FC2ブログ


雁


雁 / 森鴎外


薄いからすぐに読破できるかと思いきや意外に時間かかりました。

森鴎外と言えば東京大学医学部出身という特異な経歴を持つ文豪ですが、『雁』の登場人物の中にも東大医学部生が現れます。
話は高利貸しの妾(めかけ)となった女が医学生の男に恋をするが、その物語の行方は思わぬ結末を迎えるというもの。
ですが、この作品の主要なテーマである『物事はほんの些細な出来事により歯車が狂わされる』部分が、最後の最後でちょろっと描かれて終わるので「え?あれ?」と思ってしまいました。なんかもう呆然と言う感じで。
しかし、物語の描写、特に登場人物の主観的描写は他の作品で見られないほど秀逸です。特に夏目漱石や武者小路実篤といった最近読んだ同時代の作家の作品と比べてみると余計にそう感じられました。


スポンサーサイト



2008.12.24 Wed l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/483-de09ce79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)