FC2ブログ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド / 村上春樹


約2年前に買って、読んでいなかった本。

好きな作家に恥ずかしげもなく「村上春樹」なんて書いておきながら、読んでいなかった本。

結論から言えば、だいぶ好きな本。

果たして、働き始めてから村上春樹の作品を読もうと思うのか分かりませんが、いま読むと最高に面白い。

面白さを一言で説明するのは難しいのだけど、独特の世界観にどっぷり浸っている瞬間というのは、普段考えたり感じたりすることのない世界に満ちていたりする。

そして、ぼくにとっての村上春樹はサンドイッチとビールとウィスキーとコーヒーだ。

それと、古い音楽と映画と古典小説だ。

はたまた、不条理と不遇と諦めだ。

そんな、村上春樹の世界が存分に味わえる作品だと思います。
スポンサーサイト



2010.06.23 Wed l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/907-a9b60893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)