FC2ブログ

一勝九敗

一勝九敗 / 柳井正


ユニクロを運営するファーストりテーリングの社長、柳井さんの著書。

今日に至るまでのユニクロの軌跡が経営者目線で語られています。

宣伝戦略や、ファーストりテーリングの特徴である生産物流システム、経営組織についての哲学を詳しく書いています。

先の「絶対こうなる日本経済」にもユニクロの名前が挙がっていたけど、”安くて良いもの”が残るのは市場経済の原理からすれば当たり前のことで、ユニクロの業績が良いのは、全うな経済を反映しているのではないかと思う。

嗜好品や高級ブランドが悪いとは言わないけれど、必要以上にそうした企業が儲かるのは行き過ぎていると思う。バブルの崩壊がそれを示したわけだけれど。

話を柳井さんに戻すと、世間の一歩先の目線で、明確なビジョンを持ち、常に変革を求めるということを実践するのは、口で言うのは簡単だが、やはりなかなか出来ることじゃないと思う。

柳井さんのように結果を残していくことで、信頼が生まれ、企業の業績にも繋がるのだと思う。
スポンサーサイト



2011.01.29 Sat l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1100-828dc866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)