FC2ブログ

粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯

粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 / 城山三郎


本当に感動しました。

第5代国鉄総裁、石田禮助氏の生涯を綴った本。

タイトルの「粗にして野だが卑ではない」というのは、絶対に嘘はつかぬが正直なところを思った通りに言うので、無礼なことがあっても承知してほしい、という石田さんが生涯通した生き方の筋である。

一橋から三井物産に入社して30年以上海外で仕事をし、海外情勢を把握していたことから太平洋戦争開戦を阻止しようと働きかけるも、逆に軍部の命で三井物産会長の座を追われてしまう。

パブリック・サービスの精神で、国鉄総裁を任される時も「給料を貰わないことが条件」と言って引き受けた。

政府から勳一等叙勲の申し出にも、「おれはマンキーだよ。マンキーが勲等下げた姿見られるか。見られやせんよ、キミ」と固辞。

「野心も私心もない、あるのは素心だけ」

まさに、その言葉を体現した方である。

日本人の誇りだと思う。

見習わせて頂きたい。
スポンサーサイト



2010.12.24 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1067-7ca120d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)