FC2ブログ
決断力
決断力 / 羽生 善治


言わずと知れた羽生さんの本。
将棋は小学校の時に友達と遊び程度でやってたくらいですが、すごく魅力的なゲーム(と言うと本業の人は怒るでしょうか汗)だと思います。

以下、箇条書きメモ。


・王道、本筋、ひたすら平常心

・波をつくるより波にのる→勝負どころは単純に、簡単に

・米長邦雄先生の一新→輝かしい成功体験をすてることの難しさ、「これでよし」と消極的な姿勢になるのが一番怖い

・将棋の世界も五里霧中、実戦では十手先の展開も読めない→直感の7割は正しい

・終盤に有効な手は、やわらかい手(=幅の広い、意味がたくさんある手)

・オールラウンドプレイヤーになりたい=自分の得意な形に逃げない
(Why=世界が狭くなる→アイデアも限られる)
そして、ある意味、それがスタイルであり、それを貫くのが大事

・1、アイデアを思い浮かべる→2、それがうまくいくか細かく調べる→3、実戦で実行する→4、検証・反省する

・才能とは、同じ情熱、気力、モチベーションを持続することである

・「まだ習ってない」は思考の停止

スポンサーサイト



2010.05.21 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/883-17ca9ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)