FC2ブログ


ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 / 石野雄一


某経営コンサルの内定者は必読の本のようですが、実際、ファイナンスの入門書として良書だと思います。

僕は簿記の勉強を兼ねて読んでいたのですが、冬学期にとった財務会計論と内容が大分被っているので、そちらの試験対策として読んだ方が効率的だったかなと思います。


<第1章 会計とファイナンスはどう違う?>

1.会計(アカウンティング)は「利益」を扱い、財務(ファイナンス)は「キャッシュ」を扱う。
※利益=売上-費用

2.会計が扱うのは、あくまでも企業の「過去」、ファイナンスが扱うは、企業が将来生み出すキャッシュフロー。

○資金調達の方法…基本的には、「有利子負債(デット)による調達」と「株主資本(エクイティ)による調達」とがある。
 ・有利子負債…「銀行借り入れ」と「社債」の大きく二つに分けられる
 ・「銀行借り入れ」は間接金融、「社債」と「株主資本」は直接金融


<第2章 ファイナンス、基本のキ>

○要するにファイナンスとは、投資に関する意思決定(投資の決定)と、その投資に必要な資金調達に関する意思決定(資金の調達)と、そして運用して得たお金をどう配分するかという意思決定(配当政策)の三つの意思決定に関わること。

○これら三つの意思決定の目的は、「企業価値の最大化」である。

○「リスク」とは「危機」のことであり、「危機」とは、危険、つまりデンジャーと、機会、つまりオポチュニティというものを両方表している。

○「リターン」とは「利回り」のことであり、投資した元本に対して一年当たりどれだけの収入が得られるかという割合を表すもの。
 ⇒利回り(リターン)=収入(キャッシュイン)/投下資本

○負債コストと株主資本コスト
 ⇒負債コスト…銀行等の債権者に対して支払う利息など、債権者が要求するリターンのこと
 ⇒株主資本コスト…株主が要求するリターンのこと
 ⇒負債コストと株主資本コストでは、株主資本コストの方が負担が大きい。
  (∵投資家は社債よりもリスクの大きい株式に大きなリターンを求める)

○CAPM…株主資本コストの求める時に使われる理論
 ⇒株主資本コスト=リスクフリーレート(2%)+β×マーケットリスク・プレミアム(5%)
※リスクフリーレート…国債に投資した場合に投資家が期待する収益率
※β…株式市場全体の変動に対して、その会社の株式がどれだけ連動するかというものを表した数字
   (株式市場とまったく同じ値動きをする株式のβを1と考える)
※マーケット・リスクプレミアム…株式市場全体のリターンとリスクフリーレートの差を示すもの

○株主が求める見返り…1.配当(インカムゲイン)、2.株価の上昇益(キャピタルゲイン)

○資本コストは、負債コストと株主資本コストを加重平均して求める=加重平均資本コスト(WACC)
※WACC=D/(D+E)×(1-Tc)×負債コスト+E/(D+E)×株主資本コスト

○経営者はWACCを上回るリターンを出さなければならない。

○WACCは低いに越したことはない、そのためには、適切な企業情報を適切なタイミングでディスクローズ(公開)することが大切=IR

○投下資本利益率(ROIC)=税引後営業利益/投下資本

○経営者の目的は、WACC以上のROICを上げるということに尽きる。
 ⇒ROIC-WACC=EVAスプレッド
 ⇒EVA=投下資本×EVAスプレッド


<第3章 明日の1万円より今日の1万円~お金の時間価値>

○「将来価値(フューチャーバリュー=FV:Future Value)」とは、いまのお金を複利で運用した場合に、将来どれくらいの価値になるのかということ。
※FV=CF×(1+r)^n、CF:元本、r:利率、n:年数

○「現在価値(プレゼントバリュー=PV:Present Value)」とは、将来のお金を現在の価値に表したもの。
※PV=CF/(1+r)^n


<第4章 会社の値段>

○企業価値は、「誰のものか?」、「どう計算するか?」
 「どう計算するか?」⇒「事業価値」+「非事業価値」
 「誰のものか?」⇒「債権者価値」+「株主価値」


<第5章 投資の判断基準>

○投資判断の決定プロセス
 1.そのプロジェクトから生み出されるキャッシュフローを計算する
 2.予測したキャッシュフローの現在価値を計算する
 3.投資判断指標の計算を行う
 4.その計算結果と採択基準とを比較、基準を満たしていれば投資を行い、基準を満たしていなければ投資を見送る

○NPV法(Net Present Value=正味現在価値)…あるプロジェクトが将来生み出すキャッシュフローの現在価値と、そのプロジェクトに必要な投資額の現在価値を比べて、前者の方が大きい場合は「投資してもOK」となる


<第6章 お金の借り方・返し方>

○レバレッジ効果…自己資本(株主資本)だけでは動かなかったプロジェクトが、有利子負債を増やすことによって動かせるように、より大きなリターンを得られるようになる。但し、失敗した時の損失額も大きくなる。

スポンサーサイト



2011.03.14 Mon l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1120-2a898fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)