FC2ブログ



アメリカ外交50年



「アメリカ外交50年」 (岩波現代文庫) (文庫)
ジョージ・F. ケナン (著), George F. Kennan (原著), 近藤 晋一 (翻訳), 有賀 貞 (翻訳), 飯田 藤次 (翻訳)


アメリカ政治外交史の中間レポート書くのに読んだのだけど、非常に面白かった。米西戦争時の国民の意識レベルの低さ、指導的地位の人々がさも偉業を成し遂げたかのように世論にアピールしたにすぎない門戸開放、過度な恐怖心と敵対心を共産主義に見出してしまったが為に行われた核兵器保有とその拡大。真の外交政策は、やはり平和に尽きるのですかね。外交官もいいなとか中二病みたいなことちょっと思ってしまいましたサーセンwww


スポンサーサイト



2008.06.11 Wed l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/275-52019a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)