FC2ブログ
グローバルリーダーの条件

グローバルリーダーの条件 / 大前 研一 船川 淳志


実は大前研一さんの本をきちんと読んだことがなかったのですが、ぼくにはとても刺激的な本でした。

意外というか発見だったのは、超一流のコンサルタントはロジックだけじゃダメなのだなということ。

おそらくロジックはあって当然、それ以外の微妙なニュアンスの差が大切になってくるんでしょうね。

(ロジックだけで何もかも通るなんてことはあり得ないということは)考えれば当たり前のことだけど、どうしてもコンサルとか投資銀行って、就活した自分から見ると問題解決力だのロジカルシンキングだのという言葉が浮いて見えるんですよね。

まだまだ基本的な論理的思考力すらない自分からしてみれば、二つ三つ上のステップの話だとは思いますが、そうした先の段階をイメージしておくことは大事だと思います。

あと、刺激的だったのは「英語の必要性」の件で、ここでも英語が出来るのは当たり前で、微妙な英語のニュアンスまで理解出来ないとグローバルリーダーとしての条件を満たすことが出来ないということ。

これも英語が出来ない自分にとっては、遥か上の話だと思うけど、その分、刺激的でした。

大前研一さんの話が何故面白いかを自分なりに考えてみると、教養があるからかなと思いました。

自分の考えを理路整然と話すだけじゃなく、外国事情や歴史からスポーツ芸能に至るまで、あらゆるジャンルのトピックスやテーマと絡めて話すから聞いてる側が興味を持ち続けて話をきけるのではないかと思いました。
スポンサーサイト



2010.04.30 Fri l 書評 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

上司が言ってたけど、BCGではロジカルとアートの融合がテーマらしいよ。
2010.05.04 Tue l かみひー. URL l 編集
No title
>かみひがしさん


なるほどー。
それすごいカッコイイし、ピンときます!
アートみたいに人を惹きつけることが大事ということですかね。
2010.05.05 Wed l ルルル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/858-4c51aaaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)