FC2ブログ


一橋大学2年生の読者がいるのかどうかも分かりませんが、ぼくの所属する石川ゼミがオープンゼミを行うので、もし興味のある方がいましたら是非覗きに来て下さい!
財務省と日銀に勤めているOBの方々がお話して下さることになっているので、経済学部生のみならず話だけでも聞きに来る価値はあると思いますよ!

<石川城太ゼミ、オープンゼミ>
【日時】1月24日(月)4限
【場所】401教室
【内容】ゼミ紹介、プロジェクト報告、教授からの話、OBによるレクチャー等

石川ゼミは、国際経済学の中でも特に国際貿易論を扱うゼミです。
御存知の通り、貿易というのはモノを輸出したり輸入したりすることです。
では、一体なぜ貿易が行われるか考えたことはありますか?

人によって得意・不得意があるように、国によってもモノやサービスの生産に得意・不得意があります。
例えば、A国は経済が発展し、知識集約的な財(例えばパソコン)の生産が得意だったとします。しかし、国土面積が狭く、土地集約的な財(例えば農作物…特にコメなど)の生産が苦手だとします。
一方、B国は発展途上であり、パソコンをつくるのは苦手ですが、広大な国土面積を活かして大規模なコメの生産を行うことが出来るとします。
この場合、それぞれの国でそれぞれパソコンとコメを生産するよりも、A国はパソコン、B国はコメの生産に特化し、自国の需要量を超過した分をそれぞれ相手国に輸出した方が、より多くの財を生産・消費できるのです。
この考え方は「比較優位説」と呼ばれ、比較優位にある財の生産に特化し自由貿易を行うことで、資源が効率的に配分されます。
世界的に見てより資源が効率的に配分されるため、貿易は行われるわけですね。

こうした考え方をベースにして世界の経済を読み解き、さらにはそこに生じる様々な問題の解決策を考えるのが国際経済学です。
グローバリゼーションが叫ばれる現代にして、個人的には相当武器になる学問だと思います。

OBには、財務省、日銀、外銀、戦コン、商社など、官民問わず広いフィールドで活躍されている方々がたくさんいます。
将来、デカいフィールドで活躍したい!そのための思考力を深めたり視野を広げたい!という学生は、是非一度オープンゼミに足を運んでみて下さい!
いずれみなさんとOB会で会えるのを楽しみにしています^^

スポンサーサイト



2011.01.19 Wed l ゼミ関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1089-242c3781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)