FC2ブログ


仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 / 内田和成


BCGの日本支社長を務め、現在、早稲田大学商学術院教授の内田和成さんの著書。

前々から読んでみたいと思っていて、本屋でふと目に入ったので買って読んでみました。

コンサルタントが「問題発見」、「問題解決」の時によく用いる「仮説思考」を分かりやすく説明してくれているので、とても勉強になりました。

要するに、「何が問題なのか」、「その問題はどうすれば解決されるか」ということに関して、緻密に分析してから解を得るのではなく、予め限られた情報から推測して「これが問題ではないか」、「こうすれば問題は解決されるのではないか」という仮説を立て、その後にそれらをデータを用いて検証する方が、より効率的、正確、スピーディーである。

また、ロジックツリーは仮説を立てる段階でその効果を発揮する。

例えば、「売上が上がらない」理由を構造化すると

○売上が上がらない

 1.需要が減っている
  ー消費者の嗜好が他のジャンルにシフトしている
  ー需要が一巡して、成熟期に入った
 2.競争に負けている
  ー販売力・マーケティング力で負けている
   ・チャネルシフト
   ・競争相手のプロモーション
   ・価格競争を仕掛けられている
  ー製品力で負けている
   ・口コミで他社製品に人気が集まっている
   ・他社から新製品が出ている

売上が上がらないのは、大きく2つの理由が考えられる。

需要が減っているか、需要が減っていないのに売れない、つまり、競争相手に負けているかのどちらかである。

さらに、なぜ、需要が減っているのかを考えると、消費者の嗜好が他のものにシフトしたか、嗜好は変わっていないが製品の市場自体が成熟化して需要が減ってしまったか、と考えられる。

このように、ロジックツリーを用いて、問題をMECEに構造化していけば、仮説も立てやすく、また、仮説が間違っていた時にすぐ別の仮説を立て検証することができる。




<序章>仮説思考とは何か

情報が多ければ正しい意思決定ができるわけではなく、大事なのは、早い段階で仮説(現段階で「最も答えに近い」と思われる答え)を持つこと。

<第1章>まず、仮説ありき

なぜ仮説思考が必要なのか?それは、問題解決のスピードが格段に速くなるから。
経営者は先行き不透明な経営環境の中で、ある程度の「読み」をもって、日々、意思決定し、実行していかなくてはならない。(例、オフト・ジャパン、羽生名人)

<第2章>仮説を使う

仮説を立てることは、仕事を効果的かつ効率的に進めるための大きな武器となる。
ビジネスの場面では、「問題発見の仮説」と「問題解決の仮説」の2つの仮説を用いる。
問題を絞り込み、具体的な打ち手の仮説を立て、絞り込む。

また、仮説は常に正しいとは限らないため、検証し改善していく必要がある。(セブン・イレブンの仮説・検証システム)


<第3章>仮説を立てる

仮説の立て方は、「ディスカッション」、「インタビュー」、「突然のひらめき」、「じっくり考える」、など、方法は各人各様であり、定石はない。

仮説を立てるための頭の使い方としては、1.反対側から見る、2.両極端に振って考える、3.ゼロベースで考える、ことにより、意図的に閃きを生むことである。

よい仮説の条件は、1.掘り下げられている、2.アクションに結びつく、ことで、それにより、問題発見が早くなり、解決策が早くたてられるようになり、また、絞り込めるようになる。


<第4章>仮説を検証する

検証には、実験による検証(例、セブンイレブンの実験「200円のおにぎりは売れるか?」、ソニーの消費者刺激型開発)、ディスカッションによる検証、分析による検証(バック・オブ・エンベロップ分析、因数分解による分析)などがある。


<第5章>仮説思考力を高める

よい仮説は経験に裏打ちされた直感から生まれる。
トレーニングとしては、「So What?」を常に考えたり、「なぜ?を5回繰り返す」などがある。
スポンサーサイト



2011.02.15 Tue l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1115-9c35a901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)