FC2ブログ



アフターダーク


アフターダーク / 村上春樹


村上春樹の文章は言葉の力が強すぎて、読むと他の小説が読めなくなってしまう事態に陥ることもある。さて、ニューヨークタイムズで2007年注目する本ランキング100に入っていたものの、あまり良い評判を聞かなかったため手つかずのままであったが、なんとなく手に取って読んでみた。なるほど、確かに今までの村上春樹の作品とは一線を画している。そもそもに色々ちりばめられた伏線は回収されないわ、結局何がどうなったのか分からないどころか話自体何も起ってないのではないかと錯覚してしまうほどである。
ただ一概に批判できないどころか、村上春樹が伝えたい観念的なものを全く理解できずにいるのではないかと思わされる。
じっくり吟味してみるべき一冊である…。

スポンサーサイト



2008.10.31 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/411-db179509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)