FC2ブログ


昨日は〝ぶんじ〟という飲み屋で飲み、モスで行われていた相対性理論のアフターを邪魔し、かの家で宅飲みしてました。
ぼくは宅飲みが大好きです。
何でだろう、何かもう雰囲気が好きなんだよなぁ。
何やっても自由な感じが(笑)

それはさておき、本題です。

最近、後輩と就活や将来のことについての話をすることが多くなりました。
もう、1,2年の時の自分や、去年の自分とは比べ物にならないくらい、みんな意識が高い。
すごくいいことだと思う。
就活が終わったとはいえ、僕もまだまだ将来のことについて考えなければならないので良い刺激になります。

後輩と話してて、いつも後悔することが2つあります。

まず、「意味ない」という類の話。
例えば、この時期のインターン説明会とか、そもそもインターン自体が就活にとっては大して意味がない、という話をしてしまう。
正直、直接的には全く関係ないとは思うけど、でも、興味があるならやるべきだと思う。
それを、後から考えて意味がなかったと仮に思ったとしても、まだ経験してない人に向かってそう言ってしまうことで可能性を狭めてしまうのは良くないな、と反省してます。

ただ、3年の今の時期、外資を除けばまだまだ就活をする必要はないという主張は変わりません。
なぜなら、来年の4月を見据えるなら、今はするべきことが他にたくさんあるから。

それは、「今自分がやってることに本気で取り組む」ということ。

サークル、部活、ゼミ、バイト、インターン、、、何でもいいから、「どうすればもっと・・・」という意識を持って「考え」て「行動」する経験をたくさんするべきだと思う。


後悔することの2点目としては、「君は上手くいくと思う!」と言ってしまうこと。

これは本当に上手くいくと思うから言ってるわけだけど、でも、言われた方には何のメリットもないどころか、下手するとデメリットを与えかねない。
上手くいくと言われたからといって内定を貰えるわけでもないし、それに慢心して努力を怠るリスクがある。
だから、今度から「こいつは上手くいくだろう!」という後輩には、〝心の底から〟「頑張って!」と言うことにしようと思う(笑)。


正直、他人に偉そうに言える程の身分ではないので就活の話はあまりしないようにしようと思っていたのだけど、僕も去年たくさんの先輩にお世話になったことを顧みて、(万が一)頼られた時には全力でサポートしたいと思うことにしました。

自分自身の為にもなるよう、色々一緒に考えたいですね。
スポンサーサイト



2010.05.29 Sat l 就活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/887-565ab7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)