FC2ブログ



新人に求められるのは、主体性とタイムマネジメントとプロ意識だと思う。


1.主体性

主体性は、新人の出せる最大のバリューじゃないかと思う。

例えば、「何かやることないですか?」というのも、主体性としては落第だと思う。

「こう考えて(仮説を立てて)、こう行動したんですけど、どうですか?」くらいの主体性が大事。

たとえ、それが裏目に出たとしても、その経験を生かして仮説の精度を上げることが最終的には近道。

というのも、結局、新人というのは何も出来ないペーペーでアウトプットなんて大したものじゃないわけで、大半はインプットに時間を割く。

それも、大抵はインストラクターやアドバイザーに教えてもらうわけだけど、その人たちは自分の時間を新人の教育に割いているわけで、新人としてはそのマイナス分を如何に減らすかが最大のバリューだと思うわけです。

その際に、言われるのを待つのは最悪で(何故なら得てしてそういう場合は成長が遅く、いつまで経ってもアドバイザーの貴重な時間を無駄にするから)、そこは自分で考えて行動し、アドバイザーの時間を節約すると同時に、自分を成長させることが大事だと思う。

主体的に行動し、アドバイザーがするべき手間を省いてこそ、新人の出せる唯一のバリューと言えると思う。


2.タイムマネジメント

結局、時間との勝負。

時間をかければ覚えたり理解できることを、一定の時間内にインプットし、アウトプットして初めてバリューとなると思う。

何故なら、時間は制約条件であり、かつ、インプットの量は膨大だからだ。

そこで新人に求められるのは理解力だと思う。

物事を体系的に理解する、仮説の精度を上げる、事象を比較して共通点と相違を見抜く。

そうした力を養う、あるいは意識して業務するべき。


3.プロ意識

学生との違いはここ。

我々はサラリーをもらっている。

それに見合う対価を意識しなければならないし、それを出すのがプロ。

「甘え」は許されない。

このことを肝に銘じたい。

学生のうちは、「まだ自分は学生だから」という甘えがある。

それを引きずって、「まだ自分は新人だから」と甘えていたら、一生逃げの人生になってしまうと思う。

だから、常に真剣勝負、何かを求められたら今の自分に出来る最高のパフォーマンスを出さなければならないし、相手にとって最大の価値を提供しなければならない、どんな些細な事であっても。



以上、一新人の戯言でした。

理想との膨大なギャップを埋めるべく、精進すべし。
スポンサーサイト



2011.06.15 Wed l そして普通日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/1146-72ce9d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)