FC2ブログ



ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 / 村上春樹


ふぅ~む。なかなかに長い物語でした。第3部は再び登場した間宮中尉の話がやはり印象的でした。
結局、抽象的な何かが詳しく説明されることはなく、それとして受け入れる中で完結されるところがぼくは好きです。世の中は平穏に見える中で様々な激しい力がパラレルに交錯しているものなのかなと分けわからないことを考えたりもしました。村上春樹は資本市場への盲目的な信仰に否定的な考えの人だと思っていましたが、本作での間宮中尉の回想シーンで見せたソビエトの描写で、共産主義にも否定的と受け取れました。結局、思想の根底にあるものは、共産主義だの資本主義だので分けられるような単純なものではないのでしょう…。

スポンサーサイト



2008.12.05 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/462-9a945a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)