FC2ブログ


外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか

外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか / ISSコンサルティング


就活し始めの頃に買って、暇な時にちょろちょろ読んでました。

本当はこういう本読むのは好きなんだけど、あまり読みたくないんです。

学生の自分(時分)の感性にとって、もっと刺激的な本は他にたくさんあるんじゃないかと思ってしまう。

たとえば、アカデミックな学問の教科書、古典的名著、小説などなど。

学生がビジネス書を読むことを否定しているわけじゃなく

論理的思考力や企業・経済に関する知識を身につける本は読むべきだと思うけど

やっぱり、「働くとは」みたいな本を読むことには抵抗がある。

でも、やっぱり面白いよね、こういうの(笑)


前置きが長くなり、かつ、まとまりませんでしたが(汗)

この本では、有名な外資系企業の社長等、タイトル通り「外資系トップ」の人たちの仕事への姿勢や考え方が紹介されています。

やっぱり超一流は経歴も凄いし、何よりすごい努力をしている。

先人たちの努力を見習ってモチベーションを高めるという意味では、読む価値のある本だと思います。

でもやっぱり働き始めてから読むべきなのかも。
スポンサーサイト



2010.08.06 Fri l 書評 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryryry.blog57.fc2.com/tb.php/951-ca47a8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)