FC2ブログ




終盤、ハチクロⅠ全24話を4日間で見たりしててペースダウンしたものの、まぁまぁ見た方でしょう、19作品。


・フェイス/オフ
・コレリ大尉のマンドリン
・バッドボーイズ2
・チャーリーとチョコレート工場
・武士の一分
・ロードオブウォー
・ハンニバル ライジング
・ナイト ミュージアム
・ザ グリード
・救命士
・ファイナルデスティネーション
・デッドコースター
・ファンタスティック4
・ブラックダイヤモンド
・エイリアンVSプレデター
・アルマゲドン
・ファイナルデッドコースター
・パニックルーム
・プラダを着た悪魔




『フェイス/オフ』


フェイス・オフ



2008年記念すべき第一作品目はニコラス・ケイジ、ジョン・トラボルタ主演のこの作品。
まぁ単刀直入に言うと、これは面白い。
ストーリーは、ジョン・トラボルタ演じる刑事が、ニコラス・ケイジ演じる麻薬売買人を逮捕し、潜入操作としてお互いの顔だけを移植手術したところ、色々めんどくさくなるという話(笑)。この辺はかなり非現実的な気はするけど、設定もアクションも中々に練り込まれている。
観て損はしないでしょう、オススメ。



『コレリ大尉のマンドリン』


コレリ大尉のマンドリン



またまたニコラス・ケイジ主演作品。
時は第二次世界大戦。
舞台は(確か)ギリシャで、占領したイタリア軍がギリシャを監視するためにやってくる。
そのイタリア駐屯軍の大尉がニコラス・ケイジで、駐屯地に住むある女性と恋に落ちるという話。
戦争ものにしては、そこまで残虐なシーンも無ければ(最後のほうに少しあるけど)、悲劇的なストーリーでもなく、ニコラス演じる陽気な大尉のキャラクターに好感が持てる。
やはり良い作品だと思います。




『バッドボーイズ2』


バッドボーイズ 2



これね、『1』見てないんですよ(笑)。
テレビでやってたから観たんだけど。
う~ん、ウィルスミスらしい映画としか言いようがないですね。
暇つぶしに観る映画。




『チャーリーとチョコレート工場』


チャーリーとチョコレート工場



久し振りのジョニー・デップ主演作品。
相変わらずこの人の演技はスゴイとは思う。
でもジョニー・デップの作品は、作品としてそこまで好きじゃないんだよな・・。
まぁ、『チャーリー』も面白いっちゃ面白いんですけどね。
ファンタジー系好きだから(笑)。




『武士の一分』


武士の一分




1月観た唯一の邦画。
木村拓哉主演で話題になった映画ですけど、やっぱりキムタクだな!!
キムタクって書くとなんか韓国人みたいだな!
いやぁ、やっぱり演技上手いなぁ。
それに設定がいい。
極度に貧しい、とか、身分が低いとか(逆もまた然り)、そういうありきたりな設定ではなくて、毒見役という何とも中途半端な役が良いですね(笑)。
ぼくの周りにも「武士武士」言ってるコウモリ男がいるんですが、あんなバッドマンより木村拓哉の方が遥かに武士道を心得ていますね。




『ロード・オブ・ウォー』


ロード・オブ・ウォー



またまたニコラス・ケイジ主演作品。
史上最高の兵器売買人のをモデルとしたノンフィクション映画。
だったと思います。
観てると、戦争はコイツがいるから起きるんじゃねえかという気がしてくる。
だって、武器無きゃ戦争出来ないからね。

「no weapon no war」

いやなんか違っ(ry




『ハンニバル・ライジング』


ハンニバル・ライジング



『羊たちの沈黙』シリーズのレクター博士の過去を描いた作品。
いかにして凶悪な殺人鬼が誕生したかが明かされる。
どうでもいいけどレクター博士めっちゃ美男子です。
まぁ、面白いかな。
そこまでグロくもないし。
ぼくの中では『羊たちの沈黙』と同じくらいだと思いますね。




『ナイトミュージアム』


ナイト ミュージアム



日本でも結構ヒットしたんじゃないですかね。
最初は観てて「ツマンネェなぁ」と思ってたけど、気付いたら見入ってて終わってた。
歴史上の人物がチョロチョロ出てくるのも、いかに世界史忘れてるか思い知らされて・・・悔しいです!(ザブ・・ry)
あー、でも意外に二極化しそうな気もするな・・・。
まぁ、みてみてみて。




『ザ グリード』


ザ・グリード



謎の海中生物に船が襲われるっていうアレね。
よくあるやつですわ。
で、意外にグロいんだよこれ!
なんか別に面白くないと思うんだけど
多分そうとう金かかってんじゃねえかな・・。




『救命士』


救命士



ニコラス・ケイジ今月何作品目かね。
もう何人もの命を救えないで悩む救命士の話。
これは明らかに社会風刺ですね。
やっぱりアメリカの医療システムを批判してるんじゃないでしょうか。
だからこれは主人公の苦悩がそのままアメリカ国民(特に貧困層)の悩みを写しているんでしょう。
ぼくはこういう映画割と好きです。




えっと、映画特集前編はここまで。
後編を乞うご期待。



スポンサーサイト



2008.01.31 Thu l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/192-70ddf51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)