上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


Today, I went to the National History Museum, and the Science Museum, and the Kensington Gardens.

Before going to there, I was lost because I tried taking another way to the station without a map.

I walked about 2 hours and took the bus.

So, I had been exhausted before arriving.

Both museums were interesting.

I listened to the "Beatles" on the bench in the Kensington Gardens which is a very large park.

I thought that listening to the "Beatles" was very luxury !

It is the special way to spend time in UK !

Tomorrow, I'm going to have to take some examination, so I'll prepare for that from now.

OK, See you tomorrow !
スポンサーサイト
2010.08.31 Tue l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top


Since I came to the UK, one week has passed !!

Today, I had not decided what to do, so I had slept until 8:30

After eating breakfast, I decided to go to the National Gallery.

In the UK, almost all of the famous museum is free and the National Gallery is not also exception.

The National Gallery has a lot of famous paintings which contain Gogh or Leonardo da Vinci or Pablo Picasso and so on.

It took more than two hours to look, but I couldn't look at everything in detail.

After that, I walked from there to St. James park through the Big Ben and Westminster Abbey(Actually, I wanted to enter and look, but the admission fee was very expensive, so I gave up).

St. James park is very very wonderful because it is very wide and large and there are many animals.

It was the first time I saw a real squirrel !!

I sat on a bench and read the book an hour or so.

I love that time very very much !!

After retirement, I want to spend my old age in that park.

In London, there are so many places to visit(ex. British Museum, National Gallery, Big Ben and so on), but I think my favorite place is the park.

Today also was good day.

See you tomorrow !
2010.08.30 Mon l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top


Today, I went to the Stonehenge which is stone architecture built at BC 3000.

Since I took part in the social program, I had to go to school by 8:15 this morning.

So, I went to school earlier than usual regard of holiday.

Anyway, the Stonehenge was very interesting to me!!

I wondered why ancient people built that.

According to one theory, it is thought that it was built for watching the star.

After that, we went to Salisbury which is a town like the Middle Ages.

The Salisbury Cathedral whose tower is the highest in the UK was very wonderful.

After watching the Salisbury Cathedral, I ate lunch at McDonald.

The McDonald's burger in the UK is just a little larger than Japan.

After eating lunch, I went to the bookstore and bought a book.

I want to finish reading the book until i come back to Japan (Maybe I'll not be able).

I came home at 6:30.

After eating dinner(usually papa cooking!), two daughter danced before me and their parent.

It was so cute!!

And then, I'm writing this diary now.

I've not decided yet what I'm doing tomorrow, but I want to go to the National Gallery.

See you tomorrow!
2010.08.29 Sun l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top


It was raining this morning, but I walked from home to school.

Today was the last class for some classmate.

I became friendly with some classmate, so I was very sad.

After class, I followed my friend and went to The Tower Bridge.

It was very famous bridge in the UK.

I was not interested with a bridge that much until I went there,

However, it attracted me because I thought how mysteriously the people could build like this!!

After that, we walked around, and looked for souvenir.

My friend bought something for her family, but I didn't because I still have a lot of chance to buy that.

I miss my classmate, but I want to enjoy my Wimbledon life!!
2010.08.28 Sat l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top


As usual, I woke up at around 5:00, and then I did my homework.

After that, I took a bath and I ate breakfast.

So, I left home at around 8:30, and I walked from my home to school.

I arrived at 9:10 and the class began at 9:15.

I took two classes before lunch and I ate Whopper burger at Burger King with my friends.

At 13:55, the class started again.

After school, I took part in the Korean Party that is leaving party for some friends.

Korean food was just a little expensive, but it tasted so good !!

After that, we went to the pub, and we drank.

We talked about the Japanese actress, but I was very surprised that one Korean knew a flavour of the mouth actress(I can't write her name here because of her working).

I got home at 23:00 and I am writing this diary.

From now I'm going to do my homework and prepare for tomorrow's test.
2010.08.27 Fri l Wimbledon life l コメント (2) トラックバック (0) l top


Today, after class, I went to the British Museum alone.

I could see the Rosetta Stone and other historical exhibitions.

I was impressed that I could see those without waiting.

I enjoyed very much !

See you tomorrow !
2010.08.25 Wed l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top


Today, after attending the class, I went to the Covent Garden with my friends.

It is famous for the "My Fair Lady" in which Audrey Hepburn served as starring.

There were many shops and we were looking at the goods.

In the plaza, two men did the show.

They did the juggle while they were riding their bike.

There were a lot of people watching that show and everyone enjoyed watching that.

I also was enjoying !

OK, see you tomorrow !


2010.08.24 Tue l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top


Today was first day for me in the school.

I left home at 7:00 and walked to the nearest station(Southfield) and took a ride to the train.

It took about 5 min from Southfield to Wimbledon.

At first, I got lost in Wimbledon, so I asked someone and was told the way to School.

At school, at first I took some examination(grammar, writing, speaking), and my classroom was found out.

There were 15 students in my classroom(4Japanese 5Korean 2Thailand 2Turkey 1Germany 1Swedish)

The class was interesting to me.

After class, I followed two friends and went to the Notting Hil and looked for something.

It was my first time when I went sightseeing, so it was very interesting!

After that, I went to the Kensington Gardens which is next to the Hyde Park.

It was very wide and large, so I was relaxed.

I was able to spend an enhanced day.

See you tomorrow!


2010.08.23 Mon l Wimbledon life l コメント (0) トラックバック (0) l top

UK is sooooo great !!!!!

How are you !?

I'm very fine !!

I arrived at Heathrow Airport the day before yesterday(22,Aug).

I was just a little nervous when I met host family at first, but I've became accustomed to the current life.

My host family is made up of four, mother, father, and two daughters(8 and 11).

The first day's evening, my host family's father cooked for me grilled chicken and salad.

Chicken was spicy, but I liked it!

After that, I gave them some present I brought from Japan(ex. cellphone strap, UCHIWA, and so on)

I hoped they liked it, and they looked glad.

After that, I went to bed because I was very tired by long long flight.

So...to be continued.
2010.08.22 Sun l Wimbledon life l コメント (2) トラックバック (0) l top


明後日出発するわけですが、最近はほとんど英語に触れてません(汗)

ちょっと洋画をみたくらい・・・、自業自得だが不安になってきた(笑)

一応、英会話本なるものを少しだけ(↓)読んでるんですが、何か持っていくのにオススメの本とかあれば教えて下さい!

起きてから寝るまで英語表現700

起きてから寝るまで英語表現700

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技



まだ行ってないからなんとも言えないわけだけど、とにかくこういう機会を惜しげもなく作ってくれた両親には感謝しなければ。

こんなどうしようもない息子で申し訳ないけど、もうしばらく人生勉強させて頂きます。

向こうに行っている間、出来たらこのブログは更新し続けたいと思います。

今頃インドかネパールにいるゼミテンのおがわには日本語で更新しろと言われたけど(笑)、勉強の為に出来たら英語で書きたいなぁ。
2010.08.20 Fri l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top


明後日から英国に行く関係で、早めの映画特集。
飛行機の中でウホウホ映画見るのが早くも楽しみである。

それはさておき、今月は5作。


『サマーウォーズ』
『私の中のあなた』
『ボストン ストッキングキラー -ボストン連続絞殺魔-』
『噂のモーガン夫妻』
『タクシードライバー』



サマーウォーズ

『サマーウォーズ』

6月に中国に行った際、飛行機の中で見ていたら、終わる前に空港に着くというハプニングのせいで全編見れなかったのですが(笑)、TVで放送していたので最後まで観ることが出来ました。

なんとも言い難いのですけどね、こういう作品は。

ぼくは『デジモンアドベンチャー』というアニメに小学生の頃はまっていましたが、その劇場版『ぼくらのウォーゲーム』に似ているなぁと思いました。てか、ぱくってるんじゃない?笑

色んなキャラクターが出てきて、色んな問題が発生して、解決する。

たとえば、原作でキャラクターや世界観の設定がある程度出来あがっている上で劇場版としての作品ならこれでいいと思うけど、2時間という限られた時間でいきなり詰め込まれた感があった。普通に「ネット世界の敵を倒す」みたいな設定なくしちゃえばいいんじゃないのかなぁ(笑)


私の中のあなた

『私の中のあなた』


「もしも自分が、不治の病の兄姉のドナーとして生まれてきたとしたら・・・」
主人公の少女はそうした現状に耐えられず、実の母親を訴える。
けれど、その訴えの裏には別の真実が隠されていた。

これも難しい。

良い映画だとは思うけど、何かモヤモヤしたものは残った。
最初は妹の目線で入るんだけど、だんだん姉の目線に移っていく。
だから、どちらにも感情移入出来てしまうわけだけど、最初の妹の感情が、本編の最後まで蔑にされて終わってしまったような印象。
むずかしいね。


ボストン ストッキングキラー -ボストン連続絞殺魔

『ボストン ストッキングキラー -ボストン連続絞殺魔』

ジャンルはホラーになっていますが、全然ホラーではないです。
この事件は1960年代に実際に起こった事件で、いまだに未解決らしい。
まぁ実際に未解決の事件だから当たり前だけど、「結局犯人誰なのよ」っていう感じの終わり方も悪くない。



噂のモーガン夫妻

『噂のモーガン夫妻』

ラブコメは何も考えずに気楽に見れてそこそこ楽しめるなぁと最近思い始めました。
最近、洋画を観るとき英語を聴きとろうとして作品に集中できなかったりするので、リスニングにはこの手の作品の方が合ってるのかもしれません。

しかし、ヒュー・グラントはいくつになってもかっこいいな。


タクシードライバー

『タクシードライバー』

アメリカン・ニューシネマの終焉と言われる作品。
まぁ、ニューシネマは殆ど観たことがないので偉そうなことは言えないのですが(そのニューシネマを終わらせた『ロッキー』や『スターウォーズ』は全作品観たけど笑)、個人的には結構面白かった。

ちょっと村上春樹の作品と同じような印象を受けた。
おそらく、現実の世界に抱く違和感を非現実的な手法で解決しようとする点だろうか。
ただ、村上春樹の作品の主人公は、大抵、現実の世界に違和感を感じていても「別にそれでも構わない」というスタンスで、しかも非現実的な世界も受動的で、ありのままに受け入れる、それが一番いい、という感じだが、この作品(そしてニューシネマの多くの作品)は、確固たる意志を持って(明確な理想があるわけではなく、とにかく現実に対する批判は明確であるという意味)体制に反抗し、その無力さを思い知らされる。
まぁ、こう言ってしまうとやっぱり全然違うのかもしれないけど、少なくとも『ロッキー』のようなニュー・アメリカン・ドリームと比べれば・・・ね(笑)

最後の方で流血シーンがあって、やけに鮮やかな色だったので「当時の技術力ってこんなに低いのかよ」と思ったら、R指定を避けるためにわざと人工っぽく加工してあるらしい。

BGMと若かりしロバート・デニーロの演技も良い。



2010.08.20 Fri l 映画特集 l コメント (2) トラックバック (0) l top

Spitz×VINTAGE ROCK presents 新木場サンセット 2010


かみひがしさんに誘って頂いて、急遽見に行きました!!

the pillows と スピッツ

どっちもスゲー良かった!!!

the pillowsは、これまた、かみひがしさんに誘って頂いて大学2年の時にコピーしたことがあって

その時に演奏した「バビロン天使の詩」と「FUNNY BUNNY」を今回のライブで見れて良かった!

特に「FUNNY BUNNY」 は名曲だと思う。

さわおさんかっこいいなぁ~、ギターもカッコ良かった~バンドやりたくなるなぁ(´д`)

スピッツは有名な曲しか知らないから半分くらいしか分からなかったけど、間近でまさむねさん見れて良かった(笑)

ここにきてライブに立て続けに行ったけど、やっぱりライブはいい!!

学生のうちに行けるだけ行きたいなぁ~。



<セットリスト>


【the pillows】

1.DANCE WITH GOD
2.YOUR ORDER
3.ターミナルヘブンズロック
4.I khow you
5バビロン天使の詩
6.MOVEMENT
7.FUNNY BUNNY
8.スケアクロウ
9.No Surrender
10.ハイブリッドレインボウ


【スピッツ】

1.夏の魔物
2.チェリー
3.放浪カモメはどこまでも
4.ビギナー
5.つぐみ
6.Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ YEN TOWN BAND(CHARA)のカバー
7.渚
8.トンガリ'95
9.けもの道

EN
10.I'm On Fire(44MAGNUMのカバー)
11.マーメイド
12.青い車
2010.08.18 Wed l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top


燃えよ剣〈上〉

燃えよ剣〈下〉

燃えよ剣 / 司馬遼太郎


正直、人生観が変わりました。

変わったというか、一層強まったというか。

・やはり、日本という国の為に生きたい。

・そして、信念を持って人生をまっとうしたい。

この2つ。

「不毛地帯」の壱岐正(伊藤忠の瀬島さんがモデル)に憧れ、この「燃えよ剣」の土方歳三に憧れたのも、この2つの点に集約されると思う。

昔から、父親に

「男の仕事は、何と言っても政治だ」

と言われてきましたが

その意味がなんとなく分かったような気がします。


僕もいつか、国政に関わりたい。


勿論ビジネスも人の生活や活動に貢献しているわけで、どちらが重要かは一概には言えない。

違いはスタンスの問題だと思う。

「何のためにするのか」

政治とビジネスの違いはそこにある。


民間企業に行くことに後悔はない。

大事なのは、「何をするか」じゃなくて、「どうするか」だと思うから。

ドラッカーも「したいこと」じゃなくて、「出来ること」をやれと言っていた。

その通りだと思う。

丹羽さんも伊藤忠が何をしている会社か知らずに入社し、会長になり、内閣政府経済財政諮問会議議員も務めた。


「何がしたいか」は、「何かをして」から言うべきだと僕は思う。

僕は民間企業に行くけれども、そこで何でもいいから必死こいて頑張って、周囲に認めてもらいたい。

そこで何かを頑張ったという自負を持って、「国の為に出来ることは何か」を考えて、行動したい。


自分の将来と照らし合わせ、そんなことを考えさせられた1冊です。
(本のレビューになってなくてスミマセン)
2010.08.15 Sun l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

最後の将軍―徳川慶喜

最後の将軍―徳川慶喜 / 司馬遼太郎


この本を読むまで知らなかったのだけど、徳川慶喜という将軍は家康以来の天才将軍だったらしい。
普通は世話人がやるようなことも、とにかく何でも慶喜の方が上手に出来たそうな。
あと、本家の血筋じゃないということも知らなかった。
分家の水戸藩出身で、一橋家を相続し、その後15代将軍になった。

非常に先見の明がある。
もともと、攘夷派の武士たちに絶大な人気を誇っていたけど、実は本人は開国派だった。
内政と外交の狭間の政治は本当に大変だ。
国内は攘夷派が勢力をつけている。
もはや、その勢いを制止して開国しようものなら幕府は倒されかねない。
が、攘夷を支持し、外国との条約を破棄すれば開戦は免れない。
しかも、軍事力の差は圧倒的。

司馬遼太郎は、そんな中で慶喜がとった戦略・行動を評価しています。
幕末はヒーローが多い。
多くの偉人が、それぞれの信念を持って、人生を生き抜いていた。
学ぶことは想像以上に多い。



2010.08.15 Sun l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top


さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白

さらば財務省 官僚すべてを敵にした男の告白 / 高橋洋一


これは面白かった。

著者は、元大蔵省(現財務省)のエリート官僚。
大蔵省と言えば、「官僚の中の官僚」と言われるエリート集団で、殆どが東大法学部出身。
その中で、東大理学部数学科出身という異色の経歴を持つ。
自称、「異端児採用」としていて、毎年数人は東大法学部以外の変わった経歴を持つ学生を採用するそうな。

まず、この人は頭が良すぎる。
国Ⅰもなんとなく受けてなんとなく受かったらしい。
普通の人と頭の構造が違うんでしょうね。

とにかく数学が好きらしくて、それを活かせる仕事がしたいと思っていたらしく、それゆえ大蔵省の仕事にはあまり興味がなかった。
そういう背景も相まって、官僚が陥りやすい権力・利得争いに疑念を持ち、様々な改革に挑んだ。
その中で敵も多く作って、最終的にはタイトル通り財務省を追われる身となる。

本書では、郵政民営化の全内幕、小泉・竹中改革の舞台裏、埋蔵金の全貌、などといった財政問題に触れています。
政治に対する本当に見方が変わると思います。

ただ、惜しむらくは、著者が数年前に銭湯で窃盗を起こして捕まってること(汗)
なんでそんなことしたん・・・。
本でどんな素晴らしいことを言っていても、そういう言動で信頼は一気に失われてしまう。
恐ろしい。
そういう反面教師的な部分も含め、本当に勉強になる1冊でした。
2010.08.15 Sun l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top


民主主義が一度もなかった国・日本

民主主義が一度もなかった国・日本 / 宮台真司・福山哲郎





1章

○自民党=1.農村政党、2.日米安保体制⇒衰退は自明

○市場主義⇔談合主義、権威主義(任せる政治)⇔参加主義(引き受ける政治)、(米国=市場・参加、欧州=談合・参加、日本=市場or談合・権威)


2章

○自民党…「保守」なのに、「大きな政府」⇔アメリカ。二大政党制⇒市場に任せるのがいいのか、話し合って決めるのがいいのか、という分岐。

○対抗軸=「再配分をやめる小泉自民党」VS「再配分を続ける既得権益温存自民党」⇒「再配分=権益自民党」VS「再配分=権益剥がし民主党」


3章

○依存的要求(=陳情、局所的な権益要求)ではなく、参加的提案(=ロビイング、全体的なガバナンス要求)


4章

○二国間の外交交渉のプレイヤーは四者=自国政府、自国民、相手政府、相手国の国民。外交問題⇔国内問題。
2010.08.15 Sun l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top


どうも~帰ってきましたルルルです!

今日は特に動きませんでした。

IMG_0299_convert_20100815155758.jpg


帰り道に熱海で足湯に浸かったり、小田原降りてぶらぶらしたくらい。

あとは湘南新宿ライン1本で大宮まで帰ってきました。

なぜか昼飯は寿司食わせてもらえた、ウホ。


帰宅してデジカメの写真を取り込み、サイズを1枚1枚変えて、過去記事にアップしました。

暇な人は見て下さいな♪

はてさて、貧乏旅行も終了です。

明日からは1週間後のイギリスに向けての準備と卒論を書かないといけません。

う~。旅行楽しかったなぁ~。

四国は車で、京都は計画立てて、何日間か行ってみたいです。

ぜひ、一緒に行ってくれる人、声かけて下さい!!

ではでは。
2010.08.15 Sun l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top


やぁやぁルルルです!
本日は、静岡駅目の前の某喫茶店で日記を書いています!

今日のネカフェはちょい不満・・・。
リクライニングだけど、マットレスじゃないから床で寝れないし、PCもドリンクバーも古い。
おまけに高い!!
とは言え、シャワーがある分、京都よりはマシです。

ネットカフェランキングを付けると、1.岡山、2.広島、3.静岡、4.京都、といったところでしょうか。

さて、本日は、7:30に岡山を出発し、京都へ。
奈良・京都も修学旅行の定番ですが、ほぼ初めて。
というのは、小学校低学年の時に来たことがあるのだけど、ほとんど覚えてない(汗)

京都から奈良線で清水五条、そこから京阪線で祇園四条まで行きました。
そこから、とにかく歩いた!!
もうくたくたになるほど歩きましたが、やっぱり京都は最高でした。
鴨川沿いの細い道を歩いているだけで、京都風情を感じることができました。

そこから、八坂神社、知恩院、清水寺、と全て歩いて周り、とにかく疲れたので静岡に向かいました。

静岡には4時間で着く計算だったのですが(乗り換え案内によると・・・)、奈良線が3分遅れたせいで、最初の東海道線に乗り遅れ、その後の接続が最悪で、なんと6時間もかかりました。。。
本当に疲れた。

けど、電車の中は、もうひとつの旅が待っているので苦ではありません。
そう、歴史の旅。
電車の中では、ぼくは司馬遼太郎の描く幕末の世界にいるのです。
おかげさまでこの旅行で長編もの併せて3冊も読破できそうです。
しびれるくらい最高の本なので、あとでレビューします。
ある意味、人生観を変えられたと言っても過言ではない・・・。

ネカフェではリスニングの練習を兼ねて洋画を見てるので、こちらも3本消化する勢いです(笑)

今回の旅は、お金を使わずに時間を贅沢に使っている気分で幸せです。
5日間で、移動費、食費、宿泊費合わせて3万円いかないで済みそう。

もう東京もすぐそこですが、明日は温泉にでも入って旅の疲れを癒して帰ろうと思います。
出来たら、鎌倉か湘南の方を寄って行きたいのですが、これは気分次第。

さて、帰ったら、大急ぎで卒論と留学の準備をしなければなりません(汗)
どっちもピンチ・・・。
あ、留学に行ったら恐らく毎日暇なのでまた日記を書きたいと思います(笑)
英語で書く・・・かはお楽しみ。


IMG_0287_convert_20100815154916.jpg

祇園四条出てすぐの脇道。
こういう細い道に和風の店がいかにも京都っぽい。


IMG_0288_convert_20100815155200.jpg

この道もイイ!!


IMG_0290_convert_20100815155307.jpg

八坂神社


IMG_0293_convert_20100815155407.jpg

知恩院


IMG_0295_convert_20100815155509.jpg

!?


IMG_0296_convert_20100815155557.jpg

清水寺


IMG_0298_convert_20100815155704.jpg

たこやき
うまし。
2010.08.14 Sat l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top


どうもどうもルルルです。
今日は、岡山駅近くの某喫茶店で日記を書いています!

今日の喫茶店も本当にすばらしい!!
昨日の喫茶店が結構クオリティ高くて、今日その反動を受けるのを危惧していたのですが、昨日以上に素晴らしい。
素晴らしい点は、以下の3つ。

1.完全個室&マットレス
⇒リラックスして寝れます(枕&ブランケット付き)

2.シャワー無料
⇒なんとタオル、シャンプーはもちろん、剃刀(シェービングクリーム付き)、歯ブラシまで無料。しかも時間制限なし!

3.破格
⇒これで12時間2000円未満という驚きの安さ、しかもカップラーメンも1つただで食える!

その場その場で行き先を決めているのでネット環境は必須として、これでもまだビジネスホテルに行きますか!?
もうネットカフェ万々歳ですよ。

はい、それはさておき。

今日は、8:30に広島を出発して、世界遺産の厳島神社で有名な宮島に行きました。

なんと、宮島口から乗るフェリーもJRは青春18きっぷが使えるんですよ!!
もうビックリです。
宮島では、鹿と戯れ、にぎり天ともみじ饅頭を食べ、鳥居を見てきました。

その後、原爆ドーム、平和記念資料館へ。
修学旅行の定番ですが、ぼくは初めて行きました。

そこで思ったことは、「科学の暴走」、「思想の対立」といった概念を超越する倫理観を人間は持つべきだということ。
宮台真司の言い方だと、一見、「倫理」よりも「道徳」の方がそれに近いように思えるけど、敢えて倫理観という言葉を使いたい。
(道徳=外的確かさ、倫理=内的確かさ)
つまり、「人命に勝るものなし」という普遍的な内的確かさ(=倫理観)を持つことが何より大切である。
それを世界中の人間が肌の色や世代を超えて共有するツールが、あの原爆ドームであり、発信する主体が日本でなければならない。
当たり前のことかもしれないけど、その自覚の重さが大切なんだと思う。

南京大虐殺記念館にも行ったときも思ったけど、人間は弱い動物だから、集団の中で善悪の感覚が麻痺して平気で殺人を犯すようになってしまうんだと思う。
そう、弱い。
弱さをどう克服するか。
弱さに立ち向かった先人たちもたくさんいるはずだ。
非暴力・不服従のガンジーしかり。
ノーベル平和賞の賞金をカルカッタに贈ったマザー・テレサしかり。
彼らのすごいところは、自分だけが弱さに打ち勝った点ではなく、その姿勢に惹きつけられた多くの人間までも弱さに立ち向かわせたところだと思う。
そういう人間に自分がなれるかどうかはともかく、強く意識したいと思う。



はい。
漫喫の素晴らしさから倫理観の話まで、実にバランス感の欠けた日記になりましたが、疲れたのでこの辺で。
明日は、京都にリベンジです!!


IMG_0258_convert_20100815153310.jpg

広島駅。
意外と栄えてる!


IMG_0260_convert_20100815153421.jpg

ラーメン。
これで250円!
地方クオリティ・・・というかプライス。


IMG_0264_convert_20100815153708.jpg

宮島口。
いかにも観光地!て感じ。


IMG_0270_convert_20100815153800.jpg

シカ!
かわゆす^^


IMG_0273_convert_20100815154227.jpg

厳島神社~


IMG_0276_convert_20100815154002.jpg

にぎり天。
うまし!!


IMG_0277_convert_20100815154051.jpg

もみじまんじゅう(B&B)


IMG_0280_convert_20100815154345.jpg

原爆ドーム


IMG_0281_convert_20100815154448.jpg

モニュメント


IMG_0283_convert_20100815154544.jpg

原爆ドーム近くの商店街。
ここも意外に栄えてる。
2010.08.13 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top


は~い、ルルルです。
2日目の今日は広島駅真向かいの某喫茶店で日記を書いてます!
いやぁ~昨日と比べて今日は抜群に環境が良い^^
よく眠れそうです!

さて、今日は、朝5:40に京都の某喫茶店を出たところから始まりました。
店を出るなり待ち受けていたのは、信じられないくらい激しい暴風雨。
わずか、10秒の間にめちゃくちゃ濡れました・・・。

災難なのはびしょ濡れになったことだけでなく、今日の予定を変更せざるを得なくなったことです。
前日必死になって調べた京都観光プランも全て徒労に終わってしまいました。
が。
ここは我ながら策士。
何も今日京都にこだわる必要はない。
朝も早いし雨も振っている
だったら、晴れている遠いところまで移動すれば一気にこの2つの問題は解決されるのです。

ということで、4時間かけて香川県は高松市に行くことにしました。
これが功を奏し、高松は快晴とは言わないまでも過ごし易い天気で終日晴れてくれました。

さて、初めての四国上陸でしたが・・・。

予想通り・・・


イイ!!!!


高松駅周辺を散策しただけでしたが、本当に楽しかった!!

デジカメで色々撮ったので、帰郷したら写真もアップしたいと思います。

ぼくは予てから四国に興味があってぜひ行ってみたいと思っていたのですが、やっぱりいいなぁと思いました。
まぁ、まだ高知、愛媛、徳島はおろか、香川もほんの片足突っ込んだ程度なので、今度は四国を集中的に回ってみたいと思いました。

他にすることもなく(笑)、市街地を歩いていてなんとなく郷土愛について考えてました。

ぼくは本当に四国という土地に愛着が沸いたのですが、こうした愛着をぼくは生まれ故郷の埼玉には持っていません。

確か、『国家の品格』の作者である藤原正彦さんが郷土愛の重要性について説いていたことを思い出したのですが、やはり自分の生まれた土地を愛せることは幸せなことだと思います。
明治維新も、攘夷だの倒幕だの云々よりも、藩に対する想いが志士たちを動かしたんじゃないかなと思います。

ぼくは四国のどういうところに魅力を感じるかといえば、やはり2点、歴史と自然。
その点で、岐阜や愛知もすごく魅力的です。
関東圏内であれば、神奈川の鎌倉もいい。
(ぼくは小学生の頃から神奈川に住みたいと思っていた)

埼玉にも歴史や自然はあることはあります。海はありませんが。
ただ、歴史と自然がどうも調和していない。
秩父や長瀞には山も川もある。
川越には城下町がある。
でも、それが一体となっていない。
ましてや、ぼくの住むさいたま市(旧・浦和市、大宮市、与野市)は、どう考えても東京近郊のベッドタウンです。
高度経済成長期に「造られた」都市なのです。

偶然、高松市内の本屋で埼玉の観光ブックを発見したので見てみたところ、「意外に埼玉県民は郷土愛が強い」と書かれており、その根拠は「浦和レッズ」と「さいたまスタジアム」と書かれていました。
ぼくは前述の通り、歴史と自然に愛着を持つ指向のようなので、浦和レッズにも西武ライオンズにも興味ありません、いわんや、大宮あるでry・・・。

ぼくにはどうしても都市近郊のベッドタウンには郷土愛が持てない。
だから、もし自分がマイホームを持つときが来たら、絶対に子供がその土地を好きになってくれるところに住みたいと思う。
まぁ、理想論だけどね笑
あと、裏庭にバスケットコートが欲しい笑

そんなことを考えながら高松市街を歩いてましたとさ!

(追記で写真アップする予定~お楽しみに♪)

(↓アップしました!)

IMG_0239_convert_20100815151222.jpg

高松駅
四国初上陸に感動!


IMG_0241_convert_20100815152642.jpg

讃岐うどん@かな泉
うまし!!


IMG_0245_convert_20100815152521.jpg

高松まつり(準備中)


IMG_0249_convert_20100815152953.jpg

高松中央商店街(日本一長いらしい)


IMG_0250_convert_20100815153059.jpg

たまもちゃん(笑)、入場料200円で入ったらマジで何もなかった。


IMG_0256_convert_20100815153218.jpg

電車で海渡るのは気持ちの良いものです。
2010.08.12 Thu l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top


IMG_0238_convert_20100815151135.jpg


どうも~ルルルです!
なんかmixiが全然開けませんね!汗
まるで俗世から切り離された気分・・・。
というのも、いま、僕は京都の某喫茶店でこの日記を書いているからです。

そう、青春18切符を駆使して埼玉からはるばる京都まで来ました!
長い道のりでした・・・。
乗り換えること7回。
総移動時間9時間35分。
本当に自分でもアホかと(笑)
幸い、電車の中ではほぼ全ての時間座っていられたので、悠々と司馬遼太郎の本を読んでいて、意外に満足しています^^

ただ、京都駅に着いてからが困ったもので、実は、宿の手配は一切してないんです。
おまけに18000円で5日間を過ごす計画なので、宿代は出せて3000円!
そりゃ自ずと行くとこは決まりますわな(笑)

困ってるのが、風呂とコインランドリーです。
今日は、もうGATSBYのボディシートでしのぎます(汚い言うな!)

で、今後の計画ですが、明日は京都市内を観光し、その後高松に行きます。
既に高松の銭湯とマン喫は抑えたので、今から明日の観光プランを練るつもり。

mixiが開けなくて寂しいので、良かったら日記にコメントしてくださいな!
おそらく旅の間、毎日書くと思うので!
オススメの観光スポットなんかもあれば是非教えてください!

ではでは。
2010.08.11 Wed l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top


最近、地元のプールで泳いでます。

中・高は殆ど体育でプールの授業がなかったので、実に小学生以来10年振りですね。

小学生の時はノンストップで1km泳いだりしてたんですが、久しぶりに泳いでみたらビックリするほど泳げませんでした!笑

50m泳いでは止まって、を繰り返し、とりあえず1.5km泳いで上がりました。

平泳ぎは普通に泳げるんですが、クロールが遅い遅い(笑)

5km走っても全然筋肉痛にはならないのに、1km泳いだら久しぶりに筋肉痛になりました。

やっぱり水泳って普段使わない筋肉使うんですね。

これは当分泳いで身体鍛えるしかない!


2010.08.10 Tue l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
見たバンドのセットリストをまとめておきます。


【斎藤和義】

1.COMO ON
2.ずっと好きだった
3.ハンミングバード
4,SUMMER DAYS
5.歌うたいのバラッド
6.I LOVE ME
7.ベリーベリーストロング
8.歩いて帰ろう

【the band apart】

1.tears of joy
2.free fall
3.I love you Wasted Junks & Greens
4.Waiting
5.C.A.H
6.beautiful vanity
7.Mercury lump

【奥田民生】

1.KYAISUIYOKUMASTAR
2.マシマロ
3.愛のボート
4.えんえんととんでいく
5.The STANDARD
6.快楽ギター
7.明日はどうだ
8.イージュー☆ライダー

【UNCHAIN】

1.no-where(intro)
2.Saves The Day
3.You Over You
4.Super Collider
5.Hello,Young Souls
6.Show Me Your Height
7.Don't Stop The Music

【チャットモンチー】

1.世界が終わる前に
2.Last Love Letter
3.愛捨てた
4.8cmのピンヒール
5.シャングリラ
6.風吹けば恋
7.染まるよ
8.ここだけの話
9.とび魚のバタフライ
10.恋の種

【YUKI】

1.プリズム
2.WAGON
3.うれしくって抱き合うよ
4.2人のストーリー
5.ハミングバード
6.長い夢
7.プレゼント
8.ランデブー
9.COSMIC BOX
10.恋愛模様
2010.08.09 Mon l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top


前日に高校時代の友達に誘われ、ヤフオクで落札したチケットで行ってきました!!ロックインジャパン!!

ライブは大学のサークルの友達のしか行ったことがなかったので、ほぼ初体験!

いやぁ~、良かったわぁ~(´∀`)


斉藤和義

the band apart

奥田民生

UNCHAIN

チャットモンチー

YUKI


というタイムテーブルで見てきました。

いやもう、ホント、疲れた!笑


斎藤和義でライブの洗礼を受け

バンアパでテクニカルな演奏にやられ

民生のギャグに笑い

アンチェインのイケメンぶりに惚れ

チャットモンチーにとにかく感動し

間近で見たYUKIの可愛さにときめいて


満足して帰りました。


個人的にはとにかくチャットモンチーがMost Valuable Player(笑)

ホント、途中で何度泣きそうになったことか・・・。

一時期、よく聴いてて、その時の楽しかった思い出がフラッシュバックしてきた。


音楽ってぼくにとっては思い出とセットなんだと思う。

「この曲」を聴くと、「この記憶」が蘇る。

それは偶発に委ねらる要素が大きいけど

だからこそ、自分にとっての「運命的な曲」というものが存在するんだと思う。


まぁ、偉そうに音楽論を語りたいわけじゃないんですが

やっぱりバンドサークルの仲間に比べるとぼくって多分そこまで音楽好きじゃないと思うんですよね(笑)

でも、それなりに好きだよって気持ちもあるわけで

そういう中途半端な自分を正当化するために色々言ってみたわけですが

酔ってるせいか、まとまらなくなりました!


楽しかった!!!!!!!!!!!!

またライブ行きたい!!!!!!!!
2010.08.09 Mon l バンド l コメント (0) トラックバック (0) l top


外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか

外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか / ISSコンサルティング


就活し始めの頃に買って、暇な時にちょろちょろ読んでました。

本当はこういう本読むのは好きなんだけど、あまり読みたくないんです。

学生の自分(時分)の感性にとって、もっと刺激的な本は他にたくさんあるんじゃないかと思ってしまう。

たとえば、アカデミックな学問の教科書、古典的名著、小説などなど。

学生がビジネス書を読むことを否定しているわけじゃなく

論理的思考力や企業・経済に関する知識を身につける本は読むべきだと思うけど

やっぱり、「働くとは」みたいな本を読むことには抵抗がある。

でも、やっぱり面白いよね、こういうの(笑)


前置きが長くなり、かつ、まとまりませんでしたが(汗)

この本では、有名な外資系企業の社長等、タイトル通り「外資系トップ」の人たちの仕事への姿勢や考え方が紹介されています。

やっぱり超一流は経歴も凄いし、何よりすごい努力をしている。

先人たちの努力を見習ってモチベーションを高めるという意味では、読む価値のある本だと思います。

でもやっぱり働き始めてから読むべきなのかも。
2010.08.06 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top



オイラーの等式とは、「(e^iπ)+1=0」という等式のことでです。

18世紀最高の数学者レオンハルト・オイラーにちなんで名付けられました。

eとは、自然対数の底です。

iは虚数、2乗すると-1になる数です。

πは御存知、円周率。



この等式、この世で最も美しい数式とも言われています。

実際、すごいと思いませんか?

πは幾何学、eは解析学、iは代数学の分野でそれぞれ独立に定義されたものです。

それが一つの式として表されてるんです。

ぞくぞくしますよね(笑)



ぼくが初めてこの数式を知ったのは、「博士の愛した数式」という映画を観たのがきっかけです。

邦画はめったに観ないのですが、数学の話もさることながら、ストーリーとしても感動的な良い映画でした。

数学者の映画といえば、ナッシュ均衡でお馴染みのジョン・ナッシュの半生を描いた「ビューティフル・マインド」もお勧めです。

2010.08.05 Thu l Learning l コメント (0) トラックバック (0) l top


2010年になって早8ヶ月目・・・。
そんな8月も既に5日が経ってるとか信じられない!
このまま無駄に過ごしていいのか!

ということで


1.一人貧乏旅行に行く!!

青春18切符で行けるところまで行って、ぷらっとこだまで帰るという、驚くほどエコノミカルな旅に出ようと思います!!


1日目は東京から京都へ。

2日目は京都巡り。

3日目に高松に行って、讃岐うどんを食い

4日目に広島の原爆ドームに赴き

5日目は神戸と大阪を観て

6日目に東京に帰る



※参考移動時間

・東京⇒京都(8時間32分)
・京都⇒高松(4時間4分)
・高松⇒広島(4時間24分)
・広島⇒大阪(5時間31分)
・新大阪⇒東京(ぷらっとこだま、3時間57分)

※参考移動費用

・青春18きっぷ(5日分)、11500円
・ぷらっとこだま(新大阪―東京)、11500円


11日に行って16日に帰ってこようかなと思ってます。




2.フォーソン(4年)で海行くよ!

昨年に引き続き、海に行きます!

延々と車を運転した後の、眩しく青い海を見た時のテンションの上がりようといったらハンパじゃないですよね!

8月10日に行きます!

もし行きたい人いたら連絡して下さい(笑)

場所は江ノ島か鎌倉あたりを考えてます。

一緒に行く人は、他に行きたいとこあれば連絡してください!

わっきーを海の藻屑にしてやるぜぇ!!!!


※参考海水浴場HP

江の島東浜海水浴場

神奈川県の海水浴場
2010.08.05 Thu l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top


今回は2つほど紹介します。



突然ですが

僕が最初に総合商社に興味を持った「きっかけ」というのが

3年の9月頃に参加した三井物産のOne day Internshipでした。

今年もやるのでしょうか。

賛否両論あり、内容(というか構成)はやや奇をてらい過ぎてる印象を受けましたが

パネルディスカッションに出ていた社員の方々は本当に魅力的でした。

そのインターンで流された、「伝説のスピーチ」

動画と英語を見つけたので載せます。



もうひとつは、カーネギーメロン大学のランディ・パウシュ教授の

「Last Lecture」

まだ全部は観てないのですが、観た範囲でもとにかく良すぎます。

こちらは、全部観た後に出来たら感想を書きたいと思ってます。






伝説のスピーチ 環境サミット@リオ



Hello, I'm Severn Suzuki speaking for E.C.O. - The Environmental Children's organization.

We are a group of twelve and thirteen-year-olds from Canada trying to make a difference: Vanessa Suttie, Morgan Geisler, Michelle Quigg and me. We raised all the money ourselves to come six thousand miles to tell you adults you must change your ways. Coming here today, I have no hidden agenda. I am fighting for my future.
Losing my future is not like losing an election or a few points on the stock market. I am here to speak for all generations to come.

I am here to speak on behalf of the starving children around the world whose cries go unheard. I am here to speak for the countless animals dying across this planet because they have nowhere left to go. We cannot afford to be not heard.
I am afraid to go out in the sun now because of the holes in the ozone. I am afraid to breathe the air because I don't know what chemicals are in it.

I used to go fishing in Vancouver with my dad until just a few years ago we found the fish full of cancers. And now we hear about animals and plants going extinct every day - vanishing forever.
In my life, I have dreamt of seeing the great herds of wild animals, jungles and rainforests full of birds and butterflies, but now I wonder if they will even exist for my children to see.

Did you have to worry about these little things when you were my age? All this is happening before our eyes and yet we act as if we have all the time we want and all the solutions.
I'm only a child and I don't have all the solutions, but I want you to realize, neither do you!

You don't know how to fix the holes in our ozone layer. You don't know how to bring salmon back up a dead stream. You don't know how to bring back an animal now extinct. And you can't bring back forests that once grew where there is now desert. If you don't know how to fix it, please stop breaking it!
Here, you may be delegates of your governments, business people, organizers, reporters or politicians - but really you are mothers and fathers, brothers and sister, aunts and uncles - and all of you are somebody's child.

I'm only a child yet I know we are all part of a family, five billion strong, in fact, 30 million species strong and we all share the same air, water and soil - borders and governments will never change that.
I'm only a child yet I know we are all in this together and should act as one single world towards one single goal. In my anger, I am not blind, and in my fear, I am not afraid to tell the world how I feel.

In my country, we make so much waste, we buy and throw away, buy and throw away, and yet northern countries will not share with the needy. Even when we have more than enough, we are afraid to lose some of our wealth, afraid to share.
In Canada, we live the privileged life, with plenty of food, water and shelter - we have watches, bicycles, computers and television sets.

Two days ago here in Brazil, we were shocked when we spent some time with some children living on the streets. And this is what one child told us: "I wish I was rich and if I were, I would give all the street children food, clothes, medicine, shelter and love and affection."

If a child on the street who has nothing, is willing to share, why are we who have everything still so greedy? I can't stop thinking that these children are my age, that it makes a tremendous difference where you are born, that I could be one of those children living in the Favellas of Rio; I could be a child starving in Somalia; a victim of war in the Middle East or a beggar in India.
I'm only a child yet I know if all the money spent on war was spent on ending poverty and finding environmental answers, what a wonderful place this earth would be!

At school, even in kindergarten, you teach us to behave in the world. You teach us:

not to fight with others,
to work things out,
to respect others,
to clean up our mess,
not to hurt other creatures
to share - not be greedy
Then why do you go out and do the things you tell us not to do?

Do not forget why you're attending these conferences, who you're doing this for - we are your own children.

You are deciding what kind of world we will grow up in. Parents should be able to comfort their children by saying "everything's going to be alright', "we're doing the best we can" and "it's not the end of the world".
But I don't think you can say that to us anymore. Are we even on your list of priorities? My father always says "You are what you do, not what you say."

Well, what you do makes me cry at night. you grown ups say you love us. I challenge you, please make your actions reflect your words.
Thank you for listening.








ランディ・パウシュの「最後の授業」1

1~9まであります。

2010.08.04 Wed l Learning l コメント (0) トラックバック (0) l top


戦略コンサルティング・ファームの面接試験

戦略コンサルティング・ファームの面接試験 / マーク・コゼンティーノ


コンサルを目指してる3年生が多いようなので、コンサル対策のオススメ本を紹介しておきます。
僕はコンサルティング会社から内定を貰ったわけではないので偉そうなことは言えないのですが、興味があって「フェルミ推定」とか「ケース問題」の対策の為に何冊か本を読んだので、その中で最も有用性の高かった本を紹介します。

もはや有名になってしまったのかもしれませんが、この本は本当におすすめ。
はっきり言って、この1冊を完璧に読み込めば、他にケース本を読む必要はないと思います。
それだけ網羅されています。

具体的なケースの問題と解答例が豊富に載っており、どういう切り口や手法で課題にアプローチすることが重要かが詳しく解説されています。

昨年DIやMckの内定者にも勧められました。
コンサル志望者は必須の1冊と言えるでしょう!


2010.08.04 Wed l 書評 l コメント (1) トラックバック (0) l top


絶望から出発しよう

絶望から出発しよう / 宮台真司



「日本の難点」に引き続き、宮台さんの本です。
根本的に至極まっとうな意見を述べられる宮台さんの考え方が個人的には好きだし、凄いと思う。

与えられた環境・選択肢によって人は合理的な反応をするため、問題はそうした状況を生み出している社会構造である。
それを作り出す官僚や政治家といった公権力に対し、正当に抗う市民の育成(=民度の向上)が大切。

そうした主張を様々な角度から様々な手法で説明する宮台さんの本は本当に刺激的です。




1章

○ポストモダン⇒「近代の後」か「後期近代」か⇒前者→モダンシステムの補完物、後者→社会システム理論・新しいリアリティ

○家族の空洞化=後期近代の必然←コミュニケーションチャンスの乏しさ

○倫理=これが正しい!(「内的な確かさ」)⇔道徳=世間の支えを必要とする(「外的な確かさ」)


2章

○性善説に基づくパブリックサーバントを期待するのではなく、市民エリートを育て、統治者に対抗するべき


3章

○共通利害と特殊利害の二重性=戦前のアジア主義における日本の立場⇒ここから、歴史的普遍的構造認識が必要。今のアメリカ、イスラエルに見れる。

○三島由紀夫による日本の代替不可能性⇒1.行動主義、2.天皇。⇔70年代には、「弱者としての共通前提」を失う→アメリカへのアジアとしてのコンプレックス・ルサンチマンの喪失→対米追従主義


4章

○「入れ替え可能性を拒否する」=この社会は生きるに足らず
2010.08.03 Tue l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。