FC2ブログ



なんかちょうど月の半分で10作観たので、とりあえずレビュー。
多くなると月末大変だからな(´ー`)


『幸せのちから』
『デイアフター』
『クレヨンしんちゃん夕陽を呼ぶカスカベボーイズ』
『スクリーム』
『善き人のためのソナタ』
『ポセイドン』
『シャークアタック』
『ジャッカル』
『遊星からの物体X』
『デンジャラスビューティー』




幸せのちから


『幸せのちから』


ウィル・スミスというと『インディペンデンスデイ』や『メンインブラック』、『バッドボーイズ』などのアクション映画への出演が多いですが、本作は打って変わってヒューマンドラマ系作品。
実話に基づき、事業失敗から証券会社での成功までを描いている。
愛する息子のために直向きに努力する姿に勇気をもらえる作品です。
非常に良作だと思います。



デイ・アフター


『デイアフター』


史上最大の津波がロンドンを襲う的な。
この手の自然災害系はあまり好きではないっていうか、なんでこんなの作ろうと思うのかな?と考えてしまうくらい興味無いんですが、案の定大して面白くなかったです。
ただ映像技術は良かった。大迫力なのは認めます。



映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ


『クレヨンしんちゃん夕陽を呼ぶカスカベボーイズ』


またクレヨンしんちゃん観てしまいましたwww
うーん、あまり面白くなかったなー。
笑いの要素も少なかったし、あまり感動的でもなかったし、良かったのはつばきちゃんが可愛いということくらだ!



スクリーム


『スクリーム』


なんとなくホラー系が観たかったので借りてみました。
うーん、まぁ好きな感じではあるけど、スクリーム弱すぎwww
どんだけ転んでんだお前www
なんとなく犯人の予想はついてたけど、そこまでは読めなかったぜ!
まぁまぁ面白いです。



善き人のためのソナタ スタンダード・エディション


『善き人のためのソナタ』


ベルリンの壁崩壊前の東ドイツで、有名な作家が国家組織から盗聴されるという話。
今まで観た映画の中で、これほど最後の最後で感動させてくれる作品はあまりないという、それくらい最後のシーンのために全部前置きされてたんだなと感じる作品でした。
また終始淡々と進んでいくヨーロッパ映画ならではの雰囲気も相まって、非常に心に残ります。
東独の悲惨だった状況も伝わってきます。
素晴らしい作品です。



ポセイドン


『ポセイドン』


船が大波で沈没する話。自然災害系は…と思ってみたのですが、今まで見たそういうジャンルの中では一番面白かったです。柄にもなくハラハラ・ドキドキしてしまいました。それくらい臨場感と迫力があります。映像もきれいだし、これは観て良かったなと思いました。



シャーク・アタック


『シャーク・アタック』


サメに襲われるというタイトル通りの作品です。
サメに対する恐怖を描くだけの作品ではなく、いろいろ人間の思惑が絡む内容なのですが、
「なら別にサメじゃなくていいじゃん」
と思って観てしまいました。
何が伝えたいのかよく分かりません。



ジャッカル デラックス版


『ジャッカル』


「ブルース・ウィリス VS リチャード・ギア」という豪華なキャストで作られただけに、なかなか見応えありました。アクション映画がそれほど好きくないぼくでも結構楽しめたので、オヌヌメです。



遊星からの物体X


『遊星からの物体X』


SFホラーの元祖とも言うべき作品。
まず突っ込みたいのがタイトル。
原題は「The Thing」ですよ?
『遊星からの物体X』って変え杉www
内容はですねー、まぁ、南極に遥か昔地球に来た未確認生物が冬眠して蘇って人間を襲うって話なんですが、なんかいまいち謎なとこが多かったんですけどね。終わり方も「え?終わり!?助かったのかよくわからんwww」って感じですっきりしませんでした。
ですが、エイリアンのグロテスクっぷりは凄いです。
当時の技術でここまで生々しく映像化した点で、名作の名に恥じないと思います。



デンジャラス・ビューティー


『デンジャラス・ビューティー』


多分ですけど、『ミリオンダラー・ベイビー』の主役の人ですよね?
この人は、独特の演技をなさる。
キャラが出来ていて非常に良いと思う。
まぁ、話の内容はよくあるシンデレラストーリー的な…まぁちょっと違うけど、全然女として見られてなかったFBI捜査官がミスコンの潜入捜査でミスに混じってたら、あれれーとなるというお話です。
娯楽としては楽しめます。



スポンサーサイト



2008.10.16 Thu l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/383-b4c9489a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)