FC2ブログ


檸檬


檸檬 / 梶井基次郎


大学受験の現代文なんかでよく出題される梶井基次郎の「檸檬」。これ自体はすごい短い話なんですね。短編が20編くらいのってるのですが、なかなか難しかった。文章自体は平易なんだけど、描写が複雑で気を抜いたら何の話してるのかすぐに分からなくなってしまう。物語に登場する人物は大体病んでて(肉体的にも精神的にも)、その中で各人が各人だけの感性を導き出していくというテーマなのかな。「檸檬」も、手に取ったレモンの冷たさにその主人公だけが感じた何かを見出したという話なわけだし。ちょうど明治維新で基本的人権やら個性と言うものが世の中を賑わしていた時代であるから、あながち見当外れでもないのかと。

梶井基次郎って昭和の人だとばかり思ってたけど、思いっきり100年前の人なんですねー。


スポンサーサイト



2009.01.09 Fri l 書評 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

ちょっと読みたくなりました!上手く感覚を捕らえられたらしっくりきそうな感じが読んでみたいです!(?)

更新楽しみにしつます!笑
2009.01.09 Fri l えみ. URL l 編集
>えみちゃん


言いたいことは伝わってきます(笑)。
このブログにもよく登場する前々部長の神秘菓子さんとかぼくより本に詳しいから聞けば面白い本とか教えてもらえると思うよ!
ぼくも何冊か借りたり読んだりしたから。

そういえば、えみちゃんもブログをやっているような発言をしてましたけど、いつ教えてくれるのかな?笑
2009.01.09 Fri l ルルル. URL l 編集
伝わって嬉しいです!笑

ふふふふふ(・ω・)ムー!

つまらない事しか書いてませんよっ笑
ちなみにフォーソンの人は誰も知りませんっ!笑
2009.01.09 Fri l えみ. URL l 編集
>えみちゃん


もともとぼくのブログだってフォーソンの人には内緒だったんだよー。
それがなんかいつの間にかスゲー見てる人が増えて、今ではMINAMIKAZE(笑)状態です。はずいおー!

えっとね、ぼくのブログの記事にコメントする時secret(非公開コメント)っていうのにチェックすれば、管理人(=ルルル)にしか見れないように設定できるんだ~。

てことは、たとえばそのコメントにブログのURL貼ってくれればぼく以外の人は見れないんだねー。
だから広まることもないんだねー。
ねー(笑)。
2009.01.10 Sat l ルルル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/507-89e73eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)