結構頑張って作ったパワポもむなしく

コメント担当決めの際には3年生から圧倒的な不支持を得ました(汗)。

え~!みんなFDI興味ないのかよ~!

自分が3年だったら絶対FDI選ぶのにな。

理由を聞きたかったけど

一つの情報筋によると

何やら難しそうで嫌だ

そうで・・・

いやいや、誰でも他人の論文は難しいから!

というか、そこは一番難しそうなの選ぶべきだと個人的には思うんだけどなぁ。


その後のコンパは、3年が荒れていたけど、僕はまったり4年や院生と飲んだりしてました。

もう少し3年と絡めば良かったなぁと思ったけど、合宿までの楽しみにしておこう。

コンパの席で、院生のゼミを見てみたいと言ってみたところ

お許しが出たので、翌日2限と4限に院生のゼミに参加してきました。


いやぁ~、やっぱり院生はすごいなー。

レジュメもパワポも論文も

全部英語で作ってる時点で

it surpasses my understanding.

分量も多いし、それを週に1度90分の授業の為に用意しなければならないんだから

毎日深夜までマーキュリータワーにこもっている理由が分かった気がします。


IntroductionできちんとConclusionを示す

Modelの説明にはintuitionな理解も必要(もちろん解析的な理解はIndispensability)

Another precedent surveyも聞かれたら答えられるようにする


色々参考になりました。

かつ、プレゼンの分かりやすさも見習いたいと思いました。

もちろん内容は難しくて理解出来ないんだけど

いたずらに難しい言葉に逃げず

直感的な理解の説明も含め

人に理解してもらうことが一番大事なんだなと感じました。


自分の卒論に関しては9月終わりのゼミ合宿までに進めなければならないのだけど

参考にしようとしている先行研究のモデルが

上級ミクロレベルで全然理解出来ない・・・。


図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13



2010.07.21 Wed l ゼミ関連 l コメント (2) トラックバック (0) l top


社会を読み解く数学

社会を読み解く数学 / 松原 望


数学関係の本、第二弾。

古本屋でたまたま見つけた本なのだけど、これがまた面白い。

どちらかというと、数学というより、数学的な考え方を用いて、政治、哲学、文学といったものを分析してみるというアプローチで、とても面白い。

多数決が本当に民主主義的かという話や、論理的思考がプラトンの時代から本質的に変化していないということなどなど、もう「そうなんだー!」という驚きでいっぱいです。

数学って、とてつもない天才がとんでもない発見をするという神秘的なところがいいよね。

本当に、数学は魔力。
2010.07.19 Mon l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top
数学の秘密の本棚

数学の秘密の本棚 / イアン・スチュアート


実は僕は昔から算数とか数学が大好きでした。

どの教科よりも数学が得意だったし、数学こそ至高の学問だと思ってました。

なぜ文系に進んだかといえば、理系に行けば自分より数学が出来る人ばかりで、それが哀しいという理由だったりもしました(理由の一部ですが)。

超ヒモ理論、カオス理論、楕円方程式、モジュラー形式、、、

さすがに内容は全然分からないけど

こんな単語を聞くとなんだかわくわくしてしまいます(笑)。

「ラングトンのアリ」とか「フィボナッチ数列」とか、すごく興味深かった。

やっぱり数学は面白い。
2010.07.19 Mon l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

カレー
米で仕切りを作り、ロイホのカレーと唐揚げをトッピングしたもの、うまし。


懐かしの2男1女会ならぬ、4男3女会のようなものがあったり

その後地球を防衛したり、またエクセに行ったり

髪を切ったり

大学の内定者と1年目の先輩たちと飲んだり

その後目黒で徹夜でDVD鑑賞したり

塾講時代の友人と1年ぶりぐらいに飲んだり

してました、最近暑いですね。


内定者飲みですが、大学のカラーもあって、めちゃくちゃ飲まされるみたいなことはありませんでした。

よかった(笑)

先輩方は、やっぱりみんな話が面白いなぁと感心してしまいました。

ゼミの先輩は相変わらずお綺麗で何よりでした。

体育会でもなく、英語も出来ない私は、「ジャケットが似合う」という理由でジャケット採用ということになりました。

そうそう、研修中に英語のクラスがあるらしいんですが、A~Gまであって、A~DくらいまではTOEIC900以上らしい(Aはみんな満点らしい)。

800取っても平均以下…700以上取ってもGらしい。

I know that fact, I began to study English.


塾講時代の友達とは1年ぶりくらいに会ったんだけど

東大の人は日本郵船に行くらしい。

本社、隣どうし(笑)。

その人のサークルからも商事が2人いたり、経産省と外務省と日銀がいるらしい。

やっぱり東大ってすごいんだなぁ。


さて、明日はゼミで再び卒論のプレゼンをせねばなりませんが

今回は何故か3年生もいるので

実は勉強が出来ないことがバレないように

頑張ろうと思います。

あ、明日も飲みか。

肝臓が心配になってきた。

あ、明後日も飲みだった。

・・・。
2010.07.18 Sun l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

かっこよさとは



誠意をもつこと

自分のこと以上に他人のことを考えられること

明るいこと



だと今のぼくは思う


そして今の自分には程遠いなと思う


自分の損得しか考えなかったり

いろんなことをないがしろにしたり

少し適当な方がかっこいいと勘違いしたり

良い部分ばかり人に見せようとしたり

逆に悪い部分を必死に隠そうとしたり

本音を言えなかったり

建前で話をしたり


そんなことを後で振り返って

だめだなぁと思う



だんだん、そういうことを考える余裕がなくなっていくんじゃないかと思う

仕事に追われ、生活に追われ、人生に追われ

本当に大切なことは何か

忘れていってしまうんじゃないか

もちろん、そうじゃないかもしれない

けれど、忘れずに文章に残しておきたい



大事なのはかっこいいと思われることじゃなくて

自分がかっこいいと思う人間になることじゃないかな

ぼくはそう思う
2010.07.15 Thu l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top


振り返れば今週は飲んでばかりでした。

月曜はゼミの後にいつも通り飲み、水曜は誕生日で図々しく自ら頼んで狩野宅飲み(笑)、金曜は高校の友達と久しぶりに飲み、土曜はプチゼミOB会で飲み&カラオケ。

やっぱり店は高いし、安い宅飲みが良いな(寝れるから)。

そうそう、ぼくは酔うと寝てしまうんですが、何でみんな起こそうとするんですか?

いや、普通に起こすならいいけど、顔ぶつのやめません?(笑)

飲みの席で寝ることってそんな大罪なんですかね・・・。


それはさておき、今週は就活の話をするために2人の知り合いに会いました。

1人は同じクラスの友達で、商社の夏採用を受けるとのこと。

何の予定もなかった誕生日に会ったのですが、気を効かせて誕生日プレゼントを用意してくれたのが嬉しかった(笑)

もう1人はインターン繋がりで知り合った方で、一年間の留学から帰国して来年就活する予定で、その前に夏の商社のインターンに応募するとのことでした。

正直、有益な話が出来た自信は全くなく、むしろ、話を聞いてるこっちが色々と刺激を受けてました。

2人には、ぼくの話が物足りなく感じたかもしれません。何だか申し訳がないです。


2人とも自分の経験を基に構築した自分なりの意見を持っている方々だったので、きっと上手くいくと思ってます。

ぼくよりも世の中に対して問題意識を持っていて、「こういうことがしたい」という想いを持っていたので、見習わねばなと思いました。

あ、そうそう、全然関係ないけど、去年散々「意識が高い」といじってきた後輩たちが当時のぼくより意識が高いというのはどういうことなのかね。

いじってもいいのかな?(笑)

2010.07.11 Sun l 就活 l コメント (1) トラックバック (0) l top

日本経済復活 一番かんたんな方法

日本経済復活 一番かんたんな方法 / 勝間 和代, 宮崎 哲弥, 飯田 泰之


意外に(と言うと失礼かもしれませんが)勉強になった本。

ぼくがゼミで専攻している国際経済学(特に貿易論)はミクロ経済をベースにしているので、こういうマクロ経済学的な話はそこまで詳しくないので(ミクロもあまり詳しくないが)、非常に面白い。

スタンスとして、昨今の不況の根源を「デフレ」と断定している所が潔くて良いです。

そして、マクロ的に見て国がすべき政策は3つ。

1.経済成長
2.安定化
3.再分配

これらは市場原理では上手く機能しない故に経済政策として必要である。

金融政策の元締めは日銀なので、日銀のエリートにこうした金融政策に注力してもらいたいが、マスコミによる世論や政治的な問題も相まってなかなか上手く機能しない。

そこで、本書で提案していることは、国民の金融リテラシーを向上させ、デフレの危機感を実感して政治家を煽ってでもデフレ脱却の政策をとるべきであるということ。

ざっくり要約するとこんな感じでしょうか。

勝間さん、宮崎さん、飯田さんの3人の議論形式でなされていますが、割と勝間色が強い印象を受けました。

経済学者の飯田さんが最も信憑性のあるアカデミックな議論をしているし、宮崎さんはとにかく博識すぎるところもなかなか面白い。

ただ現状をデフレとしている前提は、「裏読み日本経済」と相反するもので興味深い。

まぁ、実際デフレだと思いますが・・・。
2010.07.08 Thu l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 / 小松易


父親が中国に戻る前にさり気なく渡してきた本。

おそらく、ぼくの部屋があまりに汚くて嫌気をさしたと思われる(笑)。

1時間くらいで読めそうだったのと

実は今日誕生日なので、1年の区切りをつける意味でも「かたをつける」=「片づけ」の意識を持つべく

読んでみました。


内容的には

1.整理整頓がいかに大事か
⇒①気付き→本当に大切なものは何か、②効率化→時間、モノ、機会の損失を防ぐ

2.How to
⇒一気にやろうとしない(1日1分から)、整理=減らす、整頓=配置、片づけの基本は出す→分ける→減らす→しまう

3.習慣化するには
⇒21日間続ける

を繰り返し述べてます。


基本的にぼくの部屋は本が散乱しています。

つまり、部屋が散らかっている要因の一つは本にあると言えます。

そんな本がまた一つ増えたことをどう捉えるかは

この本を読んだぼく自身によるのです(謎)。
2010.07.07 Wed l 書評 l コメント (2) トラックバック (0) l top


戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する

戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する / 梶井 厚志


「ミクロ経済学-戦略的アプローチ」の著者である、梶井厚志氏の新書。

確か、ぼくが1年生の冬学期の「経済学入門」の教科書(か参考図書)に指定されていたはず。

大学に入ってから全く勉強してなかったぼくは、夏学期に「経済学入門」を前日の夜に勉強してギリギリの評価で単位を貰って喜んでいたが、冬に再履している友達がこの本を読んでたのを見ていつか読んでみようと思ったものである(もう3年前!)

内容的には、ゲーム理論の本でありながら「囚人のジレンマ」という単語も出てこないほど、アカデミックさよりも経済学を学んでない人にとっての読みやすさを重視した印象を受ける。

それでいて、経済学専攻の学生でも色んな発見のある一冊です。




第1章

○戦略=自分が自分の自由意志のもとにとりうる行動を、その将来にわたる予定を含めて記述したもの

○戦略分類の確定⇒戦略集合の確定⇒相手の戦略の確定⇒戦略集合の操作/相手の選択⇒戦略の組み合わせに対応する利益を考察⇒戦略の選択

第2章

○自分が受けとる利益は、自分の戦略行動のみならず他人の戦略行動にも依存することを認識し、自分と相手の戦略の組み合わせを評価する

○戦略的関係にある主体が、お互いの情報の構造を把握することが重要

第3章

○リスク⇒2つに分けられる。1.環境リスク、2.戦略的不確実性

第4章

○経済問題におけるインセンティブ⇒1.価格・金銭、2.法律・制度、3.宗教・習慣

第5章

○コミットメント⇒有効→予約、自転車と対向車、意中の女性に対する携帯メモリ消去。逆効果→じゃんけん、野球のピッチャー

○特許制度⇒開発した製品の独占を生む反競争的な制度に見えるが、将来の独占利益を保証する開発へのインセンティブ

第6章

○ロック・イン=スイッチングコストを利用して相手の行動を自分に有利になるような行動から変えられなくしてしまう戦略(Ex.携帯の学割、マックのOS)。偶然のロック・イン⇒JRの線路幅、PCのキーボードなど

第7章

○シグナリング=戦略的に相手にシグナルを送り、それによって自分の立場をより好ましいものにしようとする戦略的行動の効果(Ex.返品)⇒シグナルを使って自分のコミットメントの信頼を高める

○返品制度の趣旨に反して使用した製品の返品があっても返品に応じるって⇒品質の信頼感を高める戦略的なシグナリング

第8章

○スクリーニング=状態をもっていない主体が状態をもっている主体の属性あるいは行動へのコミットメントを探る(⇔シグナリング)Ex.誕生日を知らせる、早朝の講義

○逆選択=意図しない、あるいは意図に反するスクリーニング(Ex.保険)

第9章

○モラル・ハザード=相手の好みや性質がわかっていても、相手の行動が観察できないために生じる問題(道徳や倫理の問題にすり替えない、経済問題としてのモラル・ハザード)Ex.ジョー・ディマジオが心配のあまり妻のマリリン・モンローの映画撮影にしつこく行っていたこと

○(善悪は別として)ある種、天下りは公務員の数少ない成果主義の報酬(無駄を省くインセンティブの弱い公務員のモラル・ハザード防止)

第10章

○価格競争のコミットメント(ファーストフード、ガソリン)、規制の先読み⇒石油、JR

第11章

○オークションの戦略的構造⇒自分にとっての価値を知る
2010.07.06 Tue l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top



今日はぼくにとっての(記念すべき)一回目の卒論報告発表を行いました。

テーマは仮ですが、『直接投資における企業経営と経済運営の比較』ということにしています。

「経営学と経済学ってどう違うの?」

という問題意識を基に直接投資について考察してみようと。

まだ完全にレポート状態なのですが(汗)

一週間後に改訂版を提出しなければならないので、今週も卒論に追われそうです。

残りの学生生活、バイトで終えるのは個人的に嫌なので、代わりに真面目に経済学の勉強をしたいと思ってます。その最も大きなインセンティブを持つ卒論はちゃんと取り組みたい。

あ、せっかくなので、今日の発表のパワポを載せてみます。

情報詰め込み過ぎですごい見づらいパワポなので、次からはもう少し見やすいパワポ作りも課題にします(汗)

(以下、大学で経済学を学ぶのが4年目とは思えない稚拙なパワポを晒します・・・)


図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12


2010.07.05 Mon l ゼミ関連 l コメント (0) トラックバック (1) l top

6月は珍しく邦画を観ました。
前半4作は素晴らしく面白かったです。


天使と悪魔
パッチアダムス
Mr.&Mrs.スミス
沈まぬ太陽
ギルティ
ハゲタカ
渋谷会談
渋谷会談2
エボリューション


天使と悪魔

『天使と悪魔』

「ダヴィンチ・コード」のトム・ハンクス演じるロバート・ラングドン教授の小説を基にした映画。
今回はガリレオ・ガリレイの時代からの科学と宗教の対立をテーマにしていて、それはすごく面白いと思った。
映画的には「ダヴィンチ・コード」の方が面白いと思ったけど、「天使と悪魔」も同様に想像のつかない展開が待っているので、見て損はないです!


パッチ・アダムス

『パッチ・アダムス』

最高の映画。
こんなに人生観に影響を与える映画はないでしょう。
実在の医師パッチ・アダムスをロビン・ウィリアムズが演じた伝記映画です。

〝学生時代から、金儲け優先の医療のあり方に疑問を持ち、愛とユーモアを根底において、人に優しい医療を目指す。1971年に医学部を卒業すると、ウェストバージニア州のポカホンタスに、自分の目指す医療のできる、しかも無料で医療サービスの受けられる病院「ゲズントハイト・インスティテュート」(お達者で病院、die Gesundheitは、ドイツ語で誰かが突然くしゃみをした時に、そばにいる人がいう台詞で、「大丈夫?」「気をつけて」「お大事に」といったニュアンスの言葉である)を設立。12年間そこで無料の診療活動を行った。〟

この映画を観て思ったのは

「笑いや明るさが人を幸せにする」

「それを人に与える」

「そして、それに見返りを求めない」

ことがいかに大事かということです。
当たり前のことかもしれないけど、明るい人生の素晴らしさが詰まった作品です。

主演のロビン・ウィリアムズ何かで見たことがあったなぁと思ったら、「レナードの朝」でも医師役を演じていたんですね。
こんなに医師の役が合う役者はそういないでしょう。
「レナードの朝」も良い映画です。


Mr.Mrs.スミス

『Mr.&Mrs.スミス』

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが主演の映画。
これも面白かった。
思うに、アクション映画は設定が大事。
迫力はお金さえあればいくらでも出せるけど、それだけで面白くなるわけじゃないところにアクション映画の奥深さがあると思う。
設定(キャラクター、ストーリーetc)の面白さにアクションの迫力が噛みあった時に見応えのある良作が生まれるんじゃないかな。
この映画はそういう意味で文句ナシの作品!


沈まぬ太陽

『沈まぬ太陽』

山崎豊子原作の本作品。
原作で読みたいと思ってはいたんですが、分量がちょっと多いので映画を観てみました。
個人的には「不毛地帯」の方がストーリー的に面白いと思ったけど、主人公の恩地さんはカッコイイ。
やっぱり実在したモデルの方がいるようで、今はアフリカ研究家になっているようです。
金や権力に囚われず、会社のため、世の中のため、信念を貫くことの難しさ、大切さ、そしてかっこ良さを感じられます。


ギルティ

『ギルティ』

ドイツ映画ですね。
「SAW」とか「CUBE」とか「レクター博士シリーズ」的なものを期待していたのですが、どちらかというとサスペンス的な要素が大きい。
まぁ、観ても観なくても笑


ハゲタカ

『ハゲタカ』

原作も読んでないし、ドラマも見ておらず、映画で初めて観ました、「ハゲタカ」。
勉強不足なので、「敵対買収なんて資本がある方が勝つんじゃないの?」くらいにしか思ってなかったのですが、その資金調達の面で投資銀行の人の能力が発揮されるということを知りました(笑)
作品の中で「情報戦が大事」ということを言ってましたが、ブルーウォールの資金調達ルートを割り出すのに時間がかかってるところが気になりました、そんなに割り出すの大変なんですか。
あとは、玉山鉄二が結局誰なのか分からなかったのが謎(笑)、(色んな意味で)そんなわけあるかい!

主人公の鷲津さんは凄いなぁとは思いますが、特に憧れませんでした。
まぁ、フィクションの人物に憧れるも何もありませんが、ぼくにはやっぱり投資銀行・・・というか金融は向かないのかもしれません。


渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説

『渋谷怪談』

水川あさみが可愛いから観た(笑)
邦画で洋画に勝てるジャンルはアニメとホラーだけという持論を持っているのですが、やっぱりそんじょそこらの洋画のホラーよりは面白い。
けど、こういう類のホラー映画なら個人的には「怪談新耳袋」がオススメです。
シュールで独特な世界観は見事としか言えない。
まぁ、「呪怨」とか「リング」も面白いけどね・・・。


渋谷怪談2

『渋谷怪談2』

続編。
結論から言うと、やっぱり最初の作品はなかなか越えられんですよね。
終わり方はこっちの方が良いかも。


エボリューション

『エボリューション』

ロゴを観ても分かる通り、「ゴースト・バスターズ」のパロディ。
途中までそこそこ面白いんだけど、後半から失速した印象。

2010.07.04 Sun l 映画特集 l コメント (2) トラックバック (0) l top






今日はサークルの夏合宿部会でした。

ぼくは部会には参加したのですが、結局合宿には参加しないことにしました。

狩野英孝とかYUIとかVillagePeopleとか謎のブラックメタルとか、色々声をかけて頂いて有難かったのですが、断ってしまって申し訳ありませんでした。

正直行けばよかったかな~という想いもあるのですが、合宿代にと思ってた金がなくなったのと、夏休みにどうしてもしたいことが他にあるのでなくなく諦めました。

どうしてもやりたいこと・・・に関しては、まだ殆ど着手してないのでどうなるか分かりませんが、追々報告したいと思います。

合宿みんな楽しんできてね~。

あ、でも夏休み楽しいこと色々やろう~!

海行ってナンパするもよし(某と○ちゃんのように)、山行くもよし(思いつきで富士山登って救難信号)、川行ってBBQするもよし(釣りしたい)、もう、楽しもう(・∀・)!!!!

時系列を昨日の合宿部会に戻すと、その後はポポラマーマで飯食って、みんなと別れて一人マックで本を読んでいたところ

らさんから飯食おうという連絡が来たので2人でガストに行くことに。

そしたら、らさんの友人の女性が来て、あ、はじめまして・・・じゃないけど、ほとんどはじめまして笑、な感じで

そうこうしているうちに、らさんは六本木へパブリックビューイングに向かい、その女性の方の友人が来て、あ、はじめまして・・・、な感じで3人で2時間くらい話してました(笑)

映画の話とか、家の話とか、合コンの話とか、いろいろしているうちにマイミクにまでなってもらい・・・

ラ・ネットワーク恐るべしwなんか知り合いが2人も増えてしまったw

その後は、いのうえ(FSC)の家で、「ドイツ-アルゼンチン」と「スペイン-パラグアイ」を観戦。

いやぁ、マジどっちも面白かった!!

ドイツ強すぎ!!!

これは「ウルグアイ-オランダ」も、「ドイツ-スペイン」も目が離せんなぁ!

よく考えたら、明け方の5時までみんなでサッカー見るなんて、社会人になったら中々出来ないよなぁ・・・。

そう考えると、すごく贅沢な時間を過ごしている気がした。

ありがとう、いのうえ(家を提供してくれて)!

あーカラオケしたい!
2010.07.04 Sun l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top

ゼミの仲間で6人で富士急に行ってきました!!

めっちゃ楽しかった!!

「ドドンパ」は1回、「ええじゃないか」は2回、「フジヤマ」には10回くらい乗りました(笑)


富士急1

車で国立から1時間ちょい!

富士急2

乗りつくしました。

富士急3

なぜかまた10段バーガー

富士急4

ええじゃないか

富士急5

心得

6富士急

帰りに河口湖に

富士急7

浅瀬にも魚がいっぱいいた!釣りしたい!

8富士急

めっちゃ静かで、ひぐらしとホトトギスの鳴く声しか聞こえない、本当にいい

9富士急

山梨名物のほうとう!めっちゃ美味かった!

10富士急

カエルを食べてる



あーたのしかった!!

久しぶりのジェットコースターも最高だったし

ドライブして自然を満喫するのも本当に最高だ

今度はどこに行こう!
2010.07.02 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ミクロ経済学 戦略的アプローチ

ミクロ経済学 戦略的アプローチ / 梶井 厚志, 松井 彰彦


2年前に受講した「基礎ミクロ経済学」という授業の指定図書。

ふざけたように見える外見ですが、れっきとしたミクロ経済学のテキストです。

経済学の勉強を基本的なところからやり直したいと思って読みました。

途中からゲーム理論が複雑になってわけわからなくなったので、そういう所は省きました。



3章

○規制緩和や自由化に伴う大きな変化は、新規参入者による競争の激化によってもたらされるのではなく、すでに大きなシェアをもつ企業の市場行動の変化であることがある(参入阻止行動、Ex.特石法廃止以降のガソリン市場)

○ゲーム理論的に考えると、臨機応変な政府よりルールに基づいて政策運営を行う政府の方が社会的に望ましい

4章

○余剰発生源⇒1.生産活動、2.交換、3.効率化

○最後通牒ゲーム、2段階交渉ゲーム、n段階交渉ゲーム

第5章

○情報⇒2つの面=1.情報の内容、2.情報の構造

○企業と労働者のシグナリング・ゲーム⇒労働者の能力が判別可能な場合→能力主義、判別が不可能な場合→企業の利得ダウン⇒資格というシグナリング

6章

○オークション⇒1.完全情報→独占価格付け、2.競売→お互いが支配戦略をとるナッシュ均衡、3.セカンド・プライス・オークション→自分の真の評価額が弱支配戦略

第7章

○純粋公共財⇒排除不可能かつ非競合的な財

第8章

○直接交渉の場合、交渉の組次第で総余剰を最大にしない可能性もある⇒総余剰が多ければいいのか?⇒理論的には再分配という仮定

第9章

○消費者余剰⇒お金の限界効用が一定という仮定の下で、消費者の満足度を計る指標として意味がある

第10章

○比較静学分析=外生的に与えられたパラメタの変化により対応する均衡と指標がどう変わるかを調べる手法

○結託→短期的には利潤↑→過剰参入→超過利潤ゼロ→高価格維持→消費者余剰低いまま⇒誰も得をしない。

第11章

○一物一価の法則(無裁定原則)=同じ投資機会はまったく同価値をもつ

第12章

○一般均衡分析=すべての市場での価格決定を同時に記述する分析法

○企業の利潤最大化行動=予想売上の現在価値が生産コストより高いときに生産を行う、消費者=将来の財の消費の現在価値がそれに必要な支払いの現在価値より大きければ貯蓄する

第14章

○エージェンシー問題=プリンシパルとエージェントとの目的の不一致から来る経済学的問題

○ホールド・アップ問題=一旦行われると元に戻すのが難しく、しかも相手の強さを増してしまうような投資に起こる⇒対策の一つは内部化

第15章

○進化論的ゲーム理論⇒個体が合理的に思考しなくても、社会全体を見ると意味のある結果を弾き出せる

○状態空間アプローチ=ありうる状態を列挙して、プレイヤーの知識構造を考えるアプローチ

2010.07.02 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、CDを10日間延滞して6000円払ったルルルです。

遥か昔に返却日を過ぎていたあのツ○ヤの入れ物を玄関で発見した時の切なさは筆舌に尽くし難いものがありました。

そして気を改たにまたレンタルするのでした。


GIRL FRIEND

GIRL FRIEND / Baseballbear

ベースボールベアーのミニアルバム。
スイーツなアルバムを借りてみようと思ってジャケ選。
2曲目が好き。


VAMPIRE.jpg

VAMPIRE / 9mm Parabellum Bullet

はじめて借りて聴いてみました。
なんか想像してたのと良い意味で違ってて良かったです!
わざと古い雰囲気を出してるところが新しいみたいな、そんな風に感じました。
そしてギターが意外にぴロぴロしてる。


K and his bike

K and his bike / the band apart

いやーシャレオツだなぁ。
これ聴いてるだけでもてるような気がしてくる(笑)。
かっこいいですね~みんながバンアパ好きって言う気持ちがよく分かります。


THE BEST COLLECTION

THE BEST COLLECTION / 久石譲

ジブリ好きを公言している私が何故今まで聴いていなかったのだろう。
いやもう良すぎる。
ただどのCD借りればいいかわからなくてとりあえずベスト借りてみた。
ジブリつながりで松任谷由美も聴きたくなる。


歌うたい15

歌うたい15 / 斎藤和義

ゼミテンがカラオケで「歩いて帰ろう」を歌ってて
あ、この曲、斎藤和義だったんだ!
と知って、借りてみた。
80年代くらいの歌謡曲って実は好きなんだけど(斎藤和義は93年デビュー)
そんな雰囲気も残ってて
懐かしい感じが
とてもいい。
2010.07.01 Thu l About Music l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。