FC2ブログ


この金融政策が日本経済を救う

この金融政策が日本経済を救う / 高橋洋一


「さらば財務省!」の著者、高橋洋一さんの本です。
初歩の部分から分かりやすく金融政策について説明されているので、とても勉強になりました。

本の主張としては、金融緩和でとにかくマネーサプライ増やしまくって、デフレを脱却するのが今の日本のとるべき金融政策だ、というもので、首尾一貫していてとても気持ちいです(笑)

一橋の経済学部にはマクロの先生が少ない気がするけど他大学はどうなんだろう。
東大は元日銀の植田先生とかいるみたいだけど。

一橋(学部)では、マクロ経済学だと塩路先生と斉藤先生、国際金融だと小川先生がいますよね。
国際ミクロの石川先生と国際マクロの小川先生のゼミを両方とったら面白かったのかな、なんて考えてたら、かつて石川ゼミのOBでそうしていた人がいたみたい(その先輩は日銀にいるみたいだけど)。
ゼミ選ぶ時点でそこまで考えられなかったな。。。


第1章 金融政策とは

・目的=物価の安定(インフレにもデフレにもならない状態)
・基本的に今は公開市場操作(国債、手形の売買)
・コール市場=民間の銀行同士がお金を貸し借りする市場
・ゼロ金利政策⇒これ以上緩和できない?→No!→(why?)実質金利は下げられる→(how?)物価上昇率の予想に働きかける→(how?)量的緩和政策(民間の金融機関が日銀の口座に持っている当座預金残高の量を調節)→シニョレッジ(通貨発行益)、世の中に出回るマネーが増加
・マンデル・フレミング理論=公共投資の効果が輸出減少・輸入増加という形で海外に流出してしまう。
・金利増加→外国資本の流入→円高圧力→輸出企業への打撃→不況

第2章 金融政策の理論的根拠

・金利ゼロ(流動性の罠)でも金融政策が効く
・世界大恐慌(貨幣供給が過小→物価の下落・生産水準の低下→大恐慌byフリードマン)からの脱出は、公共投資ではなく、金融政策がカギだった(金本位制の放棄)。
・国際金融のトリレンマ=「為替の安定」、「貿易・資本移動の自由」、「金融政策の独立性」の3つを同時に達成することは出来ない。

第3章 物価とは

・1.個別物価、2.一般物価(個別物価の平均)⇒基本的には世の中のお金の総量で決まる。
・物価の測定⇒「CPI(消費者物価指数)、コア、コアコア」、「Unit Labor cost」、「GDPデフレーター」
・CPIには上方バイアスがかかる。

第4章 インフレ目標

・物価安定目標の必要性とPDCAサイクル
・目標の設定は政府の責任、実行は日銀の責任
・インフレ目標に対する批判⇒1.デフレは海外からの安価な製品によるもの、2.効果の波及メカニズムがない、3.実績・実例がない

第5章 金融政策と株価の関係

・'00(8/11)ゼロ金利解除(金融政策の失敗)→'01(3/19)量的緩和政策→'06(3/9)量的緩和解除→'06(6/13)日系株価平均暴落
・金融政策と株価は、意外と、しかも強い相関関係をもつ

第6章 金融政策と為替

・為替は物価で決まる←物価はハイパワードマネー(お金の量)で決まる
・金融政策が行われていれば、為替介入は必要ない(むしろ、介入によって簡単に変えられるなら変動相場制の意味がなくなる)
スポンサーサイト



2010.10.02 Sat l 書評 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
マクロ経済、大学院のほうには先生が多いんだけどねー。
まあ、おれには彼らが何を言ってるのかさっぱりで先生が多いってことしかわからんがw

スリング何たらって映画ヨサゲだな。見てみるよ。
あと今日商事内定の修士の方と知り合いになった!
2010.10.06 Wed l ra. URL l 編集
No title
>らさん

へぇ~、そうなんですね。
最近、マクロって面白そうだなと思い始めました。

ぜひ見てみて下さい!

ちょ!どうして知り合ったんですか!?
そこらへん詳しく!w
その方とは、内定前からの知り合いなんです。
2010.10.06 Wed l ルルル. URL l 編集
No title
キャリアゼミで一緒になったんよー。
これからどんどん絡んでくつもり。
おれのことよろしく言っといてよw

てか中山社学の人だと勘違いされてたよwww
2010.10.07 Thu l ra. URL l 編集
No title
へぇ~、キャリアゼミって院生向けのですか?就活終わった人もとるんですね~。

あぁ~、知り合ったのがインターンでだったので、意外とそういう基本情報が漏れてると思われますw
2010.10.07 Thu l ルルル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1012-16284c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)