FC2ブログ
渋谷ではたらく社長の告白

渋谷ではたらく社長の告白 / 藤田晋


サイバーエージェントの社長、藤田晋氏の自伝。
若干26歳で会社を東証マザーズに上場させ、プライベートでは女優の奥菜恵と結婚したという華やかな経歴を持ってます。

本を読んでみると、読む前に藤田氏に抱いていたイメージとは違う部分が多々ありました。


○金のためではなく、自分の志のため

社長になったのも会社を上場させたのも金持ちになりたかったからではなく、「21世紀を代表する会社を創りたい」という純粋な意志のために努力してきたそうです。

僕が就職活動をして色んな人の話を聞いたり本を読んだりしていく中で感じたのが、経営者は「世の中をよくしたい」という想いで事業を行っているということ。
例えば、僕が去年の夏にインターンでお世話になったベンチャー企業の社長は「医療を通じて世の中をよくしたい、その手助けをするのが使命」ということを語っていましたし、今や日本を代表する松下電器(現Panasonic)の創業者である松下幸之助氏も「商売とは感動を与えることだ」と仰っています。

ところが、藤田氏は事業ありきではなく、経営者ありきで考えている。
その証拠にサイバーエージェントは設立した時にまだどんな事業をするか考えていなかったそうな。
それでも親会社だったインテリジェンスから出資してもらったのは、他ならぬ藤田氏の才を買ったからである。

個人的に、「こういう風に世の中をよくしたい」という信念があまり伝わってこなかった点、つまり「サイバーエージェントが社会にどう貢献していくか」ということについてもう少し知りたかったです。


○人としての魅力

とは言え、華やかな経歴を持つ裏には人一倍の努力と苦難を経験していることも知り、純粋に人として尊敬できる方だと思いました。
休む暇も惜しんで仕事をし、上場後インターネット株が暴落した時には数々の誹謗中傷に耐え、それでも独立系企業としてここまで大きく躍進させた藤田氏は才能があって努力の出来る人だ。


○ベンチャー企業と大企業

ベンチャーで働く先輩を見たりこういう本を読むと、良し悪しは別として大企業とベンチャー企業は働く環境として全然違うんだろうなと考えさせられます。
やはりベンチャーは一人当たりの仕事の量も多いだろうし、会社自体が成長途上ということで自分で仕事を作っていかなければならないんだろうな・・・。
そういう環境の方が成長スピードとしてはおそらく早いのだろうけど、大企業は大企業でそこでしか出来ないような規模の大きな仕事があるのではないか。
まぁ、こういうことは働いてもいない学生が偉そうに口出すことではないと思うのですが、今後の働き方として色々考えさせられる本でした。
スポンサーサイト



2010.05.10 Mon l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/867-0dfc43a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)