FC2ブログ



試験が終了して、本当に受験から解放された。





でも、僕にとって受験はそれほど苦痛なものではなかったから





『解放』という言葉は適切ではないかもしれない。





受験と言う世界から『卒業』した・・・と言うとやはり大袈裟か。





僕の中で受験とは、その真っ只中にありながら、『思い出』だった。





よく分からないが、一言で言うなら思い出なのだ。





大学に入学して、受験生時代より明らかに得るものはあったし、成長したようにも思えるが、





その成長の基盤は、受験を通して作られた。





さて、そんな回顧録も、2007年3月23日を振り返って締めくくりとしよう。













3月23日。





自信は無かった。





受験と言えば不合格。





そんなイメージしかなかった。





合格発表は見に行く気になれなかった。





落ちてたら、もう耐えられない。





だからネットで合否を確認すると決めていた。
























そして13:00


















一橋大学のHPにアクセスしてみる。














重くて開けない、という事態を想定していたが





そんな予想とは裏腹にスムーズに進む。














いよいよ掲示板のHP













真っ先に飛び込んできた、自分の番号。




















あった。


















久し振りにガッツポーズなんてして















その場にいたオカンと握手した。














なんで?(笑)














番号を見つけたその瞬間に考えた




『一橋大学生ルルル』




これが今後4年間の自分なのだと














良かったよ。














今までさんざん迷惑かけてきたことを考えると



取るに足らないものであるけれど



これも親孝行だと思って



オカンと大学まで合格発表を見に行った。



こんなに安心して大学に行くのは初めてだった。



そして、ちゃんと受験番号があるのを確認して帰った。














これで回顧録はおしまいだ。



受験を通して学んだことは


オレはすげーバカなんだってこと。


バカだから受かったし


バカだから今困ってるよ(笑)。








でも、受験って頭の良し悪しは関係ないから。



頑張ってください。



応援してます。


スポンサーサイト



2007.03.23 Fri l ワンブリ入試回顧録 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

なんか3月頃を思い出しました(笑)
自分もとにかく今年は後悔しない受験をしたいものです。
2007.10.27 Sat l raport. URL l 編集
>raportくん

うん、頑張って!
君なら余裕だと思うけど(笑)。
2007.10.27 Sat l ルルル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/119-b7c10e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)