FC2ブログ


実は、これ1回書いたんですけど、途中で消えて再び書く気力が失せて放置してました笑。
誰か気付いた人いるんですかね、7月号ないじゃん!て。
需要がなくても続けるのがルルルクオリティ!







今月は7作品。忙しい割に観れた方だと思います。


・ショーシャンクの空に
・ゴースト ニューヨークの幻
・シザーハンズ
・トゥルーナイト
・夜の大捜査線
・グッドウィルハンティング
・マディソン郡の橋


ゴースト ニューヨークの幻

ゴースト ニューヨークの幻


「感動する映画ランキング」なるものがあれば、必ずと言ってよいほどランクインする作品なので、前々から気になっていたのですがようやく観ました。

カップルの男の方が殺されるのだけど、意識だけがこの世に残ってしまう。
残された女には男の姿が見えないんだけど、男は、男の声が聴こえるインチキ霊媒師を通して、危険が迫る女の身を守るという話。
結論から言うと期待し過ぎたなぁという感じです。
まぁつまらなくはないけれど、そこまで面白くもないと思いました。
「それいらないんじゃないかな…」と思うシーンがあったり…。
設定が非現実的でファンタジーっぽい部分はあるのですが、雰囲気がもっと現実的な方がぼくはいいと思いました。



シザーハンズ

シザーハンズ


一度観たのですが、また借りて観てみました。
まぁ、面白いですね。
特に感動とかはしないけど、なぜか心に残る作品です。
純真な心が人間に汚されてしまうような。
ファンタジーが好きな人にはお勧めです。
しかし、ぼくは最近そこまでファンタジーが好きではないなと思うようになりました。
そんなぼくでも楽しめるような作品です。



トゥルー・ナイト

トゥルーナイト


ショーン・コネリーとリチャードギアのW大物俳優による競演。
流浪の旅人リチャード・ギアがある国の王妃に思いを寄せる。
一方の王妃はショーン・コネリーとの婚約が決定しているのだが、次第にリチャード・ギアが気になり始める。

普通こういう展開だとショーン・コネリーが悪者になるんですけど笑、この作品はそうじゃないんです。
妙に理解のあるショーン・コネリー。大人の男です笑。



夜の大捜査線

夜の大走査線


60年代の映画だったかな?
昔からの映画ファンには名作として名高い本作品。
確かに今観てもまさか40年前の映画とは思えないクオリティ。
キャラ設定もしっかりしていて面白い。

まぁ、よほどの映画ファンでない限り特に観なくて良いと思いますが笑。


グッド・ウィル・ハンティング

グッド・ウィル・ハンティング


これも1度観たことあったのですが、また観たくなって借りました。
やはり名作。
心の強さって何だろう?
表では強がっている人こそ、実は弱い心を隠そうと必死になっているのだ。
その弱さと対面することが恐くて恐くて堪らない。
しかし、いつかはそんな自分と向き合わなければならない。
そんなときに支えてくれる人がいたらどんなに強いだろうか・・・。

自分の気持ちに正直になれない人は観てください。


マディソン郡の橋

マディソン群の橋


前から気になっていたのですが、ようやく観れました。
一言で言ってしまえば、不倫の話です。
4日間だけ家で独りでいることになった主婦の元に偶然現れたイーストウッド演じるカメラマン。そんな2人はいつの間にか深い恋に落ちてしまう・・・。

これも、かなり良い作品です。
たった4日間で永遠の愛を誓うこともあるのだ。

愛の大きさは付き合った長さと関係ないのだと感じさせられます。
よく考えれば、生まれて間もない子どもを愛する母親も立場は同じかもしれない。
子どもへの愛情は接した長さに比例するわけじゃない。
最初から本気で愛しているのだ。

人を愛するというのは、きっと、そういうことなんじゃないかな。





ということで7作品。
良い映画ばかりでした。
8月は全然観れなそうですが…涙。

スポンサーサイト



2009.08.19 Wed l 映画特集 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/709-03c511c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)